HOME > ニュース > 過去のニュース一覧

文字サイズ 大きくする 普通

2012年2月5日 16時

2012年国際協同年東日本大震災対策ニュース <93号>

一人は万人のために、万人は一人のために

巨大地震そして大津波と未曾有の大災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

発災からはや11か月にならんとしています。福島県内では約15万7千人が避難生活の中で2012年を迎えました。

東日本大震災について

我が家を離れて避難をされている方

内閣府発表(1月12日現在)で47都道府県1,211市区町村に337,819人。その内訳は、避難所(公民館・学校等)613人、旅館・ホテル149人、親族・知人宅17,256人、住宅等(公営・仮設・民間・病院含む)319,801人。神奈川県内には2,852人です。

仮設住宅

1月23日現在で52,182戸(岩手県13,984戸、宮城県22,095戸、福島県15,788戸、茨城県10戸、千葉県230戸、栃木県20戸、長野県55戸)が完成しています。

 

警察庁、2月3日現在 被害状況と警察措置より(4月7日〜9月10日発生の地震被害を含む)

死者/死者12道都県1万5,846人(宮城県9,508人、岩手県4,667人、福島県1,605人、茨城県24人、千葉県20人)

行方不明/行方不明6県3,320人(宮城県1,778人、岩手県1,322人、福島県216人)

負傷者/負傷者20道都県6,011人。

建物関係被害

建物全壊128,547戸、建物半壊243,217戸、建物全半焼281戸、床上浸水17,806戸、床下浸水15,249戸、一部破損672,395戸、非住家被害56,786戸。道路損壊3,918ヵ所、橋梁被害78ヵ所、山崖崩れ205ヵ所、堤防決壊45ヵ所、鉄軌道29ヵ所。

火災/12都県で286件発生。

余震の回数/(1月10日現在)最大震度6強が2回、6弱が2回、5強が10回、5弱が30回、4は175回。

農林水産業への直接被害

農林水産省発表(8月1日現在)で、総額2兆2,673億円(水産関係1兆2,298億円、農業関係8,412億円、林野関係1,963億円)。

被害額の推計(内閣府防災担当が6月24日に発表)

総額約16兆9千億円(建物等約10兆4千億円、ライフライン施設約1兆3千億円、社会基盤施設約2兆2千億円、農林水産関係約1兆9千億円、その他約1兆1千億円)です。阪神・淡路大震災の被害額推計は、約9兆6千億円でした。

ボランティア活動の状況

1月10日現在の災害ボランティアセンターは、岩手県24ヶ所、宮城県11ヶ所、福島県30ヶ所、これまで災害ボランティアセンターの紹介によりボランティア活動をされた方は(12月25日現在)約895,200人、内訳は岩手県約320,100人、宮城県約433,400人、福島県約141,700人です。

 

神奈川の各生協は、全国の生協と連携を取りながら、長期に渡る被災地支援をすすめています。災害の前では1人では何も出来ないが、人との繋がりが何よりも支えになり力になる! 一人ひとりが 出来る事をみんなで 力を合わせて 大きな力に 悲しみを乗り越えて 一歩ずつ がんばろう!

 

◎ コープかながわ

東日本大震災ニュース21号

拡大判pdfで見るpdf551KB)

 

◎ 横浜市国際交流協会

いざそのとき!外国人を災害「弱者」としないために 〜災害への対応を外国人と共に考える〜 

大地震等の災害に際して、外国人は防災対策上「災害弱者」とされていますが、どのような点で「弱者」であり、どのような支援が必要なのでしょうか。本セミナーでは、外国人への災害支援の経験者をファシリテーターに迎え、災害時に外国人が置かれる立場を理解します。また、横浜に住む外国人当事者の声を聞きながら、災害への対応をみなさんとともに考える機会としたいと思います。

横浜市の防災体制や、当協会が横浜市との協定によって設置・運営を行う「横浜市外国人震災時情報センター」についても情報提供します。

拡大判pdfで見るpdf551KB)

 

◎ 横浜市瀬谷区社会福祉協議会

釜石市は岩手県の南東部に位置し、東日本大震災では壊滅的な被害を受けました。

今回、釜石市から地域福祉関係者の方々をお招きし、津波によって大切な人や場所を奪っていった様子などを当日の映像なども使いお話いただきます。また、震災から現在までの生活や活動状況などについても、被災者であり支援者だからこそ伝えることのできるお話があると思います。

今一度、震災が私たちに与えた影響について一緒に考えてみませんか。

釜石からのメッセージ

拡大判pdfで見るpdf236KB)

 

 

 

食べて応援しよう 食べて応援しよう

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ