HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年11月6日

ユニセフ指定募金「モルディブ指定募金最終報告(要約)について

神奈川県生協連(会長:木下長義)では、ユニセフ活動を支援しています。

神奈川県ユニセフ協会では、2010年10月より第2次指定募金としてモルディブ共和国の「子どもの生存と発達−子どもの栄養不良の予防・治療プロジェクト及び環境教育プロジェクト−」の支援に取り組みました。

5歳未満児の3人に1人が栄養不良という状況の子どもたちを支援し、気候変動による環境変化の影響をまっさきにうけてしまう国に住む子どもたちに、環境教育を実施するプロジェクトです。

ユニセフでは、海面上昇や干ばつ、洪水などの気候変動は、もはや単なる「環境」問題から、子どもの健康や安全に関わる問題として認識しており、開発途上国における環境教育は、ユニセフの支援の中でも先駆的な取り組みとなるものです。

 

指定募金の概要

1.取り組みの名称 : 「モルディブのすべての子どもに栄養と未来を」指定募金

2.指定募金の概要

 

支援国:

モルディブ共和国

 

プロジェクト名:

「子どもの生存と発達」

子どもの栄養不良の予防・治療プロジェクト及び環境教育プロジェクト

 

支援実施期間:

2011年1月〜2013年12月(3年間) 支援総額 350,000 USドル

 

 

このプロジェクトではモルディブの5歳未満の子ども約32,000 人すべてを対象として支援いたします。

ほか、妊婦、母乳育児中の母親、初等教育期の児童、保健員、学校保健員、小学校教員を支援するものです。

皆さまのご支援は主に次のように使わせていただきます

  • 多数の島々に分散している子どもたちの栄養状態等基礎的な調査の実施。
  • 不足の顕著な微量栄養素、ビタミンA、亜鉛製剤の配布。
  • 保健員、母親はじめ保護者への栄養意識啓発と、適切な食事、栄養、衛生習慣の普及促進。また母乳育児の推進。
  • 環境教育教材の普及と、教育のための人材育成。

 

3.啓発・募金活動の取り組み期間

2010年10月1日〜2013年9月30日(3年間)

4.募金目標額 総額  37,500,000円

皆さまのご協力により取り組んできた指定募金に対応する現地の「子どもの生存と発達ー子どもの栄養不良の予防・治療プロジェクト及び環境教育プロジェクトー」の報告(要約)についてご報告いたします。

 

報告(要約)はこちらpdf240KB)

 

くわしくは、神奈川県ユニセフ協会のホームページ新ウインドウ をご参照ください。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ