HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2013年2月13日

北朝鮮の核実験実施に対し強く抗議します

朝鮮中央通信は、2月12日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が「同国北部で3回目となる地下核実験を実施し成功した」と発表しました。「平和的な衛星打ち上げの権利を乱暴に侵害した米国の暴悪非道な敵対行為に対処し、国の安全と自主権を守るための措置の一環」としています。また北朝鮮外務省は、「今回の核実験は1次的対応措置。米国が最後まで敵対的なら2次、3次対応まで続けなければならない」との談話も発表しています。

今回の核実験は、2006年10月9日、2009年5月25日に続く3回目で、朝鮮中央通信は「爆発力が大きく、小型化、軽量化し、高い水準で安全で完璧に実行した」としています。

 

核実験の強行は、被爆者をはじめとする世界の人々の核兵器廃絶を求め世界平和を願う気持ちを踏みにじる行為であり、断じて許されるものではありません。私たちは、国際社会の全面的な反対を無視し、強引にミサイル発射や核兵器開発等の政策を推し進める姿勢が、世界の平和と安全の構築を脅かす取り返しのつかない事態につながることを強く危惧するものです。

 

私たちは被爆国民として、これまで「核兵器のない世界」の実現を願い世界の平和を目指す取組みを続けてきました。被爆地からの核実験の中止の要請や国際社会の強い制止があったにもかかわらず、3回目の核実験を強行した今回の暴挙には強い憤りを覚えます。また今回の実験は、明らかに国連安保理決議に違反しており、北東アジアの緊張を高め、世界の平和と安全への脅威となるものです。

改めて北朝鮮に対しては、一切の核実験を中止するとともに、核保有を外交手段とすることなく、ただちにすべての核兵器を廃棄し、国際社会における核軍縮・不拡散体制の取組に真摯に従うことを強く求めます。

 

私たちは、北朝鮮そしてこの間アメリカ合衆国が続けている新型核性能実験も含めて、全ての核保有国が世界平和を願う地球上の全ての人々の声に真摯に耳を傾け、一切の核実験、核兵器性能の維持・向上をめざす実験及び核開発行為を中止することを、声を大にして求めます。そして両国が率先して核兵器の廃絶に向けて誠実で具体的な施策を取ることを強く要請します。

 

神奈川県生協連は、これからもすべての核兵器の廃絶を願い、核実験の中止と核兵器廃絶を強く求めていきます。

 

2013年2月13日
神奈川県生活協同組合連合会
会長 木下 長義

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ