HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年6月4日

見つめよう!語り合おう!戦争の過去といま
「第23回 2018平和のための戦争展inよこはま」開催

73年前の5月29日・横浜大空襲の日に合わせて開催してきた「平和のための戦争展」は今年で23回目。6月1日から6月3日まで、かながわ県民センターで開かれました。

 

横浜大空襲とは

73年前、横浜は当初、広島と同様、原爆の標的にされていました。その標的から外された翌日の5月29日に空襲に見舞われました。攻撃目標は東神奈川など5か所。米軍のB29編隊517機が約44万個の焼夷弾を約1時間にわたって投下し、約8千人の命が奪われ、当時の市民のおよそ半数の31万人が被災しました。

名称

2018平和のための戦争展inよこはま

日時

2018年6月1日(金)〜6月3日(日) 10時〜19時(6月3日は18時まで)

会場

横浜駅西口 かながわ県民センター 1階 展示場、2階ホール
1階展示:入場無料、2階ホールの特別企画は資料代500円

主催

平和のための戦争展inよこはま実行委員会(委員長:小山内美江子(脚本家))

後援

横浜市国際局

神奈川新聞社・朝日新聞横浜総局・毎日新聞横浜支局・読売新聞横浜支局・東京新聞横浜支局・tvk(テレビ神奈川)

内容

◇ 展示:かながわ県民センター 1階 展示場

6月1日(金)〜6月3日(日) 10時〜19時(6月3日は18時まで)

横浜大空襲等 約500点の展示

6月2日(土)11時〜 空襲体験者、3日(日)11時〜 被爆者のお話し

◇ 特別企画1 戦争・空襲・戦後 

6月2日(土)13時30分〜16時(13時開場) 2階ホール 資料代:500円

挨拶と講演:「希望の灯を消さないために」

小山内 美江子さん 実行委員長(脚本家)

朗読劇:「真昼の夕焼け」

五大 路子さん (女優・横浜夢座座長) 他

朗読劇:「焼け跡に生きるー戦争孤児の記録」

横浜市立日吉台中学校栄劇部

報告:「私たちのキャンパスから見える戦争@横浜市大」

グローカリー市大グループ

◇ 特別企画2 核のない世界を

6月3日(日)13時30分〜16時(13時開場) 2階ホール 資料代:500円

講演:「敵を作らない日本に」

小沼 通二さん 

(慶應義塾大学名誉教授・世界平和アピール七人委員会事務局長)

報告:「船で繋ぐ想いー平和を紡ぐピースボート」

鈴木 慧南さん (ヒバクシャ国際署名スタッフ)

講演:「草の根の運動が歴史を動かした」

−被爆者を代表して国連・バチカンで発言

和田 征子さん (横浜原爆被災者の会会長・被団協事務局次長)

朗読:ノーベル平和賞授賞式の「サーロー節子さんの演説」

奥山 眞佐子さん (女優)

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ