HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2016年2月2日

2016年福祉クラブ生活協同組合
新年会 ワーカーズ・コレクティブ交流会

〜夢をかたちに、そしてちからに〜

福祉クラブ生協は1989年4月に、組合員数1,020世帯で全国初めての組合員とW.Coと職員でつくる福祉の専門生協として誕生しました。「たすけあいは順番」「おたがいさま」「組合員どうしのたすけあい」として、福祉がまだ措置の時代から、国やシルバービジネスのお世話になるという受け身ではなく、組合員自ら必要なサービスや仕組みを参加型でつくってきました。

毎年の「ふくしまつり」(22会場)は第20回を数え、医療生協等の参加も始まっています。2015年3月現在で、組合員16,415世帯、総事業高38億9,167万円、出資金15億5,640万円との事業規模となっています。

現在2015年〜2019年の第6次5カ年計画において、@新たな地域展開モデルの作成、AW.Coの多様な層の参加促進から社会的価値を高める、B医療分野(団体等)とのネットワークづくり、を活動方針としてその活動を刻んでいます。

今年の新年会・W.Co交流会では、初めて医療福祉生協関係として日本医療福祉生協連、医療生協かながわ、川崎医療生協、神奈川北央医療生協、神奈川みなみ医療生協の皆さんの参加もあり、交流を深めまました。

日時

2016年1月24日(日)14時〜16時30分

会場

横浜市教育会館 4階 ホール

内容

開会

 

主催者挨拶:

村上 芳子 福祉クラブ生協理事長

来賓挨拶:

丸山 善弘 神奈川県生活協同組合連合会専務理事

松本 弘道 日本医療福祉生協連常務理事

山田 洋平 生活クラブ親生会副会長・和高スパイス椛纒\取締役

中村 秀一郎 さんえすクラブ会長・兜l食代表取締役

五十嵐 仁美 生活クラブ生協理事長

乾杯:

豊永 眞知子 神奈川W.Co連合会理事長

中村 久子 NPO法人W.Co協会理事長 

歓談・交流:

 

センター開発消費材
紹介コーナー:

今年度は4つの全センターエリアで消費材開発を行いました。開発消費材の紹介をしました。

複合福祉施設『組合員や地域の方が集う企画』紹介

合唱:

会場全員で手話・合唱 ♪「ビリーブ」

福祉クラブクイズ大会:

嬉しいプレゼントあり

各エリア W.Co紹介:

センター職員紹介:
日吉センター、初山センター、鎌倉センター、藤沢センター

本部職員紹介:

組織部、物流部、総務部

理事・監事・共育協議会・顧問紹介

閉会挨拶:

児玉 英憲 福祉クラブ生協専務理事

閉会

 

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ