HOME > 理事会トップ > 常務理事会 会議録 文字サイズ 大きくする 普通

2018年度 第4回 常務理事会 会議録

□ 開催日

2018年12月18日(火) 14時00分~15時55分

□ 開催場所

神奈川県生活協同組合連合会 会議室

□ 出席者

出席理事 常務理事会定数9名中9名出席

会長理事 當具 伸一 

常務理事 安部 裕子

常務理事 鈴木 秀之

常務理事 水谷 清一

常務理事 渡邊 たかし

専務理事 小林 正明

常務理事 小倉 克巳

常務理事 鳥越 恵子

常務理事 野村 晃一 

□ 議長

鈴木 秀之 常務理事

14時00分、石田昌美統括マネージャーより本日の出席状況について報告がされた。鈴木秀之常務理事を議長に選任した。議長は開会を宣し議事を進行した。

當具伸一会長理事より、①日本ハムの社長と面談した際、SDGsのピンバッヂをつけておられ、SDGsの広がりを感じたこと。また、プラスチック規制の急速な動きへの対応に苦慮されているとの話しが出たが、メーカーだけの問題ではなく、生協、行政も取り組んでいく必要があること。②神奈川まるごと健康づくりの「健康チェック」にはじめて参加したが、測定を通じてコミュニケーションが広がること。また、自らも休肝日をとるチャレンジを継続中で年末年始も有言実行で続けていきたい、と挨拶がされた。

 

議事録

1. 神奈川県生協連2018年度第4回理事会議事録

2. 2018年度第3回常務理事会会議録

文書報告とした。

 

審議事項

1. 2019年度神奈川県生協連年間日程について

石田マネージャーより提案がされた。提案は全会一致で確認され、第5回理事会の議決事項とすることとした。

2. 神奈川県生活協同組合連合会第68回通常総会の開催について

石田マネージャーより提案がされた。提案は全会一致で確認され、第5回理事会の議決事項とすることとした。

3. 神奈川県生活協同組合連合会2019年度予算編成方針と審議の進め方について

石田マネージャーより提案がされた。安部裕子常務理事より、予算の大枠に活動協賛金や一時的に県生協連が立替をする費用等は予算の収入枠から外したほうがよいのではないかと意見が出された。県連の会計上のものと、会員生協に予算化をお願いするものを記載しているため、表現を訂正することを確認した。提案は前回一致で確認され、第5回理事会の議決事項とすることとした。

4. 核兵器廃絶にむけた2020年までの取り組みについて

小林正明専務理事より提案がされた。當具伸一会長理事よりピースリレーのスローガンは広く一致点を見いだせるものに努力してほしい。鳥越恵子常務理事よりピースリレーで激しいコールがあると若い人が引いてしまう。若い人の参加が増えてきているので、広がりを大切にする努力をしてほしいと意見が出された。提案は全会一致で確認され、第5回理事会の議決事項とすることとした。

5. 神奈川県生協連役職員視察研修について

相田祐二事務局長より提案がされ、協議した結果、4/8~4/9の日程で行うことが確認された。提案は全会一致で確認された。

 

協議事項

1. 神奈川県生協連2018年度活動経過報告と2019年度課題(1次案)

小林正明専務理事より提案がされた。石田昌美統括マネージャーより補足があった。當具伸一会長理事より、今後の社会保障の財源問題から「税と社会保障のありかた」を学習のテーマにいれてほしいとの要望が出され、テーマとして入れると回答がされた。安部裕子常務理事より、県連のあり方検討委員会でも言及されている、県生協連の取り組みの重点と絞り込む課題の検討、事務局を分担配置した生協運営協議会のあり方を2年経過した時点で総括することについて課題にいれてほしいと要望が出された。鳥越恵子常務理事より、生協運営協と提携福祉健康委員会について、負担感が大きいとの声が上がっており、位置づけやあり方等の検討が必要との意見が出された。小林正明専務理事より、地域の中で会員生協が主体的にやれる状況を県連としてどうアプローチするのかを検討したい、また皆さんから組合員の声などを受けて検討すべき課題があれば出してほしいと回答がされた。生協運営協については事務局安定化にむけた2年目の総括を各運営協の当事者と意見交換しながらすすめていきたいと回答がされた。

2. 神奈川県との包括連携協定内容の検討について

小林正明専務理事より提案がされた。當具伸一会長理事より、「高齢者・障がい者支援」だけでなく、外国人や性的少数者等も含むインクルージョンやダイバーシティといった観点からのカテゴリとして検討できないか、と提案がされた。小林正明専務理事より、「高齢者・障がい者支援」の柱は県の位置づけは「福祉」という切り口から設定されているので、「共生」といったカテゴリについては、県との擦り合せのなかで探っていきたいとの回答がされた。

 

報告事項

1. 専務理事報告

(1) 2019年県生協連賀詞交歓会について

(2) 2018年度「神奈川まるごと健康づくり」進捗報告

(3) 県協同組合連絡協議会に関わる取り組み

..  ㈱グリーンピア報告  

(4) 神奈川県への要望の回答・自民党神奈川県支部連合会生活グループ

(5) 社民党神奈川県連合自治体議員団との政策懇談会

(6) 監事研修会の開催について

(7) 2018年度福祉セミナー

(8) 食の安全・安心学習会

(9) 経営報告(2018年10月度)

(10) 貸借対照表・比較損益計算書・経費明細表

(11) 神奈川県生協連活動日誌

 (1)について小林正明専務理事より報告がされた。(2)について石田昌美統括マネージャーより報告がされた。(3)~(5)について小林正明専務理事より報告がされた。(6)~(11)は文書報告とした。

 

2. 委員会・専門部会報告

(1) 2018年度第5回医療部会(専務会議)開催報告

(2) 大規模災害対策委員会

MCA無線訓練実施報告

平成30年度神奈川県・県西地域10市町合同図上訓練への参加について

(1)について水谷清一常務理事より報告がされた。その他は文書報告とした。

 

3. 生協運営協議会

(1) 川崎市生協運営協議会

(2) 相模原市生協運営協議会

(3) 横須賀市生協運営協議会

(4) 大和市生協運営協議会

(5) 藤沢市生協運営協議会

すべて文書報告とした。

 

4. ネットワーク

(1) 神奈川県消費者団体連絡会

(2) (特非)消費者支援かながわ

(3) (公社)フードバンクかながわ

(4) 会員生協

(5) その他

(3)について小林正明専務理事より報告がされた。その他は文書報告とした。

 

議長は全体を通して意見を求めたところ、特段の意見はなかった。

 

以上をもって全議案の審議を終了したので、15時55分議長が閉会を宣し、会は終了した。

上記議事の経過の要領及びその結果を明確にするために本会議録を作成し、議長が記名押印する。

 

2018年12月18日(火)

神奈川県生活協同組合連合会 2018年度 第4回常務理事会 会議録

議長 常務理事 鈴木 秀之

サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ