HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2016年11月12日

政策企画委員会学習会「昨日より今日が、更に明日がより一層意欲的に 生きられるように」 〜長野県の取組みから学ぶ〜

いつまでも健康で心豊かな日々を過ごすことは、みんなの共通した願いです。神奈川県生協連では、地域社会と生協の大きな課題を「支え合い・助け合い、福祉、医療、健康づくり、居場所づくり」であるとして、協同組合や生協同士をはじめ行政や地域の様々な皆さまと連携して取り組んでいます。

今年度は生協や協同組合、行政や地域の諸団体、家族や組合員同士の健康づくりを話題とするコミュニケーション、健康を作るきっかけとなる、「神奈川まるごと健康づくり」「キッズチャレンジ」を実施しています。

県生協連政策企画委員会では、取り組みをさらに深め広げていくために、健康づくり先進県である長野県より協同組合の仲間であり取り組みの推進者である保健師長をむかえて話を伺いました。

日時

2016年11月11日(金)15時15分〜16時35分

会場

オルタナティブ生活館 2階 オルタリアン

主催

神奈川県生協連政策企画委員会(委員長:数寄真人・生活クラブ生協常務理事)

学習会テーマ

 

「佐久地域における健康な地域づくり活動」

講師:

中澤 あけみさん 

佐久総合病院 長野県厚生農業協同組合連合会 健康管理センター 保健師長

参加者:

11団体29名(JA神奈川県中央会、ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、生活クラブ生協、川崎医療生協、神奈川北央医療生協、神奈川みなみ医療生協、富士フイルム生協、麻布大学生協、インターネットジャーナル梶A神奈川県生協連)

司会:

中島 洋子 パルシステム神奈川ゆめコープ常任理事

閉会挨拶:

数寄 真人 政策企画委員会委員長

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ