HOME > ニュース > 過去のニュース一覧

文字サイズ 大きくする 普通

2011年12月6日 10時

東日本大震災対策ニュース <88号>

一人は万人のために、万人は一人のために

巨大地震そして大津波と未曾有の大災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

東日本大震災について

警察庁、12月1日現在 被害状況と警察措置より(4月7日〜9月10日発生の地震被害を含む)

死者/12道都県 1万5,840人

行方不明/6県 3,547人

負傷者/20道都県 5,951人

検視を終えた死因の90.5%が水死。身元が確認者のうち65歳以上の高齢者が55.7%を占めています。

建物関係被害

建物全壊 121,688戸、建物半壊 198,760戸、、一部破損 615,277戸。

火災/12都県で287件発生。

2011年東日本大震災について 緊急災害対策本部資料より

余震の回数/(9月16日現在)最大震度6強が2回、6弱が2回、5強が8回、5弱が29回、4が161回。

我が家を離れて避難をされている方

内閣府発表(11月17日現在)で328,903人。うち避難所(公民館・学校等)777人です。

農林水産業への直接被害

農林水産省発表(8月1日現在)で、総額2兆2,673億円(水産関係1兆2,298億円、農業関係8,412億円、林野関係1,963億円)。

被害額の推計(内閣府防災担当が6月24日に発表)

総額約16兆9千億円(建物等約10兆4千億円、ライフライン施設約1兆3千億円、社会基盤施設約2兆2千億円、農林水産関係約1兆9千億円、その他約1兆1千億円)です。阪神・淡路大震災の被害額推計は、約9兆6千億円でした。

国・公共団体による被災地への職員派遣

国家公務員(11月21日現在、自衛官等は含まず):延べ63,600人、地方公務員(10月1日現在、消防・警察等は含まず:)延べ73,802人、警察(12月2日現在):延べ801,300人、消防(6月6日現在):延べ104,093人、海上保安庁(12月5日現在):巡視船艇延べ10,404隻、航空機延べ3,300機、特殊救難隊等延べ2,492人、自衛隊(12月5日現在):延べ10,650千人、航空機延べ50,359機、艦艇延べ4,872隻。

ボランティア活動の状況

10月31日現在の災害ボランティアセンターは、岩手県24ヶ所、宮城県12ヶ所、福島県34ヶ所、これまで災害ボランティアセンターの紹介によりボランティア活動をされた方は(10月23日現在)約809,800人、内訳は岩手県約285,100人、宮城県約409,200人、福島県約115,500人です。

 

神奈川の各生協は、全国の生協と連携を取りながら、長期に渡る被災地支援をすすめています。災害の前では1人では何も出来ないが、人との繋がりが何よりも支えになり力になる! 一人ひとりが 出来る事をみんなで 力を合わせて 大きな力に 悲しみを乗り越えて 一歩ずつ がんばろう!

 

◎ 医療生協かながわ

震災復興ニュースNo.50より

PDFで見る PDFファイルが開きます(500KB)

復興ニュース 50号

 

◎ 全労済神奈川県本部

東日本大震災被災受付件数・支払金額  
総計1,062億6,903万円に(11月28日現在)

 

支払い件数

支払い金額

北日本

122,406件

66,262,634,279円

東日本
うち神奈川県

103,732件
2,618件

36,827,884,035円
989,938,851円

中日本

3,204件

1,147,746,170円

西日本

494件

119,587,787円

その他

2,753件

1,248,285,856円

総合計

232,589件

105,606,138,127円

※火災共済・自然災害共済を合算しています。

傷害費用共済金

支払い件数

組合員死亡

家族死亡

神奈川

1件

1,200,000円

 

1,200,000円

その他

279件

246,000,000円

415,700,000円

661,700,000円

総合計

280件

247,200,000円

415,700,000円

662,900,000円

 

 

◎ 日本医療福祉生協連

医療福祉生協連の人的・物的支援の状況 (11月30日現在)

☆ 医療福祉生協連 東日本大震災義援金

82医療福祉生協・個人・事業者から約1億2千6百万円が寄せられています。

いただいた義援金のうち、これまでに、累計約1億1千5百万円を被災地域の地方自治体へお贈りいたしました。

史上初めてという規模で広範に被害を受けた今回の大震災の復旧には長期にわたる取組みと莫大な金額が必要となることから、医療福祉生協連と各地の医療福祉生協は、今後も義援金募金に取り組みます。皆さまの温かいご支援とご協力をお願いします。

☆ 人的支援:57医療福祉生協

活動内容

坂総合病院(宮城県災害拠点病院)と近隣避難所での医療支援活動

宮城県松島町での医療支援活動、近隣避難所支援活動

宮城県柴田町での高齢者入浴支援活動、近隣避難所支援活動

岩手県大船渡市臨時診療所での医療活動、仮設住宅訪問活動

主な支援職種と種類(延べ人数):医師120名(うち歯科医師5名)、看護師・保健師:173名(うち保健師2名)、薬剤師7名、理学療法士14名、放射線技師11名、介護福祉士7名、検査技師5名、事務職員155名

☆ 物的支援:64医療福祉生協

支援内容/トラック配送66便 約220トン 約68万点

主な支援物資/水20トン、野菜5トン、軽油3.1トン、重油0.6トン、灯油2.3トン、ガソリン、毛布3,600枚、タオル8,000枚、高齢者用おむつ7,000枚、経管経腸栄養剤(エンシュア・ラコール)1,200本、マスク27万枚、歯ブラシ3,000本、カイロ2.3万個、医療材料・医薬品

そのほか、側溝の清掃、泥出しなどのボランティア活動、仮設住宅での閉じこもり予防・巡回見守り活動、「ようこそ!福島の子どもたち」サマーキャンプの取り組み、放射線量測定の取り組み、生産者支援の取り組みなど

 

 

食べて応援しよう 食べて応援しよう

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ