HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2018年1月14日

第9回 九都県市合同防災訓練・図上訓練に参加

神奈川県では毎年、九都県市が合同で大規模地震時の対応能力向上及び防災関係機関等の連携強化を目的とする、「九都県市合同防災訓練・図上訓練」を行っています。

今年も神奈川県より神奈川県生協連にも参加要請があり、合同訓練への参加と併せて、大規模災害時の会員生協との連携強化訓練に取り組みました。

行政機関以外の参加団体は神奈川県トラック協会と神奈川県生協連だけで、今回の訓練の特徴は、物資調達訓練が初めて訓練項目の中に位置づけられたことです。

県からの必要物資の在庫調査依頼を受け、会員生協を通じた対応訓練を行う中で、新しい発見や課題も見つかり大変有意義な訓練となりました。

 

訓練名称:平成30年第9回 九都県市合同防災訓練・図上訓練

実施日 :2018年1月11日(木)9時00分〜17時00分

訓練会場:神奈川県庁第2分庁舎7階 指令情報室

想定地震:@ 本震:首都直下地震 2018年1月10日(水)16時00分

A 余震:首都直下地震 2018年1月11日(木)12時00分

 

[主な訓練項目(県)]

  1. 災害対策本部統制部等の運営
  2. 救出救助・応急活動調整(広域応援部隊等の運用調整含む)
  3. 医療救援活動、広域医療搬送調整
  4. 物資調達調整
  5. 緊急交通路の確保(他都県との被害状況の共有や調整含む)
  6. 避難者対策
  7. 帰宅困難者対策
  8. 応援職員の調整
  9. 域外受援調整、国・他都県市との連携

 

[神奈川県生協連の訓練内容]

◆ 対策本部:2018年1月10日(水)18時 県連対策本部設置 

本部長:小林正明専務理事

県庁対策本部派遣(県生協連):五月女博之(ユーコープ)、市川暢利(パルシステム神奈川ゆめコープ)、小林好一(松和電子システム株式会社)、相田祐二(県生協連)

県生協連MCA無線担当:大井由季子(パルシステム神奈川ゆめコープ)

 

1. MCA無線訓練(MCA無線機のある会員生協の状況把握と日本生協連への無線報告)

対象:ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、生活クラブ生協、富士フイルム生協、全労済神奈川推進本部、医療生協かながわ、神奈川高齢者生協、日本生協連(中央地連)

 

2. 携帯メール訓練(無線機のない19生協に携帯メール送受信訓練)

対象:うらがCO-OP、ナチュラルコープ・ヨコハマ、福祉クラブ生協、全日本海員生協、神奈川北央医療生協、川崎医療生協、慶應義塾大学生協、麻布大学生協、宇宙科学研究所生協、神奈川大学生協、東京工芸大学生協、横浜国立大学生協、横浜市立大学生協、東都生協、明治学院消費生協、やまゆり生協、ワーカーズコープセンター事業団、中央労金神奈川県本部、自然派くらぶ生協

 

3. 物資調達訓練(MCA無線機を使い、県の要請に基づく物資調達対応訓練)

対象:ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、生活クラブ生協

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ