HOME > 生協運営協議会概要 > 川崎市 生協運営協議会 文字サイズ 大きくする 普通

川崎市 生協運営協議会

2017年度方針と計画

1.市民のくらしと健康を守る活動をすすめます。防災に強い川崎のまちづくりを学習します。

@ 各生協の活動について相互に情報交換を行い、連携を深め合います。

A 川崎市消費者行政センターとの関係を通じて、消費者行政についての学習や、引き続き「防災協定」の確認など、連携して活動をすすめます。

B 食品衛生監視指導計画など健康福祉局の情報収集をおこなえるよう、連携を取っていきます。

C 消費者の立場から行政へ、以下の働きかけを行います

・消費者行政担当と懇談

D 川崎市生活協同組合運営協議会より川崎市の「食の安全確保対策懇談会」に河野幹事を、「川崎市消費者行政推進委員会」に田村幹事を、「消費者行政推進委員会苦情処理部会」に郷野智砂子幹事を消費者代表の委員として推薦します。

2.平和活動への支援をすすめます。

@ 各生協の平和のとりくみを共有し、神奈川県生活協同組合連合会と連携します。

A 平和行進団を励ますために、2017年度も支援するとりくみを行います。

B 『ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名』に、神奈川県生活協同組合連合会と連携して取り組みます。

 

3.「食」「環境」「くらし」など生活に密着したテーマで、学習交流会や見学会などを開催し、組合員同士の交流を進めます。

「食」

  • 川崎市食品衛生監視指導計画の学習会を開催します。

「環境」

  • 環境に関する施設見学を行います。

「くらし」

  • くらしに関する生協施設などの見学を行います。

 

4.地域市民に向けて生協の認知度を高める活動を行います。

ピースリレーや学習会などの場で生協の活動紹介を行い広めます。

 

5、 新会員として他生協との連携を模索します。

※ 川崎市の懇談会、部会推薦は、以下の通りとする。

  • 食の安全確保対策懇談会は原則会長が担います。
  • 消費者行政推進委員会、消費者行政推進委員会苦情処理部会は役割のない幹事が担います。
  • 参考(ユーコープ→パルシステム→生活クラブ→川崎医療生協)

 

2017年度 役員体制

運営協での役職

氏名

生協名

会長

山岸 洋一

川崎医療生協

副会長

郷野 智砂子

生活協同組合ユーコープ

監事

市村 あつ子

パルシステム神奈川ゆめコープ

幹事

河野 里美

かわさき生活クラブ生活協同組合

幹事

石普@博幸

昭和電工川崎生活協同組合


サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ