HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2014年5月30日

本格的な高齢者社会の到来に向けて、地域活性化のヒントとなる「高齢者の社会参加と私の健康、地域の元気」をテーマに公開学習・講演会を開催

神奈川県生活協同組合連合会は、高齢者の社会参加と健康、地域の活性化をテーマに、公開学習・講演会を開催しました。

現在の貧困には「経済的な貧困」のほかに、「人間関係の貧困」があるとの指摘があります。

高齢者の社会参加とは、関係づくりのことです。「人間関係を貧困にしない」ということです。この事は、高齢者自身の生きがいや、体・心の健康の保持だけでなく、頭、例えば認知症の進行を遅らせたりする働きがあるといわれています。

また地域社会への役立ち、例えば孤立の防止、地域福祉や幅広い世代の交流など、個人にとっても社会にとってもすばらしいことだと報告がされており、実は今、大きな関心と期待が寄せられています。

そこで今回は、「社会参加と私の健康、地域の元気」の切り口から話しを深めていくこととしました。

これまで毎年この時期に、地域において人と人とのつながりや助け合いの大切さとを色々な角度から確認しながら、自分たちで何が出来るかを考え・共有する場として公開学習・講演会を開催してきました。今年度は、実行委員会(実行委員長:阿部黎子(神奈川北央医療生協))により準備を重ね、開催しました。

名称

神奈川県生協連医療部会生協神奈川エリア大学習会

テーマ:「輝くいのち 未来へつなげ」

日時

2014年5月29日 13時30分〜16時30分(開場:13時)

会場

横浜市男女共同参画推進協会 横浜(フォーラム)  横浜市戸塚区上倉田町435-1

参加人数

326名

内容

基調講演:「社会参加と私の健康、地域の元気」

東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健健康チーム

鈴木 宏幸 博士

笑いヨガ

活動事例報告

川崎医療生協 組合員さんが気軽に相談できる地域包括支援センターとは

医療生協かながわ 平塚地域の健康診断30%達成の取り組み 

神奈川みなみ医療生協 健康づくりチャレンジ 

神奈川北央医療生協 健康づくり無限のサイクル 

パルシステム神奈川ゆめコープ くらし助け合い ゆいねっとの活動

生協ユーコープ  キッズ体験企画

まとめ:藤谷惠三(日本医療福祉生協連合会専務理事)

 

基調講演 鈴木宏幸博士

 

 

 

会場のようす

 

笑いヨガ

 

活動報告

神奈川北央医療生協

パルシステム
神奈川ゆめコープ

生協ユーコープ

 

医療生協かながわ

神奈川みなみ医療生協

川崎医療生協

 

司会
神奈川みなみ医療生協
秋田直樹専務理事
斎藤崇部長

開会の挨拶
阿部黎子実行委員長

まとめ
日本医療福祉生協連
藤谷惠三専務理事

閉会の挨拶
北央医療生協
水谷清一専務理事

 

実行委員長の挨拶

pdf66KB
前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ