HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年6月30日

毎年7月の第1土曜日は「国際協同組合デー」

協同組合はすべての人々のための持続可能な発展を実現します

 

国際協同組合デーは、毎年7月の第1土曜日に、世界の協同組合に携わる人々が、平和とより良い生活をめざして協同組合の前進を誓い合う日です。

この国際協同組合デーは、1922年に国際協同組合同盟(ICA)で定められ、以来、世界各国でさまざまな祝典、講演会、音楽会などのイベントが行われています。また、1995年のICA設立100周年に際し、国連も同日を「協同組合の国際デー」と認定しました。

 

日本協同組合連絡協議会(JJC)

日本の国際協同組合同盟(ICA)加盟組織がつくる全国組織として、日本協同組合連絡協議会(JJC=Japan Joint Committee of Co-operatives)があります。

国内の協同組合間の連携や、世界の協同組合との連携強化を図ることを目的に、1956年に設立されました。ICA総会などへの参加をはじめ、協同組合の国際活動に伴う連携・協力などの活動を進めています。

 

国際協同組合年記念協同組合全国協議会(IYC記念全国協議会)

2012年の国際協同組合年に向けて2010年から活動してきたIYC全国実行委員会は、協同組合の価値や現代社会で果たす役割を広く社会に知らせる取り組みや、協同組合運動の発展に向けた取り組みなど、多様な活動を行いました。

IYC記念全国協議会は、IYC全国実行委員会が掲げた目的を継承した、協同組合組織等でつくる協議会です。協同組合の価値や協同組合が果たす役割などについて、さらに多くの人々に認知されるように取り組みを行うとともに、異種の協同組合が連携することに新たな価値を生み出し、協同組合運動を促進することを目的としています。

 

第92回国際協同組合デー 記念資料はこちら pdf4.6MB)

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ