HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年10月6日

核兵器廃絶のためのオンライン署名、始めました

神奈川県生協連では、核兵器も戦争もない平和な未来を子どもたちに手渡すために、平和首長会議が呼び掛けている核兵器廃絶のための署名活動に取り組んでいます。

広島・長崎の街は、69年前の8月6日8時15分そして8月9日11時2分に市民の頭上に投下された、無差別大量殺戮兵器である原子爆弾によって破壊しつくされ、多くの尊い命が奪われました。生協ではこうした悲劇を二度と繰り返さないために、被爆されたみなさんの想いや願いを受けとめて、平和と核兵器廃絶の実現のための取り組みを広げてきました。

来年2015年は原爆投下から70年という節目の年になります。これに向けて、神奈川県生協連は行政と連携しながら全国の生協とともに「核兵器禁止条約」の早期実現をめざした署名活動を呼びかけています。

「核兵器禁止条約」とは、核兵器の製造、保有、使用等を全面的に禁止する条約です。核兵器廃絶を実現するための最も効果的な方法は、世界の全ての国が「核兵器禁止条約」を締結することです。唯一の被爆国である日本や各国政府が「核兵器禁止条約」締結に向けた交渉を即時に開始し、全ての都市、全ての人間への戦争による攻撃をやめるよう、この署名で求めています。

皆さまにご協力いただいた署名は、来年、広島市長がニューヨークの国連本部に提出します。

核兵器削減に向けた国際条約の一つに、核不拡散条約(NPT)があります。2015年は、5年に一度の核不拡散条約再検討会議(NPT再検討会議)が開催されます。次の会議はさらに5年後ですから、その時に被爆者のみなさんがもう一度参加できるかはわかりません。来年のNPT再検討会議で、核兵器廃絶の道筋をつけ、そのことを被爆者の皆さんに報告できるよう私たちは努力したいと思います。

 

核兵器廃絶の道筋 署名活動等による世論の高まり 日本政府や各国政府を動かす 核兵器禁止条約締結に向けた交渉開始 核兵器禁止条約の締結 核兵器のない平和な世界の実現

このたび、より多くの皆さんから署名を寄せていただく機会をつくるために「オンライン署名」の仕組みをつくりました。

核兵器廃絶のためのオンライン署名はこちら

※この署名サイトはジオトラストによって安全性が確保されています。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ