HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2017年6月6日

6月は食育月間です。

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです。

食をとりまく社会環境が大きく変化する中で、子供たちが健全な心と身体を培い、未来や国際社会に向かって羽ばたくことができるようにするとともに、全ての国民が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるようにすることが大切です。

このためには、様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められており、子供から成人、高齢者に至るまで、生涯を通じた食育を推進する必要があります。

食育を推進するための活動については、「食育基本法」(2005年)及び「第3次食育推進基本計画」(2016年3月食育推進会議決定。以下「基本計画」。)等を踏まえ、多様な主体の参加と協力を得て、国民運動として全国において展開することが重要です。

基本計画により、毎年6月が「食育月間」として定められており、同期間中に、各種広報媒体や行事等を通じた広報啓発活動を重点的に実施することにより、食育に対する理解を深め、食育推進活動への積極的な参加を促し、その一層の充実と定着を図るものとされています。

ユーコープは2007年6月に当時のコープかながわとして、て県内に本社を持ち県内に広く店舗展開をしている相鉄ローゼン、富士シティオとお取引先の食品メーカー、食品卸業者の皆さまと一緒に「神奈川・食育をすすめる会」を発足させ、神奈川県とも連携して、県民の「家庭」を直接支援する「食育県民運動」を展開しています。

 

神奈川・食育をすすめる会の趣旨新ウインドウ

 

平成29年度「食育月間」実施要項はこちらpdf

 

ポスターはこちら pdf

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ