HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2015年2月13日

2014年度福祉セミナー 開催

福祉セミナーは、神奈川県労働者福祉協議会と神奈川県生活協同組合連合会の共催で毎年開催しています。

このたび介護保険制度が改定されました。生協が今後ますます役割を発揮し地域社会に貢献していくために、改定された内容を確認し、事業や活動に与える影響とその対応について学習しました。

午後は全体交流会として、午前の講義での疑問点やもっと詳しく知りたいことなどをアンケートで集約し、質問等にこたえるかたちで共有を図り、介護保険制度改定についてさらに深めました。

 

日 時

2015年1月25日(日)10時〜15時

会 場

武蔵小杉 ユニオンビル 2階セミナールーム

参加者

200名

出席団体18団体:

神奈川県労働者福祉協議会、生協ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、生活クラブ生協、福祉クラブ生協、神奈川高齢者生協、富士フイルム生協、川崎医療生協、医療生協かながわ、神奈川みなみ医療生協、日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団、いばらきコープ、いわて生協、とちぎコープ、パルシステム連合会、NPO法人ワーカーズコープ夢コープ、日本生協連、神奈川県生協連)

内 容

開会挨拶 神奈川県労働者福祉協議会 柏木 教一会長  

第1部(午前):学習会 

テーマ「介護保険制度改定のポイントとその対応」について

  • 介護保険制度改定と地域包括ケア
  • 介護報酬改定案と事業対応
  • 新しい地域支援事業への対応準備 

講師:日本生活協同組合連合会 組織推進本部 福祉事業推進部 

会員生協支援担当部長 藤田 誠さん

第2部(午後):全体交流会

介護保険制度改定について午前の講義内容をさらに深める


≪参加者の声から≫

 制度改定について

  • 要支援1〜2の利用者にとって、今後公平なサービスが受けられるか大いに疑問を持った。
  • 生協間や諸団体との地域連携の必要性・重要性を感じた。
  • 報酬改定の具体的金額を早く知りたい。

 これから学習したいテーマ

  • 介護保険制度について継続して学習したい。
  • 地域包括ケアシステムについてもっと詳しく知りたい。 
前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ