HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2019年2月5日

厚生労働省「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」神奈川介護ロボットフォーラム

(公社)かながわ福祉サービス振興会では、厚生労働省「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」の一環として、介護現場等で介護ロボットの適切かつ効果的な導入と利活用を促進するために、地域の関係機関や介護・生活支援ロボット普及推進協議会や介護・生活支援ロボット活用研究会との連携による「神奈川介護ロボットフォーラム」を開催します。

本フォーラムは、介護ロボットの「展示会」と「シンポジウム」の二部構成です。展示会では、@移乗介助、A移動支援、B排泄支援、C見守り・コミュニケーション、D入浴支援、E介護業務支援などの場面で活躍する介護ロボット約30機種(予定)が一同に集結します。最新テクノロジーを搭載したロボットを、その場で体験する事が出来ます。

また、シンポジウムでは、国・神奈川県での介護ロボット事業の取組みをはじめ、実際に介護ロボットを使用している施設の方々より、活用方法や導入効果の発表があるなど、介護ロボットに係る最新の情報を聴く事が出来ます。

今年度の神奈川県内で、最大規模の介護ロボットフォーラムになると思います。

参加費は無料ですので、少しでも「介護ロボット」に興味がありましたら、是非とも、ご参加下さい。

 

内 容

1.介護ロボット(約30機種予定)の展示・説明・相談(10:00〜16:30)

会場:10階「介護実習室U」、12階「121-123研修室の一部」

 

2.介護ロボット開発・普及に係るシンポジウム(13:00〜16:30)

会場:12階「121-123研修室」

 

★☆★進行スケジュール(予定)☆★☆

13:00〜13:10

開会

 

13:10〜13:25

行政説明

 

13:25〜13:40 

テーマ:

説明者:

神奈川県「介護ロボット導入支援事業」について

公益社団法人かながわ福祉サービス振興会

13:40〜14:05 

テーマ:

 

説明者:

平成29年度 介護ロボットを活用した

介護技術開発支援モデル事業(移乗支援)について

社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団

横浜市総合リハビリテーションセンター

地域リハビリテーション部 研究開発課

主任 粂田 哲人 氏(作業療法士)

14:05〜14:30 

テーマ:

 

説明者:

平成29年度 介護ロボットを活用した

介護技術開発支援モデル事業(認知症の見守り支援)について

コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社

代表取締役社長 三浦 雅範 氏

14:30〜14:55 

テーマ:

説明者:

介護ロボットの可能性について

高齢者生活福祉研究所

所長 加島 守 氏(理学療法士)

14:55〜15:10 

テーマ:

 

説明者:

平成30年度 介護ロボットニーズ・シーズ連携協調のための

協議会設置事業について

一般社団法人日本作業療法士協会

プロジェクトコーディネーター リーダー 小林 毅 氏

15:10〜15:20 

休憩

 

15:20〜16:30 

パネルディスカッション

テーマ: 介護ロボットの活用事例(仮称)

 

チラシはこちら pdf

 

申込みはこちらから新ウインドウ

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ