HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年7月16日

公明党神奈川県議会議員団と2016年度県政要望懇談を行いました

神奈川県生協連は2009年度から、県議会各会派の議員団の皆さまの神奈川県政に関する翌年度の県政政策・予算要望のヒアリングの場に参加をして、県政に対する生協の事業や活動の領域について要望を伝え、懇談を行っています。

当日は冒頭、丸山善弘神奈川県生協連専務理事から渡辺ひとし公明党神奈川県議会議員団副団長に2016年度県政要望書の手交がされ、その後要望内容の説明と懇談が行われました。

 

 

◎取り組みの主旨

(1) 生協の活動領域における要望事項について直接各会派に伝え、2016年度の県政政策及び予算要求などに反映を図っていただくこと。

(2) 生協の事業と活動に対する理解を広げること。

 

懇談相手

公明党神奈川県議会議員団(小野寺慎一郎団長、議員数10名)

 

開催日

2015年7月16日(木) 13時50分〜14時50分

 

会場

神奈川産業振興センター 13階 特別会議室B

 

出席者

公明党神奈川県議会議員団の皆さま

渡辺 ひとし 議員

(公明党神奈川県議会議員団副団長・藤沢市)

谷口 かずふみ 議員

(神奈川県議会教育・社会問題対策特別委員会委員長・大和市)

赤井 かずのり 議員

(平塚市)

亀井 たかつぐ 議員

(神奈川県議会厚生常任委員会副委員長・横須賀市)

 

開会前に

開会前に小野寺慎一郎議員(公明党神奈川県議会議員団団長・神奈川県議会予算委員会副委員長・横浜市旭区)、西村くにこ議員(神奈川県議会経済活性化・産業振興特別委員会副委員長・川崎市川崎区)からご挨拶を頂きました。

また、衆議院の上田勇議員秘書・奈須野文麿様、参議院の佐々木さやか議員秘書・長岡光明様、公明党神奈川県本部の鶴田翔太郎様の皆さまが出席され、神奈川県生協連の県政要望について共有しました。

 

神奈川県生活協同組合連合会

鳥越 恵子

(神奈川県生協連常務理事、ユーコープ理事)

小林 正明

(神奈川県生協連理事、ユーコープ執行役員かながわ県本部長)

鈴木 紀子

(パルシステム神奈川ゆめコープ理事)

田中 國雄

(川崎医療生協理事)

丸山 善弘

(神奈川県生活協同組合連合会 専務理事 )

 

懇談内容

消費者行政、平和、地域格差、福祉、地域包括ケアシステム等

 

要望項目

  1. 食の安全と安心を確保する施策の推進
  2. 消費者行政の充実強化を図る
  3. 健康寿命日本一の神奈川県づくり
  4. 安心して暮らし続けられる神奈川県づくり
  5. 大規模災害対策の強化
  6. 省エネルギーの推進及び再生可能エネルギーの普及 
  7. 原爆の惨禍を2度と起こさせないために

 

2016年度 神奈川県施策に関する要望書 はこちら pdf550KB)

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ