HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2016年6月1日

神奈川県生協連医療部会 2016年神奈川エリア大学習会を開催しました

神奈川県生活協同組合連合会(當具伸一会長理事、33会員)は、高齢者の社会参加と健康づくり、地域の活性化をテーマに、毎年公開学習・講演会を開催しています。

これまで地域において人と人とのつながりや助け合いの大切さとを色々な角度から確認しながら、自分たちで何が出来るかを考える場として開催してまいりました。今年度は更に、疲弊しつながりが希薄となっている地域コミュニティを再生していくために、生協の役割は何か、生協でどのような活動ができるのか、講演と活動事例報告を受けながら深めていきました。

 

テーマ:「☆再発見!☆元気につながる☆生協の魅力」

日時

2016年年5月31日(火) 13時30分〜16時30分(開場:13時)

会場

横浜市男女共同参画推進協会 横浜(フォーラム)  横浜市戸塚区上倉田町435-1

主催

神奈川県生活協同組合連合会医療部会神奈川エリア大学習会実行委員会

参加人数

394名

 

 

内容

司会:

城谷創一(川崎医療生協)、齋藤崇(神奈川みなみ医療生協)、丸山善弘(神奈川県生協連)

開会あいさつ:

押野 茂 実行委員長 川崎医療生協

基調講演:

共に生きる コミュニティづくり

〜キョウイクとキョウヨウのある地域づくり〜

講師:沖縄大学名誉教授、前沖縄大学学長

加藤 彰彦(ペンネーム 野本三吉)さん

歌とリズム体操でリフレッシュ: 医療生協かながわ 

活動事例報告 :

「組合員と職員が一緒につくる診療所」 

川崎医療生協 あさお事業所利用委員会 杉山修三

「しあわせと健康をはこぶ医療生協かながわ原宿支部

〜初めて地区センターで健康チェック 2日間で250人〜」

医療生協かながわ 原宿支部 門倉淳子と運営委員のなかまたち

「買い物応援隊 〜コープ店舗での無料送迎〜」

神奈川みなみ医療生協 岩戸支部

「支部活動の活性化と地域のつながりづくり」

神奈川 北央医療生協 綾瀬支部 笠間栄

「夢をかたちに、そしてちからに」

福祉クラブ生協  副理事長 大谷多佳子

まとめ:

木下 隆成 川崎医療生協 専務理事

後援:

神奈川県 横浜市健康福祉局 東京新聞横浜支局  

毎日新聞横浜支局 読売新聞横浜支局 テレビ神奈川

 

参加からの感想一部抜粋

  • 身近な町内会の活動など、関わっていきたいと思った。
  • 組合員の活動報告は、自分たちのこれからの活動に活かします。
  • まだまだ自分は若いのだ、実年齢の八掛けで元気になりました。
  • 楽しいオープニング、みんなでリズム体操で歌って、身体を動かし、ためになる報告など、参加して良かったです。
前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ