HOME > 消団連トップ > 幹事会報告 文字サイズ 大きくする 普通

神奈川県消費者団体連絡会 2018年 8月幹事会報告

□ 日時

2018年8月9日(木) 13時〜15時50分

□ 場所

かながわ県民センター 7階 710会議室

□ 出席

家子寿(神奈川県建設労働組合連合会)・和久晴雄・大森規男(神奈川公団住宅自治会協議会)、元木朱美(神奈川県生活協同組合連合会)、海老澤克枝(鎌倉消費者連絡会)、斎藤静子(環境保全型農業を推進するネットワーク)、柿本章子・山崎初美(コンシューマーズかながわ)、木村郁子(さがみはら消費者の会)、野元摩里(新日本婦人の会神奈川県本部)、清水百合子(横浜市消費者団体連絡会)

小林正明・丸山善弘(事務局)

□ 欠席

鈴木啓子・三井敦子(神奈川県建設労働組合連合会)、生井正弘(神奈川公団住宅自治会協議会)、里見里奈・鷲北栄治(神奈川県生活協同組合連合会)、照井携子(神奈川県母親連絡会)、有田芳子(コンシューマーズかながわ)、岡田絢子(さがみはら消費者の会)、矢野裕美(“自ら考え行動する”消費者の会)、松負テ子・多賀谷登志子(横浜市消費者団体連絡会)

□ 司会

神奈川公団住宅自治会協議会 和久晴雄常任幹事

和久晴雄常任幹事の司会により進行した。

1.報告

(1) 2018年7月幹事会報告

確認した。

 

2.この間の社会の動き

丸山善弘事務局長より、11月8日の定例幹事会において学習会を行う予定である鈴木宣弘・東京大学大学院農学生命科学研究科教授のこの間の講演内容が紹介された。協議事項(3)と併せて、成功をさせていくために、どのような点について特に話して欲しいのか意見を出し合い、柿本章子幹事、野元摩里幹事、元木朱美幹事、小林正明事務局次長、清水眞利幹事より、この間の日本の規制緩和の動きは蟻地獄、私たちはどうしたらよいか次につながるようは話を聞きたい、あらゆる立場の人に聞いてもらいたい、日本による他国に対する不利益について知りたい、貧困や格差の拡大、食と農業だけでなくTPPとその周辺について聞きたい、等の発言がされた。講師との講演内容の打ち合わせに反映させていくこととした。

会場はオルタナティブ生活館の地下1階のスペースオルタ(120名)なので、1団体あたり10名くらいの目安で参加者を組織して成功させようと和久晴雄常任幹事から提起があり確認した。また、事務局がチラシの第1版を作成するので広報に活用していくこと、神奈川県消団連と神奈川県協同組合連絡協議会の共催で行うことを確認した。

 

3.協議事項

(1) 2019年神奈川県消費者のつどいについて

丸山善弘事務局長よりつどいに対しての回答状況(8月30日回答締め切り)が報告された。

(2) 75歳以上の医療費負担2倍化に反対する請願署名について

丸山善弘事務局長より経済同友会の「財政健全化に向けた取り組み」を引用して75歳以上の医療費負担2倍化の背景が報告され確認した。署名の締め切りは9月、11月とする。山崎初美幹事、元木朱美幹事、野元摩里幹事、柿本章子幹事、和久晴雄常任幹事より、「賛成」という人にどう対応するのかとの提起に対する発言がされた。自分の言葉で語るために、学びを継続していくことを確認した。

(3) 鈴木宣弘講演会を成功させよう

この間の社会の動きの項のところで協議した。呼び掛けに使えるチラシの第1版を事務局が作成し、遅くとも8月末より前にはデータ送信することとした。

(4) 憲法のことをどう話し合い・深めていくか

丸山善弘事務局長より、憲法普及會編「新しい憲法 明るい生活」、日本生協連「憲法問題学習資料PART6日本邦憲法をめぐる15の質問」の説明があり、清水眞利幹事、海老澤克枝幹事、野元摩里幹事、木村郁子幹事、柿本章子幹事、和久晴雄常任幹事、元木朱美幹事、山崎初美幹事、清水百合子幹事より発言を受け共有した。自民党改憲草案を使って、皆で分担して少しずつ学習すること、その都度意見交換をすること、9月定例会で事務局より分担を提案することとした。

 

4.報告事項

(1) 神奈川まるごと健康づくり・健康チャレンジ

石田昌美事務局より説明と取り組みの呼び掛けがされた。用紙は8月24日に印刷上がりとなるので、事前に必要数を集約し9月の定例会で必要数を渡していく、又は郵送する。

 (2) 行政・他団体会議等参加報告

  • 平成30年度かながわ3R推進会議報告(7/20)
  • 神奈川県協同組合連絡会講演会報告(7/30)
  • 第11回かながわ食育フェスタ報告(7/31)
  • 第16回神奈川県レジ袋削減実行委員会報告(8/1)

丸山善弘事務局長より一括して報告がされた。第11回かながわ食育フェスタについて、出展参加した柿本章子幹事、山崎初美幹事より報告を受けた。

(3) 地方消費者行政充実に向けて

  • 平成29年度消費生活相談概要(要約)

(4) 全国消団連報告

(5) 協同組合

(6) 平和を願う

(7) 声明・意見書等

(8) その他

(9) 参考になる催し案内

(2)〜(8)まで一括して丸山善弘事務局長より報告がされた。(4)については、9月7日に開催される「2018かながわ協同組合のつどい」への参加の呼び掛けがされた。(5)については、広島の子ども代表の「平和の誓い」を清水眞利幹事より、林幸子さんの「ヒロシマの空」を清水百合子幹事、元木朱美幹事、海老澤克枝幹事、大森規男幹事より朗読し、その思いを共有した。

 

5.会員交流

 

6.資料

(神奈川県警)/消費者ネットワーク(全国消団連)/子どもサポート情報・見守り新鮮情報他(国民生活センター)/他

 

 

次回:2018年9月6日13時〜16時

会場:神奈川県生協連会議室 新横浜ステーションビル 9階

司会:神奈川県建設労働組合連合会

学習:私たちの社会を見つめる

「第11回団地の生活と住まいのアンケート」から見えること 

和久晴雄常任幹事

「分断社会の問題に取り組む 孤立させず地域でつなぎ支える」 

岡田百合子さん


サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ