HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年9月24日

10月14日 NPO・協同組合のしごと説明会

10月14日(日)15:00〜17:30まで明治大学駿河台キャンパスで開催する「NPO・協同組合のしごと説明会」をご案内します。

この企画は、「しごと」や「はたらくこと」について考えている学生や社会への一歩に不安を抱いている若者に非営利組織や協同組合組織を知ってもらう企画です。

 

教授の皆様から非営利・協同組織に興味があり社会的課題解決を仕事にしたいという若者は一定数いるがキャリア支援の受け皿を大学ではなかなか作れないという宿題をいただいていました。

また、発達障がいやひきこもり、その他就労に困難を抱えた若者の働きたいという意欲をうまく吸い上げて応援する横断的な仕組みづくりも目指しています。

 

このたび、明治大学大高ゼミ・小関ゼミと立教大学原田ゼミ・藤井ゼミの4ゼミ合同活動の中間報告会と連携してご協力をいただきながら、協同組合バンク運営協議会「よいしごとステーション」と社会的企業研究会で開催します。

主催の一つ、「協同組合バンク運営協議会」は、協同組合間協同で人材を育成・輩出、新しい働き方を提案するするための基盤をつくるために集い、昨年11月に求人・求職サイト「よいしごとステーション」新ウインドウを開設しました。

今のところ、ワーカーズコープ東京中央事業本部を軸にして、協同総合研究所、パルシステム東京、パルシステム連合会、東京高齢者生協、発達障がい者のピアサポーター、くらしサポート・ウィズが主なメンバー。

オブザーバーとして中央労働金庫、ウイッシュ・プロジェクト(ひきこもり・高齢者の支援)が集っています。

ゆくゆくは協同組合に限らず社会的企業や地域経済を支える地域に貢献している企業にも拡大していく予定です。

 

まだまだ力量不足ですが、徐々に働きたい、働けるところを探しているというひきこもりの方や、社会的擁護下で自立を目指す若者のためのマッチングなど動き出しています。

 

当日は相談コーナーも設置し、悩める若者や不安を抱える若者たちへも対応します。

 

是非是非学生のみならず、身近で悩んでいる若者に気づいたらこの企画へ参加するよう声をかけていただけると有難いです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

※なお、駒澤大学松本ゼミ(松本典子先生)に「よいしごとステーション」紹介DVDをゼミ活動で作成してもらっています。

当日取材にも入る予定です。

 

案内チラシ pdf

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ