HOME > 消団連トップ > 幹事会報告 文字サイズ 大きくする 普通

神奈川県消費者団体連絡会 2019年6月幹事会報告

□ 日時

2019年6月13日(木)13時〜15時

□ 場所

新横浜ステーションビル 9階 神奈川県生協連会議室

□ 出席

家子寿((神奈川県建設労働組合連合会)、生井正弘・和久晴雄(神奈川公団住宅自治会協議会)、今井里香・荒井彩(神奈川県生活協同組合連合会)、清水眞利(神奈川県母親連絡会)、海老澤克枝(鎌倉消費者連絡会)、斎藤静子(環境保全型農業を推進するネットワーク)、山崎初美(コンシューマーズかながわ)、木村郁子(さがみはら消費者の会)、野元摩里(新日本婦人の会神奈川県本部)、清水百合子・多賀谷登志子・松負テ子(横浜市消費団体連絡会)
小林正明・石田昌美・折笠信、(事務局)

□ 欠席

三井敦子(神奈川県建設労働組合連合会)、照井携子(神奈川県母親連絡会)、有田芳子・柿本章子(コンシューマーズかながわ)、岡田絢子(さがみはら消費者の会)、矢野裕美(“自ら考え行動する”消費者の会)、丸山善弘(事務局)

□ 司会 野元摩里幹事の司会により進行した。

 

1.報告

(1) 2019年度全体会議事録、2019年5月幹事会報告、

文書報告とした。

 

2.学習

(1) ミニ学習「日本国憲法」    

清水百合子幹事より「第5章 内閣」の報告がされ、共有した。次回は、第6章(司法)を松賦イ事の担当により行う。

 

3.この間の社会の動き

近代憲法の柱である人権の日本の状況や政府の対応については、国連人権理事会より勧告がされ続けている。その状況を確認・共有した。第9章以降については、鷲北さんが退任のため削除し、次回に木村郁子幹事とともに報告する方を提案する。

 

4.協議事項

(1) 2019年度幹事・常任幹事について

各組織からの派遣メンバーの交代があり、確認した。神奈川公団住宅自治会協議会の大森規男さんを外した。神奈川県建設労働組合連合会幹事として伊藤さんを追加する。
幹事会後、医療生協と調整し、県生協連から派遣する幹事の一人を神奈川みなみ医療生協の鈴木吉廣さんが担われることとなった。次回の幹事会で提案・確認する。

(2) 「消費税10% いま上げるべきではない」の取り組みについて

消費税増税は実質上、法人税減税の「原資」に活用され、税収は増えてはいないというのが事実である。また現在の経済状況は消費税増税には耐えられる状況ではない。景気悪化を招き、低所得者ほど負担が重いのが消費税の特徴である。

「2019年からの消費税10%中止を求める請願署名」への取り組み協力と、首相官邸への「2019年からの消費税10%中止を求める」意見の集中が呼びかけられ確認した。

消費税学習会を次回幹事会日程の7月11日に開催することとした。

 

5.報告事項

(1) 行政・他団体会議等参加報告

  • 第27回神奈川県中山間地域等振興対策検討委員会(5/14)
  • かながわ地球保全推進会議総会(5/17)
  • 第127回総合計画審議会(5/22)
  • 消費者支援かながわ総会(5/23)
  • 消費生活審議会(5/24)
  • 第3回(臨時)裁判官候補者推薦に関する委員会(5/27)
  • 第128回総合計画審議会(6/6)

文書報告とした。

(2) 5月消費者月間の展示

小林正明事務局長より報告があった。

(3) 第12回かながわ食育フェスタの出展

神奈川県消団連としてコンシューマーズかながわ、ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、神奈川県生協連が出展すること、フードロスをテーマに「『もったいない』を『分かち合い』・『ありがとう』へ」を呼び掛けていく。事務局は各団体の展示内容との調整をすすめる。

(4) 2020年神奈川県消費者のつどいについて

2月下旬の消費者のつどいに向けて、県民ホールが来年3月より工事で使用不可、2月25・26・27日をユーコープが確保しているので2月26日にホールを使用してのつどいを開催したい。午後は使用できないので、分科会は、縮小か無しで8月1日に申し込みを行う。

今後、実行委員会への参加の呼びかけと企画協賛の依頼を発出する予定。

 (5) 農林水産省関東農政局との意見交換会について

9月5日の午後、他の消費者団体も含めて予定をしている。詳細が決まり次第連絡をするので、とりあえず予定をお願いしたい。斎藤静子幹事、木村郁子幹事、清水百合子幹事から参加表明があった。次回の幹事会でも再度確認することとした。

 (6) 全国消団連総会

確認した。

(7) 全国消費者大会

第58回全国消費者大会について、準備の討議が6月21日より始まる。全国消費者大会実行委員については、山崎初美幹事と県消団連事務局を派遣することとした。県消団連事務局としては、丸山善弘が参加する。

(8) その他

消費者の心豊かなくらしは平和な社会なくしては実現できない。地球上から核兵器を無くしていくために、ヒバクシャ国際署名を広げる取り組みと7月6日の「核兵器をなくそう七夕アクション」の呼びかけがされた。

(8) 意見・声明

確認・共有した。

(9) 参考になる催し案内

日程は7月30日の第12回かながわ食育フェスタと重なるが、神奈川県協同組合連絡協議会と共催した昨年11月8日の「規制緩和・自由貿易の正体と差し迫る危機 〜命と暮らし、地域を守るために私たちのできること〜」の演題で行った鈴木宣弘さん講演会の続きとなる問題意識。内田聖子さんを講師に「今、世界で何が起きているのか〜グローバル化の波から、暮らしと公共、地域を守る〜」を神奈川県協同組合連絡協議会で企画しているので、参加を呼び掛けて欲しい。

 

6.資料

神奈川公団自治協ニュース/他

9月22日(日)に第64回神奈川県母親大会が相模原市民会館で開催される。

 

次回・定例幹事会:2019年7月11日(木)13時〜16時 

司会:矢野裕美(“自ら考え行動する”消費者の会) 矢野幹事が無理な場合は横浜市消連。

会場:神奈川県生協連 会議室


サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ