HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2017年12月4日

「生協10の基本ケア」セミナー開催

神奈川県生協連は、訪問介護における生活援助部分やデイサービスの基本報酬単価切り下げが見込まれる来年4月の介護報酬改定に向け、中重度者対応や地域密着型サービスへのチャレンジなど、事業モデルの転換を提案している日本生協連の「生協10の基本ケア」について、会員生協の情報提供と理解を深めることを目的にセミナーを開催しました。

日時

2017年12月2日(土)14時00分〜16時30分

会場

生活クラブ生協 オルタナティブ生活館301

参加者

27名

 

セミナーは、第1部が日本生協連福祉事業推進部の齋藤直人氏と梅津寛子氏による解説、第2部は県生協連福祉事業連絡会の鈴木忠座長(ユーコープ)の進行で参加者による意見交換が行われ、「生協10の基本ケア」に対する質疑応答や、各生協の抱える問題や課題等について話し合いました。

 

参加者アンケート一部紹介

  • 「生協10の基本ケア」について時間をとって聞くことができました。全てを一度に行っていくことはできなくとも、考え方を事業所の中で取り入れる事ができないかと考えてみたいと思います。
  • ガイドラインの作成を考えてみたいと思います。その前提で職員同士の協力や他の職員を認めるとの考え・姿勢をつくっていかないと進まないかと思いました。
  • 訪問介護、居宅、用具、デイいずれの分野でも検討余地があると思う。あすなら苑がたくさんの経営努力をベースに実現できていることは参考になった。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ