HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年10月13日

医療生協ではただ今、生協強化月間が元気よく取り組まれています

〜健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。〜

神奈川の医療福祉生協(川崎医療生協、医療生協かながわ、神奈川みなみ医療生協、神奈川北央医療生協)では、全国の医療生協の仲間とともに、全国300万人組合員達成に向けて「2014年度生協強化月間」に取り組んでいます。

医療福祉生協は「消費生活協同組合法(生協法)」にもとづいて設立された生協法人で、医療・福祉事業を中心におこなう生協です。

病院、診療所、老人保健施設、訪問看護ステーション、通所リハビリ、通所介護、訪問介護、居宅介護支援、高齢者住宅等の幅広い事業を展開しています。

組合員は医療や介護が必要な時にこれらの施設を利用するとともに、普段から健康づくりや助け合いを通じ安心してくらしつづけられるまちづくりにとりくんでいます。

 

◎医療福祉生協の理念

 健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。

 そのために

 地域まるごと健康づくりをすすめます。

 地域住民と医療や福祉の専門家が協同します。

 多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。

私たち医療福祉生協は、日本医療福祉生活協同組合連合会の設立趣意書をもとに、憲法25条(生存権)や9条(平和主義)、13条(幸福追求権)が活きる社会の実現をめざします。

私たちの使命は、地域まるごと健康づくりをすすめることです。

○私たちは、医療や福祉の事業、健康づくりやまちづくりの運動を通じて、平和や社会保障の充実を求める運動や環境へのとりくみをまちぐるみで総合的に進めます。

私たちは、地域住民と医療や福祉の専門家が協同する組織です。

○私たちの組織の最大の特徴は、ともに組合員として生協を担う地域住民と医療や福祉を担う専門職がそれぞれ主体者として協力しあうことにあります。その優位性を事業と運動の全ての場面で活かすことを大切にします。

私たちは、多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。

○私たちは、ICA原則にある「コミュニティへの関与」をもとに、地域の中に協同の“わ”を広げることを重視し、国際連帯の活動にとりくみます。

 

 

神奈川の医療福祉生協はこちら

医療生協の組合員になって、自分や家族の健康づくり、そして地域まるごと健康づくりをご一緒にすすめませんか。

 

「医療生協かながわ」の月刊ニュースはこちらpdf380KB) 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ