HOME > 消団連トップ > 幹事会報告 文字サイズ 大きくする 普通

神奈川県消費者団体連絡会 2017年 12月幹事会報告

□ 日時

2017年12月14日(木) 14時〜16時

□ 場所

かながわ県民センター 7階708室

□ 出席

和久晴雄(神奈川公団住宅自治会協議会)、鷲北栄治(神奈川県生活協同組合連合会)、清水眞利(神奈川県母親連絡会)、海老澤克枝(鎌倉消費者連絡会)、柿本章子・山崎初美(コンシューマーズかながわ)、・岡田洵子・木村郁子(さがみはら消費者の会)、渡部慶子(新日本婦人の会神奈川県本部)、松負テ子(横浜市消費者団体連絡会)

小林正明・丸山善弘(事務局)

□ 欠席

三井敦子・鈴木啓子(神奈川県建設労働組合連合会主婦協議会)、生井正弘・木村憲正(神奈川公団住宅自治会協議会)、元木朱美・佐藤ひろみ(神奈川県生活協同組合連合会)、

照井携子(神奈川県母親連絡会)、斎藤静子(環境保全型農業を推進するネットワーク)、有田芳子(コンシューマーズかながわ)、矢野裕美(“自ら考え行動する”消費者の会)、清水百合子・多賀谷登志子(横浜市消費者団体連絡会)

□ 司会

海老澤克枝幹事の司会により進行した。丸山善弘事務局長より欠席者の報告がされた。今回は当初予定では、阿南久・元消費者庁長官を講師とする「消費者市民社会について」の学習会であったが、鎌倉消費者連絡会より前回報告を受けていた鎌倉市の対応について話を聞き協議をすることとしたため、阿南さんの学習会は5月に延期をし、講師とも調整済であることが報告され確認した。

 

1.報告

(1) 2017年11月幹事会報告

確認した。

 

2.この間の社会の動き

丸山善弘事務局長より、12月10日の国際NGOである核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞受賞に関係して、11月10日〜11日にバチカンで開催された国際会議における被爆者代表の和田征子・日本被団協事務局次長の発言「原爆を生きのびて」及び、12月10日のベアトリス・フィンICAN事務局長の受賞講演、広島で被爆したサーロー節子さんの講演、そしてICANのノーベル平和賞受賞についての外務報道官談話が紹介された。

神奈川県消団連は、ヒバクシャ国際署名に賛同し、取り組みをすすめてきた。今後もすみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことをすべての国に求め、2020年まで署名をすすめいていく。

 

3.協議事項

(1) 神奈川県消費者団体連絡会定例幹事会・消費者のつどい実行委員会の日程等について

丸山善弘事務局長より提案がされ確認した。

(2) 神奈川県消費者団体連絡会上期活動の振り返り

丸山善弘事務局長より提案がされた。2017年度活動方針に基づき、活動実績、意見表明等、行政等の会議体への神奈川県消費者団体連絡会としての参加について確認した。

(3) 神奈川県食の安全・安心審議会委員の推薦について

丸山善弘事務局長より提案がされ、丸山善弘事務局長を推薦することとした。任期は平成30年1月1日から平成31年12月31日まで。

(4) この間における鎌倉市の消費者団体に対する対応について

海老澤克枝幹事より、「鎌倉市の消費生活行政」「鎌倉消費者連絡会2017年12月定例幹事会議事報告」に基づき報告を受け、渡部慶子幹事、清水眞利幹事、和久晴雄常任幹事、柿本章子幹事、山撫鉛幹事、木村郁子幹事、岡田洵子幹事、鷲北栄治幹事、松負テ子幹事、小林正明事務局次長より、地元の活動の様子、展示のやり方、参加者の関わり方、消費者展の状況、市民参加の後退が見られる状況、提言ができなくなった、市民の力なくして地域包括ケアは進まない、協働事業のポイント、横とのつながり、NPOセンターにおける活動の大切さ、団体はたくさんある筈、やり方・考え方を柔らかく、ガチガチの見え方ではなく、行政はそう変わらない、消費生活課が関わらなくなってきている、横浜市では区が軸になっている、市民団体の視野が狭くなったらダメ、ベテラン側の「ベテラン度」が問われる、やり方のスタイル、など様々な角度からの報告やアドバイスが出され共感・共有した。今後も会員団体の悩みが話し合える場を大切にする運営をしていく。

 

4.報告事項

(1) 行政・他団体会議等参加報告

@CPDプログラム審査評議会・専攻建築士審査評議会(11/30)

A平成29年度第1回地域包括ケア推進委員会(12/8)

B平成29年度第1回介護サービス情報公表委員会(12/8)

C関東弁護士会連合会第4回裁判官候補推薦委員会(12/11)

@は木村郁子幹事より、A〜Cは丸山善弘事務局長より報告がされた。

(2) 2018年神奈川県消費者のつどい

清水眞利幹事より報告がされた。

(3) 全国消団連報告

食品衛生法改正に関する学習会(12/5)

丸山善弘事務局長より食品衛生規制等の見直しに向けた検討の背景や内容が報告された。

(4) 「神奈川県局設置条例の一部を改正する条例案」についての陳情

丸山善弘事務局長より報告された。

(5) 平成29年度「産消提携型アグリツーリズムによる福島支援交流」報告

参加した清水眞利幹事、和久晴雄常任幹事より報告がされた。

(6) 緊急のお願い 神奈川県原爆被災者の会の活動支援募金にご協力ください〜神奈川県原爆被災者の会の代表をオスロに送りましょう〜

丸山善弘事務局長より報告がされた。

(7) 声明・意見書等

  • 県庁本庁機関の再編」について
  • 神奈川県本庁機関の再編についての陳情(生協連)
  • みんなで祝おう♪CAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞受賞
  • 国際非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞を心より祝福します(生協連)

丸山善弘事務局長より報告がされた。

(8) 参考になる催し案内

原発・憲法・沖縄についての学習講演会(12/24・医療生協かながわ)/ソーラーシェアリング学習会(1/24・かながわ省エネ・再エネ推進連絡会)/憲法は生きているか?連続講座「子どもの貧困〜現状と解決策〜(1/25・神奈川県弁護士会)/家庭用エネルギー学習会(2/16・日本生協連)/全国消費者フォーラム(2/27・国民生活センター)/フードバンクかながわ設立記念フォーラム(3/11・設立準備会)

資料報告とした。

 

5.資料

ノロウイルス食中毒警戒情報の発令(神奈川県)/シアン化合物を含有する食品の取り扱い(農水省)/消費者ネットワーク(全国消団連)/見守り新鮮情報(国民生活センター)/注意・警戒情報(神奈川県)/県民のまもり第305号(神奈川県警)/あふ11月号(農水省)/他

 

 

次回:1月11日(木)13時〜 かながわ県民センター 705室

司会:環境保全型農業を推進するネットワーク

 


サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ