HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2019年1月26日

第22回川崎医療生協組合員活動交流集会にて計測ステーションの紹介と健康チェック

神奈川の生協では、健康づくりを「神奈川まるごと健康づくり」として推進しています。医療生協では「昨日よりも今日が、そして明日が、いっそう意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え、社会に働きかける。みんなが協力し合って楽しく明るく積極的に生きられるための組織が医療生協です。」を健康観として、日本医療福祉生協連が提起する「8つの生活習慣と2つの健康指標」に基づき組合員の健康予防活動に取り組んでいます。

今回は川崎医療生協組合員活動交流集会の場で、健康づくり委員会の皆さまとともに、健康チェックを行いました。

名称

第22回川崎医療生協組合員活動交流集会

 「医療の光をすみずみに 平和の声は全国に」

内容

県生協連主催健康づくり養成講座「計測ステーションの紹介と健康チェック」

日時

2019年1月26日(土)12時15分〜15時

会場

サンピアンかわさき(川崎市立労働会館) 1階ホワイエ 入口

測定参加者

55名(新53名(男4名(34歳〜83歳))、女49名(46歳〜88歳)、再2名(男2名、女0名)

測定者

11名(川崎医療生協4名、ユーコープ5名、県生協連2名)

 

測定項目

体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、体内水分量、基礎代謝、血圧、ストレス・リラックス度、血管年齢、握力、足指力

測定使用機器

 

血圧計、ストレス計、体組成計、握力計、足指力計

医療生協がめざす「健康習慣」

「8つの生活習慣」と「2つの健康指標」

8つの生活習慣
  1. 生活リズムを整え快適な睡眠をとる:1日7〜8時間眠る
  2. 心身の過労を避け、充分な休養をとる: 長時間労働を避け、週1日は休暇をとる/余暇を楽しみストレスをためない
  3. 禁煙にとりくむ
  4. 不適切な飲酒をしない: 一日、日本酒1合(ビール中ビン1本)以内/週2日、酒を飲まない日をつくる
  5. 適度の運動を定期的につづける:
    週3日、30分間以上適度の運動/ウォーキングやストレッチ、筋力アップにとりくむ
  6. 低塩分、低脂肪のバランスのよい食事をとる:
    塩分6g/日以下/低脂肪を基本に、バランスのよい食事をとる
  7. 間食せず、朝食をとる規則正しい食生活
  8. 1日1回以上よごれを落としきる歯みがきをする:
    よく噛んで食べ、正しい歯のみがき方を身につける

 

2つの健康指標

適正体重、適正体脂肪、適正腹囲を維持する

BMI:18.5〜25の適正体重を維持する [BMI=体重(s)÷身長(m)×身長(m)]

体脂肪率:男25%未満、女30%未満を維持する

腹囲:男性85cm未満、女性90cm未満を維持する

適正な血圧をめざす

安静時血圧:135/85mmHg未満を保つ

年一回健診をうけ、全身チェックをおこなう

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ