HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2016年5月2日

小田原にて「生産者とみかんの植樹をしよう」を開催しました

3月26日、小田原市根府川にて、「生産者とみかんの植樹をしよう」を開催しました。

組合員と「ジョイファ−ム小田原」の生産者、役職員の約20名が参加し、植樹をとおして生産者との交流を深めました。

 

みかん山の再生を応援!

当組合とジョイファーム小田原が中心となって設立した「小田原食と緑の交流推進協議会」では、「資源循環型農業」「地産地消」を進めることで、持続可能な社会づくりに向けた地域活性化の拠点づくりを目的に、生産者と消費者の相互理解を深める体験交流農場等の各種事業を展開しています。

小田原地域は、以前は一大みかん産地でしたが、近年は農業の担い手が少なくなり荒廃地が増えています。

そういった耕作放棄地をみかん山として再生し、生産者と消費者が交流できる場にしようとみかんの植樹を行いました。

最寄り駅に集まり、会場となるみかん山に向かいました。

到着したみかん山からは海が見える絶好のロケ−ションです。

今回は、早生みかんやレモンなど5種類の樹の植え付けを行いました。

最初に生産者から植え方の手本を見せていただいたあと、生産者とペアになって植え付けを開始。

何本か植え付けが終わるとみなさんコツを覚えてペースが速くなり、当初はひと家族2本の予定でしたが、小1時間程度で準備していた苗をすべて植えることができました

 

詳しくはこちら新ウインドウ

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ