HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年10月25日

大規模災害について川崎市との懇談会

大規模な災害が発生した際には、市民生活の一日も早い生活の安定のために、社会インフラとして食を供給する私たち生協の役割は大きく、官民の連携した取り組みが必要です。災害時に協定が機能するためには平時から情報の共有や、認識の一致を図っておくことが大切であることから、川崎市の担当部局と神奈川県生協連大規模災害対策委委員会では第2回目となる大規模災害に関する懇談会を開催しました。

日時

2018年10月24日(水)14時00分〜15時40分

会場

川崎市消費者行政センター

出席者

 

川崎市

総務企画局危機管理室

大村 誠 担当課長

吉留 嵩 担当係長

三原 宣輝 担当係長

前田 憲造 担当係長

経済労働局産業政策部

太田 伸一 室長

兒嶋 一嘉 啓発係長

山田 怜嗣 職員

生協

パルシステム神奈川ゆめコープ

中沢 昌彦

市村 あつ子

生活クラブ生協

目黒 勇人

全労済神奈川推進本部

深田 武

ユーコープ

郷野 智砂子

神奈川県生活協同組合連合会

相田 祐二

内容

1. 参加者自己紹介

2. 懇談会テーマ

 (1) 大規模災害発生時の被害想定と対応について

 (2) 昨年の懇談会以降、川崎市の新たな取り組みについて

 (3) 神奈川県と政令市との関係について

 (4) 最近、頻繁に発生している台風(特に水害)に対する対策について

 (5) 川崎市の物資拠点・避難所数の現状

 (6) その他、市の取り組み

3. 質疑・応答

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ