HOME > 理事会トップ > 常務理事会 会議録 文字サイズ 大きくする 普通

2017年度 第6回 常務理事会 会議録

□ 開催日

2018年4月17日(火)  14時10分~15時58分

□ 開催場所

神奈川県生活協同組合連合会 会議室

□ 出席者

出席理事 常務理事会定数9名中9名出席

会長理事 當具 伸一 

常務理事 青木 宇一

常務理事 鈴木 秀之

常務理事 水谷 清一

常務理事 鳥越 恵子

専務理事 小林 正明

常務理事 安部 裕子

常務理事 野村 晃一 

常務理事 渡邊 たかし

 

議長:青木 宇一常務理事

青木宇一常務理事を議長に選任した。議長は開会を宣し議事を進行した。
當具伸一会長理事より、県民局が改組され消費生活課は安全防災局の中に入り、局名がくらし安全防災局となった。先日くらし安全防災局長および局の方と懇談する機会があった。生協が取り組んでいる健康づくりや平和、防災等はひろく県民の生活に関わる課題であり行政とも一致するので、これまで以上にネットワークづくりの中で生協としてのつながりを広げていきたいと感じたと挨拶がされた。

 

議事録

1. 神奈川県生協連2017年度第6回理事会議事録

文書報告とした。

 

審議事項

1. 2018年度役員補充選任における理事・監事候補者について

小林正明専務理事より次回理事会前に第3回役員推薦委員会を開催することとなり、今回は審議事項ではなく報告事項とすることで確認がされた。

 

2. 神奈川県生協連第67回通常総会議案について

小林正明専務理事より提案がされた。當具伸一会長より、会員の出資口数及びその増減の表記が出資金表示になっているが、どちらかに揃えるべきとの指摘がされた。石田昌美統括マネージャーより出資口数に統一し、総計額として出資金額を記載するように変更する旨回答がされた。

青木宇一常務理事より損失金に「-」が表記されているとの指摘がされ、修正することとした。修正内容を踏まえて提案は全員一致で確認され第7回理事会の議決事項とすることとした。

 

3. 神奈川県生協連第67回通常総会の役割分担について

石田昌美統括マネージャーより提案がされた。提案は全員一致で確認され第7回理事会議決事項とすることとした。

 

4. 木下長義さんとの顧問契約について

小林正明専務理事より提案がされた。提案は全員一致で確認され第7回理事会の議決事項とすることとした。

 

5. 2018年神奈川県生協大会実行委員長について

石田昌美統括マネージャーより提案がされた。提案は全員一致で確認され第7回理事会の議決事項とすることとした。

 

6. 2018年度神奈川県生協連 役員視察研修について

相田祐二事務局長より提案がされた。當具伸一会長より福祉に絞ることも必要だが、コープさっぽろが成長しているので事業についても学びたい声もあるのではないか、安部裕子常務理事より拡大戦略について、渡邊たかし常務理事より宅配事業の取り組みについて聞きたい、鳥越恵子常務理事より店舗の見学は外さずに組み入れて欲しいとの発言がされた。また當具伸一会長より店舗見学は最大規模の店舗ではなくて800坪規模クラスがよいと指摘がされた。意見を踏まえて行程内容を修正して提案することとし、提案は全員一致で確認され第7回理事会の議決事項とすることとした。

 

協議事項

1. 県連事務局体制の今後のあり方の検討提案(メモ)

小林正明専務理事より提案がされた。安部裕子常務理事より「神奈川県生協連の今後のあり方検討委員会」では他の議論もされたが今回の提案はその中の一部に限定している。キャリア形成の一環としての検討もしているので提案骨子以外の考えも聞きたいと発言がされた。小林正明専務理事より、不十分な点は今後のところで改めて課題にしていく旨回答がされた。當具伸一会長より、県連事務局体制の今後のあり方の検討は、「神奈川県生協連の今後のあり方検討委員会」で課題としたうちのひとつの検討提案であることの確認がされた。渡邊たかし常務理事より添付されている主要都県連会費・人件費資料では比較できないので詳細が必要との指摘がされた。協議の結果、継続協議をしていくことを確認した。尚、主要都県連会費・人件費割合比較表の大阪府連の会費額については8,940万円ではなく6,780万円に訂正された。

 

2. 2019年度県政要望(案)

小林正明専務理事より提案がされた。當具伸一会長より具体的な要望と抽象的な表現があるので具体的な要望にして受ける側が受け取りやすいようにした方がよい、

鈴木秀之常務理事より要望をSDGsの切口にしたのはよいと発言がされた。丸山善弘事務局員より、県政要望の性格について補足説明がされた。小林正明専務理事より具体的な要望は箇条書きにして、色々な部会・委員会でも協議をして補強する旨回答がされた。

 

3. 包括連携協定について

小林正明専務理事より神奈川県生協連と会員生協の連名による包括連携協定を結ぶ提案がされた。安部裕子常務理事より締結先は県か市か質問がされ、先ずは県との回答がされた。渡邊たかし常務理事より協定内容は詳細につくると災害が起きた時に役に立たないので注意が必要と指摘がされた。提案については全員一致で確認がされた。

 

報告事項

1. 専務理事報告

(1) 日本生協連中央地連・組合員活動委員会委員の推薦について

(2) 生協運営協議会活動の安定化に向けた打合せ報告

(3) 2017年度「神奈川まるごと健康づくり」進捗報告

(4) 核兵器廃絶・平和を願う取り組み

(5) 県協同組合連絡協議会に関わる取り組み

㈱グリーンピア報告

(6) かながわ省エネ・再エネ推進ネット連絡会2018年度総会案内

(7) くらし安全防災局長と懇談

(8) 県庁再編と2018年春・県・政令市職員異動について

(9) その他

(10) 経営報告(2018年2月度)

(11) 貸借対照表・比較損益計算書・経費明細表

(12) 神奈川県生協連活動日誌

(13) 5月・7月理事会について

(1)(3)について石田昌美統括マネージャーより、(2)(4)~(13)は小林正明専務理事より一括して報告がされた。

 

2. 委員会報告

(1)  2017年度第8回政策企画委員会開催報告

(2)  2017年度第5回福祉事業連絡会開催報告

(3)  大規模災害対策委員会

  • 神奈川県と防災協定締結事業者との合同懇談会に参加
  • MCA無線訓練

文書報告とした。

 

3. 専門部会

 (1) 2017年度第7回神奈川県生協連医療部会(専務会議)報告

 (2) 2018年医療福祉生協神奈川エリア大学習会 第5回実行委員会報告

水谷清一常務理事より報告がされ、石田昌美統括マネージャーより(2)の補足報告がされた。

 

4. 生協運営協議会

(1)  川崎市生協運営協議会

(2)  相模原市生協運営協議会

(3)  横須賀市生協運営協議会

(4)  大和市生協運営協議会

文書報告とした。

 

5. ネットワーク

(1)  神奈川県消費者団体連絡会

(2)  ユニセフ

(3)  会員生協

(4)  その他

文書報告とした。

 

その他、石田昌美統括マネージャーより第7回理事会開催前に役員推薦委員会を開催する提案がされ、確認をした。

2018年5月15日(火) 

  • 役員推薦委員会12時45分~13時00分
  • 第7回理事会13時00分~14時45分

 

議長は全体を通して意見を求めたところ、特段の意見はなかった。

以上をもって全議案の審議を終了したので、16時00分議長が閉会を宣し、会は終了した。

上記議事の経過の要領及びその結果を明確にするために本会議録を作成し、議長が記名押印する。

2018年4月17日(火)

神奈川県生活協同組合連合会 2017年度 第6回常務理事会 会議録

議長 常務理事 青木 宇一 

サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ