HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2016年2月2日

被爆70年・友の会発足60周年・原爆被災者の会結成50周年記念式典・祝賀会が開催されました

2015年10月は神奈川県原爆被災者の会の前進である神奈川友の会の発足から50年、この1月は神奈川県原爆被災者の会が結成されて50年となります。

1945年8月6日広島、9日長崎。米軍が有史以来実戦で初めて原子爆弾を市民の頭上に投下し、無辜の市民が熱線・爆風そして未知の放射能に悶え苦しみ、亡くなっていきました。あの日から70年が経ちました。更に1954年3月1日ビキニ環礁で水爆実験が行われ第五福龍丸などの多くのマグロ漁船が被爆しました。

翌1955年広島で第1回の原水爆禁止世界大会が開催され、その大会に参加した神奈川の被爆者有志が、その秋の10月に「神奈川友の会」として活動を始めました。1956年8月の日本原水爆被害者団体協議会結成の1年前になります。名前も住所もわからない被爆者をツテを頼りに訪ね歩き、やっと探し当てても、被爆者の口は固く追い返される有り様で、その活動は困難を極めたと記録されています。

その後10年にわたり証言活動・助け合い・世界大会参加など地道な活動を経て、1966年1月23日に友の会の活動の更なる前進を目指して「神奈川県原爆被災者の会」(伊藤会長、井上事務局長、会員1,683人)が結成されました。

日時

2016年1月30日(土)10時〜14時

会場

ワークピア横浜

内容

第一部 記念式典・記念講演会

開会

 

黙祷

 

主催者挨拶:

中村雄子 神奈川県原爆被災者の会会長

来賓挨拶:

黒岩 祐治 神奈川県知事 代理

岩佐 幹三 日本原水爆被害者団体協議会代表委員 

感謝状贈呈:

ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、原水爆禁止神奈川県協議会

受賞者挨拶:

當具 伸一 ユーコープ理事長

中島 洋子 パルシステム神奈川ゆめコープ常任理事

片野 憲二 原水爆禁止神奈川県協議会理事長

記念誌紹介:

被爆者からの遺言

スライド上映:

映像による神奈川県被爆者友の会60年・神奈川県原爆被災者の会50年のあゆみ放映

説明 中村 雄子 神奈川県原爆被災者の会会長

記念講演:

「核兵器廃絶・被爆者援護と平和への思い」

映画製作者 山口 逸郎さん

(2015年の平和行進の東京⇒広島の通し行進者)

閉会

 

 

第二部 祝賀会

主催者挨拶:

佐藤 良生 神奈川県原爆被災者の会副会長

来賓挨拶:

丸山 善弘 神奈川県生協連専務理事

笠木 隆 原水爆禁止神奈川県協議会事務局長

小賀坂 徹 弁護士・馬車道法律事務所

大岩 孝平 (一社)東友会代表理事)

乾杯:

長谷川 倫雄 さがみ生協病院前病院長

来賓紹介:

東 勝廣 神奈川県原爆被災者の会事務局長から

会食懇談

各支部紹介

バンド演奏 歌う9条の会バンドの皆さん

合唱:

合唱指揮:音楽家 吉川 敏男さん

原爆許すまじ、ひとしま平和の歌、長崎の鐘

閉会挨拶:

神宮 弘道 神奈川県原爆被災者の会副会長

 

被爆70年 神奈川県原爆被災者の会結成50年 神奈川友の会発足60年 記念の「被爆者からの遺言 神奈川の被爆者が最後に伝えたいこと」にある、長崎で19歳の時に被爆した前会長の田栗末太さんの「平和なりき被爆後七十年 今後も続け百年千年」をはじめとする被爆者の深い願いを生協はしっかりと受け止めていきます。

なお同日に開催された横浜弁護士会の「人権シンポinかながわ」において、第20回横浜弁護士会人権賞に選ばれた濱田八重子さんと神奈川県原爆被災者の会への贈呈式がありました。おめでとうございます。

 

横浜弁護士会人権賞について(横浜弁護士会HPより)

横浜弁護士会は、横浜市緑区で発生した米軍機墜落事故訴訟弁護団からの寄付をきっかけに、平成4年3月に人権救済基金を設立しました。その有意義な使途のひとつとして、人権擁護の分野で優れた活動をした個人、団体を表彰することにより、人権擁護の輪を広げ、人権の更なる発展と定着に寄与したいと考え、平成8年に横浜弁護士会人権賞を創設いたしました。

☆表彰の対象としている活動は、次のような人権擁護活動をされたものです。

・人権の侵害に対する救済活動

・人権思想の普及・確立のための活動

・その他、人権擁護のための活動

憲法が定める様々な基本的人権の擁護、確立のための活動、特に高齢者・子ども・障がい者・外国人の人権に関する問題、両性の平等に関する問題、消費者問題、公害環境問題など、人権の保障がまだ十分でない状態にある人たちの人権の擁護・確立のための諸活動を行い、優れた功績を挙げた民間の個人、グループ、団体に賞を贈っております。

(なお、この賞の対象者は、県内に住所、事務所を有し、又は県内に主たる活動の本拠をおくものとしますが、その活動が全国的又は国際的な広がりをもつものを含みます。)

 

横浜弁護士会人権賞について詳しくはこちら 新ウインドウ

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ