HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2016年8月3日

原水禁 県内平和行進が終了しました

子どもたちに核のない未来を!核兵器の完全廃止を!

猛暑の中、7月26日から29日の4日間、神奈川県内において、神奈川県平和運動センター・原水爆禁止神奈川県実行委員会主催の被爆71周年原水禁平和行進が行われました。最終日の29日は県庁前で、横浜北(神奈川公園出発)、横浜中(西谷梅ノ木公園出発)、横浜南(磯子区役所出発)のコースの皆さまが合流して集約集会が開催されました。県内平和行進は2,050名、集約集会には450名の参加となりました。

集約集会には5名の高校生平和大使も参加し、集会参加者に国連への署名、そして募金の呼び掛けがされました。2016年神奈川県平和行進懇談会及び神奈川県生協連は、核兵器廃絶に向けて、原水禁平和行進に連帯のメッセージを送っています。

 

 

高校生平和大使について

1998年に始まった活動は、これまで18年間にわたって150人以上の高校生平和大使が国連などを訪問してきました。国連では「ヒロシマ・ナガサキピースメッセンジャー」として高く評価し期待感を示しています。高校生平和大使の活動は今や国際的にも認知され、大きな影響力を与え得るまでに成長しました。

 

☆高校生平和大使の主な役割☆

@ 核兵器廃絶と世界平和を願う広島・長崎・日本国民のメッセージを、国連訪問などを通じて世界に発信する。

A 高校生1万人署名活動に参加し、署名を国連に届ける。

B さまざまな平和活動や平和学習に積極的に取り組み、その成果を国内外へ広める。

 

2016年国連訪問日程(予定)

8月13日 集合 (福岡泊)

8月14日 福岡よりスイス・ジュネーブへ

8月15日 NGO訪問など

8月16日 国連欧州本部訪問

8月17日 スイス・ハイデン市訪問

8月18日 スイス・ベルンで署名活動のあと帰国

8月19日 福岡着 長崎へ (長崎泊)

8月20日 長崎で帰国報告会 解散

 

国連訪問では全員が英語でスピーチします。また、訪問先では英語で交流します。帰国後は、国連訪問などの成果を各地に広げる使命があります。

 

くわしくはこちら 新ウインドウ

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ