HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年5月31日

神奈川高齢者生協 ケアステーションたむら 10周年

神奈川高齢者生協(理事長:桑原龍太、横浜市中区 電話045-663-8825)は、ケアステーションたむらの開所10周年の祝賀会を行いました。10周年を迎え気持ちを新たに、地域の高齢者にとって頼られる拠点として成長をしていきます。

神奈川高齢者生協について詳しくはこちら新ウインドウ

 

◎沿革:

2004年2月にケアステーションたむら(訪問)として開設、同年6月にケアステーションたむら(通所)を開始。2009年4月にはケアステーションたむら通所介護事業所に名称変更。

 

◎記念式典・懇親会

開催日:2014年5月25日(日))

落合克宏平塚市長、大藏律子前平塚市長をはじめ、たむらデイ開所当時の責任者=労協センター事業団の中村旬様にもご参加頂きました。

当日の参加者は100名。お天気に恵まれ、式典・懇親会もアコーディオンの音色と共になごやかに盛大に行われました。

 

 

ケアステーションたむら10周年実行委員長の福島とみ子さんは、「たむらは介護保険事業(訪問、デイ、居宅)だけでなく、孫の手、移送事業も始めました。開所当時から組合員活動のパワリハクラブでは、健康作りとしてデイの休日や夜間を利用して、パワリハ運動に励んでいます。

5〜6人のグループに分かれて運動後、おしゃべりにも花を咲かせて楽しく続けています。

介護保険制度もたびたび改正されていますが、これからもたむらが地域の高齢者にとって頼られる拠点になって行きたいです。」とお話されました。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ