HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年4月25日

NPT再検討会議・日本生協連代表団の一員として、神奈川県生協連・静岡県生協連・山梨県生協連の皆さまが出国しました

NPT再検討会議開催に向けて、日本生協連の代表団(団長:本田英一(コープこうべ組合長)、92名)は、54名の日本被団協の代表団の現地行動を支援し、核兵器廃絶を国連及び市民に呼び掛けるべく、ニューヨークへ出発しました。

神奈川県生協連・静岡県生協連・山梨県生協連の代表団14名はその一員として、核兵器廃絶の熱い願いを胸に4月24日11時10分発のJL006便に搭乗しました。

 

◎代表団のメンバー:

當具伸一(神奈川県生協連理事・生協ユーコープ理事長)、馬場由美(生協ユーコープ理事)、立川順子(生協ユーコープかながわ県本部組合員)、長澤幸子(生協ユーコープかながわ県本部組合員)、齋藤美枝子(生協ユーコープしずおか県本部組合員)、山本晴美(生協ユーコープやまなし県本部組合員)、石田耕一(生協ユーコープおうちCO-OP沼津センター長)、山田一広(生協ユーコープ政策企画部活動企画課課長)、鈴木紀子(パルシステム神奈川ゆめコープ理事)、海野満(パルシステム神奈川ゆめコープ運営本部機関運営部企画広報課課長)、上田由紀(パルシステム静岡副理事長)、城田喜子(生活クラブ生協・神奈川副理事長)、大久保明美(かわさき生活クラブ生協理事長)、朝見秀秋(神奈川県生協連事務局長)

 ※日本生協連・日本被団協で14グループを形成しますが、そのうち神奈川県の被爆者の皆さまを中心とする5名と一緒に2グループをつくり現地活動を行います。生協ユーコープの馬場由美理事、パルシステム神奈川ゆめコープの鈴木紀子理事がグループリーダーを務めます。

 

◎主な行動予定

4月25日

日本生協連・日本被団協合同結団式、被爆証言活動

4月26日

NGO共同行動集会・デモ

4月27日

原爆展、被爆証言活動

4月28日

原爆展、被爆証言活動

4月29日

原爆展、被爆証言活動

4月30日

ニューヨーク出発

5月1日

帰国

 

神奈川県原爆被災者の会第50回総会

結団式の様子

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ