HOME > 神奈川県連の紹介 > 沿革 1945年〜1969年 文字サイズ 大きくする 普通

沿革 神奈川県生協連 60年のあゆみ

1945〜1969年 1970〜1984年1985〜2000年2001〜2010年

1945〜1969年

1945年

太平洋戦争敗戦による終結

  • 日本協同組合同盟創立[11.18]

1946年

  • 日協同盟神奈川県支部結成[2.1]
  • 神奈川県生協連結成(25組合)[7.1]
  • 川崎生協創立[7.6]

1947年

日協同盟ICA加盟

  • 横浜生協創立[9.28]
  • 横須賀に全市1本の生協設立[10. ]
  • 神奈川県生協連設立認可[11.16]

1948年

  • 県連、各種荷受権取得[5.1]

1949年

  • 海員生協設立[5.26]
  • 県連の卸業務停止、未収金800万円[9. ]

1950年

朝鮮戦争勃発

  • 横浜、横須賀、川崎生協商人吸収実施[5. ]
  • 神奈川県生協連創立総会(16組合)[12.18]

1951年

サンフランシスコ条約調印

  • 神奈川県生協連認可される[2.14]
  • 日本が日本生協連に加生協連創立総会[3.20]
  • 神奈川県生協連盟[5.28]

1952年

メーデーに参加した生協組合員

血のメーデー

  • 日本生協連、ICA加入 [3.3]
  • 神奈川県労働金庫設立[4.3]
  • 県連第2回通常総会、日協連・労金加盟決議[6.18]

1953年

  • 米の増配要求県民100万人署名運動(30数団体と提唱)[7. ]

1954年

ビキニ水爆実験第5福竜丸被爆

  • 横浜、川崎、横須賀三市生協役職員懇談会(5回)
  • 県連第3回通 常総会 [5.27]
  • 菊名生協設立[7.25]

1955年

当時の生協店舗

  • 浦賀生協設立[6.1]
  • 県連第4回通 常総会 (職場での生協活動盛り上がり、職域生協全盛とも言える年となる)[6.24]
  • 県の一斉監査[8.16]

1956年

  • 県連第5回通 常総会[5.10]

1958年

  • 横浜、川崎、横須賀三市生協懇談会で徴税対策[2.1]
  • 労金、県連、横浜三者で負債処理等を協議 [3.25]
  • 県連第7回通 常総会[5.29]

1959年

  • 富士フイルム生協設立[6.1]
  • 県連第8回通 常総会[6.27]

1960年

安保闘争、新安保条約発効

  • 県連第9回通 常総会安保反対決議[4.23]

1961年

  • 昭電川崎生協設立[3.10]
  • 県連第10回通 常総会[5.30]
  • 横浜市大生協設立[7.19]

1962年

  • 県連第11回通 常総会[5.15]
  • 労信販事業開始[6.1]
  • 横浜国大生協設立[6.23]

1963年

  • 県連第12回通常総会[6.7]
  • 戸塚医療生協設立[8.1]
  • 川崎医療生協設立[11.4]

1964年

東京オリンピック開催

  • 県連第13回通 常総会[6.3]

1965年

  • 塚医療生協設立[2.4]
  • 県連第14回通 常総会[6.18]
  • 鎌倉医療生協設立[9.28]
  • 高物価公害反対県民集会開催(農業会館、400人)カンパ、署名多数集まる[10.22]

1966年

  • 物価値上反対大会(横浜公園)[4.21]
  • 県連第15回通 常総会[5.17]
  • 横須賀運営協議会創立[5. ]
  • 家計簿運動始まる[12. ]

1967年

  • 県連第16回通 常総会[5.23]
  • 労信販事業停止で問題落着[5. ]

1968年

TV酒の直売を放映

  • 県内メーカーを対象とした生協醤油開発を研究(共同仕入会議)
  • 県連第17回通 常総会[5.24]
  • 酒の直買運動始まる[12.22]

1969年

米アポロ11号月面 着陸成功

  • 酒の直買運動拡大のために日生協も含め蔵元視察[1.10]
  • 湘南市民(善行)生協設立[4.30]
  • 関東各生協(7県)で生協醤油開発[5.15]
  • 県連第18回通常総会[5.21]
  • 県生協大会開催[9.18]
  • 十日市場、和泉町で農協と提携、米の共同購入始まる[11.9]

1945〜1969年 1970〜1984年1985〜2000年2001〜2010年

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ