HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年12月1日

生協の「配食事業」の食数が1日当たり10万食を超えました

日本生活協同組合連合会(略称:日本生協連、会長:浅田 克己)に加盟する全国の生協では、日常生活に必要な買い物に苦労されている高齢者などの「買い物弱者」※を支援するため、福祉の視点を取り入れた配食(夕食宅配)事業と移動販売車を展開しています。このたび、その最新状況がまとまりましたので、ご報告いたします。

※経済産業省の「地域生活インフラを支える流通のあり方 研究会報告書」(2010 年)では、高齢者を中心に、食料品などの日常の買い物が困難な「買い物弱者」は全国で約600 万人に上ると推計しています。

 

「配食事業」は44 都道府県で1日当たり10.2 万食をお届け

  • 配食事業は44 都道府県で49 生協(詳細別紙)が事業展開し、1 日当たり約10.2 万食をお届けしています(10 月末現在)。これは2013 年7 月末の39 都道府県45 生協7.8 万食と比べ、食数で1.3倍に拡大しています。

神奈川県内では、「コープの夕食宅配マイシィ」として、生協ユーコープ(理事長:當具伸一)が2011年8月に川崎市と横浜市で開始して以来、配達エリアを拡大中です。

 お奨めのポイント
  • 「毎日、おいしい、ヘルシー」な夕食をお届けします。
  • 専門のマイシィスタッフがお届けします。(宅配無料)
  • マイシィと一緒にコープで取扱いの人気商品をお届けします。
  • お支払は便利な口座引落しです。
  • 公的機関の「地域見守り」に協力しています。

 

 詳しくはこちら新ウインドウ(ユーコープへ)

   

「移動販売車」は24 道府県で141 台が稼動中

  • 移動販売車は24 道府県で29 生協が141 台を運行しています(11 月6 日現在)。これは2013 年7月末の20 道府県22 生協107 台と比べ、台数で1.3 倍になっています。

 

 詳しくはこちらpdf180MB)

   

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ