HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年8月30日

厚生労働省はホームページに「生協が行う地域福祉の先駆的な事例(第二弾)」を公表

厚生労働省社会・援護局地域福祉課消費生活協同組合業務室はこの度、「生協が行う地域福祉の先駆的な取組事例」第二弾を厚生労働省のホームページ内に公表しました。

全国各地の消費生活協同組合は、 その特徴を生かし、医療、高齢者の介護や日常生活支援、障害者支援、 子育て支援等の「事業」や「組合員活動」について、積極的な取組を展 開しています。昨年8月には、日本生協連、日本医療福祉生協連、全国各地の生協等の協力のもと、生協が地域社会の課題を主体的に受け止め実施する事業や組合員活動について、10の事例を取りまとめ、厚生労働省のホームページ内に公表しました。

この度、昨年に引き続き、各地で取り組んでいる様々な事例について、 新たに取りまとめがなされました。

 

今回紹介する事例は、

  • 高齢者、障害者、子育て世代などを対象に居場所づくり、健康づくりに取り組んでいる事例
  • 組合員が応援者であり、かつ利用者であるといったように、組合員 相互の支え合いにより地域づくりに取り組んでいる事例
  • 自治体からの委託を受けて、生活困窮者の相談事業等に取り組んで いる事例
  • 行政や地域の団体と連携、もしくは協定を締結し、地域課題の解決 に取り組んでいる事例

など、多岐にわたっており、様々な分野の取組に多数の組合員が日常的に参加し、地域におけるネットワークを形成しているものです。

また、各生協における事業・活動の状況に加え、背景や経過、行政 や関係機関との連携並びに取組の成果と課題についても掲載されています。

人口減少、急速な高齢化などを背景とし、地域社会では様々な課題が顕在化していますが、生協の強みを生かした組合員同士の支え合い、 助け合いによる各種事業や活動は、地域包括ケアシステムや地域共生 社会の実現の一助となるものと、今後もさらなる取組の推進に期待が持たれています。

 

今回は、17生協の事例が掲載されています。

  1. くらしと福祉の複合拠点を核とし、孤立しがちな高齢者や生活に困窮されている方等の相談窓口、福祉事業などを総合的に展開している事例
    (生活クラブ千葉グループ)
  2. 地域の子どもからお年寄りまで全世代を対象に、住まい・介護・医療・集いとさまざまな“まちのだんらん”づくりに取り組んでいる事例
    (新潟医療生活協同組合)
  3. 市内を7つの地域(支部)に分け、支部ごとに「居場所づくり」、「健康づくり」などに取り組み、高齢者向けサービスを中心に地域福祉に関するサービスを総合的に実施している事例
    (医療生協さいたま生活協同組合)
  4. 日常生活圏域内に高齢者の地域福祉拠点づくりを行い、“地域を丸ごとみる”仕組みづくりに取り組んでいる事例
    (社会福祉法人協同福祉会)
  5. 地域密着型サービスを中心に福祉事業、移動店舗などの生活支援サービス等を総合的に実施している事例
    (福井県民生活協同組合)
  6. 子育て層同士の出会い・交流の場としての居場所づくりを中心とした子育て支援を実施している事例
     (生活協同組合コープみらい)
  7. “だれもが参加でき、共に学び育つことのできる場づくり”の推進のため、障がい者の雇用促進と自立支援に取り組んでいる事例
     (生活協同組合ひろしま、特例子会社(株)ハートコープひろしま、農業生産法人(株)ハートランドひろしま障害者就労継続支援A型事業所)
  8. 生活、特に家計面で困窮している人々の相談や生活再建としての貸付事業を通じて、暮らしやすい社会の構築に取り組んでいる事例
    (生活クラブ生活協同組合(千葉))
  9. 社会福祉法人によるホームレスおよび生活困窮者の自立支援施設、就労支援施設を通じての自立支援を行う事例
    (社会福祉法人グリーンコープ)
  10. 熊本地震からの再建に向けて相談会や電話相談による災害公営住宅入居支援を行うなど、 生活困窮者支援を推進している事例
    (グリーンコープくまもと)
  11. 組合員が自主的に、有償ボランティアとして通所型・訪問型サービスの提供をしたり、助け合い活動としての生活支援サービスや見守り事業などを通じて地域の生活支援に取り組んでいる事例
    (郡山医療生活協同組合)
  12. 地域の退職された高齢者を生活支援サービスの担い手と捉え、地域住民のくらしを支える取組等を行う事例
    (ながおか医療生活協同組合)
  13. 組合員が「応援者」「利用者」として登録する有償ボランティアを通して助け合い活動を実施している事例
    (生活協同組合パルシステム埼玉)
  14. 有償ボランティアという制度を通じて、組合員が相互に支え合うことで“安心して暮らし続けることができるまちづくり”に取り組んでいる事例
     (富山医療生活協同組合)
  15. 組合員から公募した食育サポーターが、教育機関や県と連携して食に関する出前授業を行うなど、地域での食育活動を推進している事例
    (いばらきコープ生活協同組合)
  16. 瀬戸内市とおかやまコープがそれぞれ有している様々な資源を協力して活用することで、農業や災害対策、環境保全などの分野で地域活性化に寄与するための各種事業を実施している事例
     (生活協同組合おかやまコープ
  17. 生協が行う宅配事業での“地域との距離が近い”という特長を生かし、配達時において行政との緊急対応等の連携が推進されている事例
     (エフコープ生活協同組合)

詳しくはこちらpdf14MB)

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ