HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年5月22日

おめでとうございます うらがCO-OP 60周年

神奈川県生協連の会員であるうらがCO-OP(飯田祐二理事長、本部:神奈川県横須賀市浦賀6-2-18 うらがCO-OP本部ビル2F)は、この6月13日で創立60周年を迎えました。

浦賀造船所消費生活協同組合の誕生です。以来、幅広い分野で地域に根差した事業と活動をすすめ広げてこられました。

また浦賀生協時代、岩堀三邦氏に多忙ななか1969年5月から1973年7月まで神奈川県生協連の会長職を担って頂いております。

生協誕生から遡る1953年7月30日、当時の労働組合より会社に対して、「職場で働くわれわれに良質で廉価な生活物資を供給し、生活の一助にしたいので消費生活協同組合を会社と協同してつくろうではないか」との申し入れがありました。申し入れを受けた会社は慎重に検討し、申し入れに合意。その後、生協設立のために2年間、会社と労組役員と一緒に先進生協の訪問や、役所関係の折衝を続け、1955年3月15日に労使により第1回発起人会を開催、その後、6回の発起人会を開き、生協設立に関する法的な手続きや事業活動の具体的なことなど連日大変な苦労を重ねられました。

1955年5月17日に開催された創立総会は、会社の従業員倶楽部のホールの板の間にゴザを敷き詰めた会場で開催されたそうです。設立総会は、生協設立に賛成する者2,610名のうち、本人出席219名、委任出席1,532名、合計1,751名の出席により成立し、定款・緒規定・事業計画・収支予算・理事及び監事の選挙・創立時の役員の任期ならびに必要事項について、満場一致で承認され、浦賀造船所消費生活協同組合の誕生となりました。初代理事長は近藤一郎氏でした。

創立した生協は、6月13日に第1号売店をまず開店させました。

 

 

うらがCO-OPの歩みから

1955年

浦賀船渠株式会社の職域生協として設立、第1号売店開店

1956年

大津売店、川間店開店。第1回増資運動 遠隔地組合員のために燃料(木炭・練炭など)重量物の地区別配達を無料で行う

1957年

久里浜海岸売店・鴨居売店が委託店として開店。その後直営へ 指定店取扱い契約

1958年

労働組合の提案により生協牛乳(10円牛乳)始まる 本部店増床 職域生協の互社会(室蘭生協・石川島生協・横浜ゴム生協・トヨタ生協・播磨生協・三井造船生協・生協水光社・足尾銅山三養会生協・日光電気精銅所生協)に加入

1959年

浦賀造船所生活協同組合に名称変更 県市・商店会・生協懇談会

1960年

神奈川県生活協同組合連合会に加入 テレビの長期月賦(20か月)販売開始

1961年

優良生協として厚生大臣表彰

1962年

第1号売店(本部店)大幅増改築 浦賀ドック生活協同組合に名称変更

1963年

浦賀重工生活協同組合と名称変更 組合員家族との懇談会開催(店舗班の原点)

1964年

日本生活協同組合連合会加入

1965年

創立10周年記念式典開催 鴨居店新装開店

1966年

横須賀市、三浦市生協運営協議会開催(県内初) 日本生協連主催職域地域化研究会 大津店新装開店 横浜工場売店閉鎖

1967年

地域化を決定、地域組合員家庭班誕生

1968年

みんなの消費生活展参加 神奈川県知事より優良生協表彰 日本生活協同組合連合会より優良生協表彰

1969年

消費者の酒「銀盃」直売始まる 浦賀生活協同組合に名称変更 「銀盃」酒場が京急浦賀駅横に開店

1970年

地域化が強化さら、家庭班が121班になる

1971年

「くらしと健康を守る」運動として街頭署名

1972年

鴨居店開店 米、酒、牛乳、灯油、CO-OP商品が揃い共同購入、店舗班が活発化

1973年

オイルショック、狂乱物価のため1,500人の大量新規加入 「チリ紙・砂糖・灯油」獲得決起大会 鴨居店直営化

1974年

台風8号により久里浜店、荒巻倉庫大被害 第8回全国生協大会で「優秀賞」受賞

1975年

創立20周年を記念してシンボルマークを決定 第1回組合債で旧浦賀本部店誕生

1976年

地域理事として2名の女性理事誕生、地域総代20名

1977年

浦賀での第1回生協まつり(みかん山グラウンド)

1978年

大津店開店 地域理事4名、地域総代50名に

1979年

津久井浜店開店 住重社員勇退者の地域組合員化の方針 国際児童年「子供いも堀り」大会

1980年

LAS、ABS系有リン洗剤を店頭から追放 コープ商品203品目価格凍結(3/21〜8/20)地域理事5名、地域総代70名に

1981年

長沢店開店(コープかながわとの連帯の店)

1982年

組合員証を改め組合員メダルを発行し常時携帯、出資証券を廃止し組合員出資通帳制に、布製マーク入りのお買い物袋

1983年

職域組合員の結集で職場班が85班誕生 CO-OP火災共済開始

1984年

武山店開店

1985年

浦上台入口店開店 創立30周年 E・O・S導入稼働開始

1986年

地域生協へ(職域生協も組織した)定款変更 産地提携米「一粒」を開発
生協法の改悪と大型間接税導入に反対し、円高、原油値上の還元を求める10・1生協組合員決起集会開催

1987年

津久井浜店、川間店を閉店

1988年

組合員参加で機関紙「うらが」編集委員会発足

1989年

佐久農協で第1回親子キャンプ開催 YES'89横浜博覧会に参加 カルチャー連絡会発足

1990年

ユーコープ事業連合に加入 創立35周年を組合員の手づくりで開催 助け合いの会発足(家事援助中心)

1991年

牛乳パック回収開始

1992年

地域理事8名に 木村農園友の発足

1993年

全店舗で発泡スチロールトレイ回収開始

1994年

第20回協同組合まつり雨天のため午後は中止 合同組合員委員会主催第1回賀詞交歓会

2001年

mamaの広場浦賀店改装開店

2004年

mamaの広場鴨居店新築移転、mamaの広場大津店増床改装開店 武山店閉店

2010年

長沢店改装開店

2013年

久里浜店閉店 神奈川県と地域見守り協定を締結

2015年

60周年を迎えました

   これからも地域に根差した生協として事業活動が進められますように、60周年のお祝いと皆さまのご発展を祈念いたします。

このたびはおめでとうございます。

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ