HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年3月2日

広島県協同組合連絡協議会の皆さまによる視察研修

協同組合は、相互扶助、自己責任、民主主義、平等、公平、連帯といった価値観にたち、共通する経済的・社会的・文化的な欲求を満たすため、自立した人々が自主的に結びついた組織です。

広島県内の農業協同組合、漁業協同組合、森林組合、生活協同組合などの11団体でつくる広島県協同組合連絡協議会(HJC)は相互に連絡提携して「自立と協同の力を発揮することにより、自然と調和した、人に優しい地域社会づくりに貢献」「人間らしく、こころ豊かなくらしづくりのため、多くの協同組合が手を結び、地域社会から信頼され続ける協同組合運動を展開」する活動をしています。

このたび協同組合提携の事例視察研修として神奈川を選ばれ、9名の皆さまが2日間の研修を行いました。

日時

2018年2月26日(月)〜2月27日(火)

参加

8団体 9名

広島県生活協同組合連合会 事務局長   福島 守さん

広島県信用漁業協同組合連合会 総務部長   斉藤 輝さん

広島県森林組合連合会 指導総務課   梅木 真理子さん

広島県信用農業協同組合連合会 企画管理部企画管理課長   稻住 直樹さん

広島県厚生農業協同組合連合会 総務部総務課   見島 賢一さん

全国農業協同組合連合会広島県本部 改革推進課長   國弘 恭一さん

全国共済農業協同組合連合会広島県本部 管理部総務人事グループ課長 

下江 将樹さん

広島県農業協同組合中央会 教育・協同活動推進部次長   慶徳 敦さん

広島県農業協同組合中央会 教育・協同活動推進部   内田 千裕さん

内容

■ 1日目 JAグループ神奈川ビル(横浜市中区海岸通1-2-2)

  • 神奈川県協同組合連絡協議会について
  • 広島県協同組合連絡協議会について

対応:

二宮 務

神奈川県農業協同組合中央会専務理事

 

岩堀 義一 

神奈川県農業協同組合中央会JA改革対策部次長

 

山本 多田夫 

神奈川県農業協同組合中央会JA改革対策部管理役

 

小林 正明

神奈川県生協連専務理事

 

相田 祐二

神奈川県生協連事務局長

 

■ 2日目 福祉クラブ生協 きらり港北(横浜市港北区新羽868)

福祉クラブ生協は、日本初の福祉専門生協として1989年に横浜市港北区でスタートしました。
福祉サービスを提供できるまちづくり。年をとっても障がいをもっていても、長年住み慣れた地域を離れることなく地域での人間関係を大切にしながら暮らしつづけたい─、誰しもの願いであるこの思いを実現するためには、地域でのたすけあい・ささえあいが何よりも大切です。たすけあいによる地域の最もふさわしい福祉のありようを福祉クラブ生協では、「コミュニティ オプティマム福祉(コミオプ福祉)」と呼び、地域に必要な福祉サービスをその地域に住む自分たちの手でワーカーズ・コレクティブ(W.Co)という新しい協同の働き方によってつくってきました。

2017年4月現在、神奈川県下23の自治体・行政区に拡がり、組合員は1万6,000世帯を超えました。

  • ・福祉クラブ生協の事業概要 29年のあゆみ
  • ・ワーカーズ・コレクティブについて
  • ・きらり港北内施設見学

対応:

大場 英美

福祉クラブ生協 副理事長

 

大谷 多佳子

福祉クラブ生協 副理事長

 

後藤 恵美子 

福祉クラブ生協 理事

 

三和 和子

福祉クラブ生協 理事

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ