HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年7月29日

ヒバクシャ国際署名をひろげましょう 街頭署名が行われています

神奈川県生協連は、子どもたちの健やかな成長を願い活動しています。その活動の柱の一つとして核兵器のない世界・北東アジアの平和的安定を願い、神奈川県原爆被災者の会(丸山進会長)とともに2016年9月23日に小溝泰義・広島平和文化センター理事長による「核兵器廃絶に向けた私たちの役割〜核のない世界の実現に向けて〜」の講演を柱とするキックオフ集会を行って「ヒバクシャ国際署名生協推進委員会」の活動をスタートさせ、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」に取り組んできました。ヒバクシャの訴えと署名は、世界の心を動かし、昨年7月7日には122か国の賛成により、国連史上初めて核兵器禁止条約が採択されました。

あれから1年。被爆者が求める核兵器のない世界実現に向けての確かな道筋も見えてきました。私たちは日本政府が唯一の戦争被爆国として、核兵器廃絶へ向けてしっかりと世界をリードして欲しいと心から願います。核兵器のない平和な世界の実現までにはまだ多く難問もありますが、米朝首脳会談にも見られるように非核化に向けた北東アジアの歴史の歯車は動いています。

わたしたちの署名活動は、神奈川県原爆被災者の会の皆さまが集めた署名とヒバクシャ国際署名生協推進委員会として神奈川県原爆被災者にお渡しした署名は、2017年9月末集約で31万3,291筆、全国で515万4,866筆になっています。

 

「ビリョクだけどムリョクじゃない!」

 

神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会

7月24日(火)、神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会の皆さまが、桜木町駅前広場で核兵器廃絶を願い、ヒバクシャ国際署名に取り組みました。

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ