HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年11月23日

消費者行政学習会を開催

普通に暮らしていても誰もが被害にあう時代ですが、特に高齢者の被害が増加しています。人が持つ3つの大きな不安・・・「お金」「健康」「孤独」。悪質業者は言葉巧みに、これらの不安をあおり、親切にして信用させ、年金・貯蓄などの大切な財産を狙ってきます。トラブルに遭わないためには、相手の手口を知ることも強力な武器になります。

そして、地域の見守りと消費生活センターとの連携で、被害の予防・拡大防止をはかり、安心で住みよいまちに!それが願いです。

 

日 時:2014年11月22日(土)

会 場:パルシステム神奈川ゆめコープ 2階 会議室

参加者:21名

生協ユーコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、医療生協かながわ、コンシューマーズかながわ、日本生協連、神奈川県消費生活相談員ネットワーク、消費者会議かながわ、神奈川県消費者団体連絡会、神奈川県生協連

次 第:

開会挨拶:松井弘子さん(司法書士・消費者会議かながわ事務局)

報告T 「県内の消費者被害の実情について」

岩澤禮子さん(消費生活相談員・神奈川県消費生活相談員ネットワーク)

「2014年度消費者行政アンケート結果(速報)」

松井弘子さん(司法書士・消費者会議かながわ事務局)

山内潔(神奈川県消費者団体連絡会・消費者会議かながわ事務局)

意見交換・質疑

「2014年自治体訪問について」

山内潔(神奈川県消費者団体連絡会・消費者会議かながわ事務局)

閉会挨拶:丸山善弘(神奈川県生協連専務理事・消費者会議かながわ代表幹事)」

消費者会議かながわとは新ウインドウ

かながわの消費生活はこちら新ウインドウ

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ