HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年7月29日

原水禁県内平和行進・県庁での集約集会

子どもたちに核のない未来を!核兵器の完全廃止を!

7月24日から27日の4日間、神奈川県内において、神奈川県平和運動センター・原水爆禁止神奈川県実行委員会主催の被爆73周年原水禁平和行進が行われました。2018年神奈川県平和行進懇談会及び神奈川県生協連は連帯のメッセージを寄せています。

最終日の27日には、県庁において横浜の各コースが合流して集約集会が開催されました。

神奈川県原爆被災者の会の丸山進会長がご挨拶され、主催者から神奈川県生協連の小林正明専務理事と丸山も紹介して頂きました。

高校生1万人署名活動・高校生平和大使の皆さまは会場で元気に署名・カンパ活動を行い、第20代高校生平和大使の山尾るみさん・第21代の佐藤ハンナさんが話されました。 

第21代高校生平和大使20名(15都道府県)は、6月16・17日の広島研修・結団式から、第21代として活動を開始。8月の長崎研修を経て8月25日に福岡集合、8月26日〜31日スイス・ジュネーブの国連欧州本部などを訪問ののち、9月1日長崎で帰国記者会見を行います。第20代の山尾さんは、「高校生平和大使として核兵器廃絶のために署名活動や国連欧州本部の訪問など様々な活動に励まれた」と、昨年12月25日には神奈川県教育委員会表彰を受けられています。

希望のある平和な社会を実現して子どもたちにつなげていくこと、そのためにも核兵器廃絶を実現していきましょう。

 

ビリョクだけどムリョクじゃない!

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ