HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年8月28日

「日本社会医学会は、最大最悪の社会的健康阻害要因である戦争につながる戦争法案(安全保障関連法案)に反対する」との決議を行いました

「日本社会医学会は、最大最悪の社会的健康阻害要因である戦争につながる戦争法案(安全保障関連法案)に反対する」との決議を行いました

ここに紹介いたします。

 

日本社会医学会は、1960年に創設された社会医学研究会が前身です。

日本公衆衛生学会の研究者の中で、「健康の社会的決定要因」について目を向けようとして設立され、国民の健康と生活の問題や社会とのかかわりを解明し、社会的な予防対策を議論しています。

僻地医療、難病患者、高齢者・障がい者、公害、薬害、職業病など、研究テーマは多岐にわたっています。

今回、「戦争は最悪の健康阻害要因というしかありません」「人間が始める戦争は人間の手で阻止することができます」と平和と命を守るために、一丸となって力を合わせることを呼び掛けています。

 

くわしくはこちらpdf290KB

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ