HOME > ニュース > 過去のニュース一覧

文字サイズ 大きくする 普通

2011年9月23日 15時

東日本大震災対策ニュース <80号>

一人は万人のために、万人は一人のために

巨大地震そして大津波と未曾有の大災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

9月22日現在、警察庁のまとめによる地震(4月7日〜9月10日発生の地震被害を含む)被害者は、死者12道都県1万5,805人(宮城県9,473人、岩手県4,662人、福島県1,604人)、行方不明6県4,040人(宮城県2,141人、岩手県1,654人、福島県241人)、負傷者20道都県5,927人。検視を終えた死因の90.5%が水死。身元が確認者のうち65歳以上の高齢者が55.7%を占めています。

建物関係被害は、建物全壊117,510戸、建物半壊177,537戸、建物全半焼284戸、床上浸水11,588戸、床下浸水13,665戸、一部破損590,251戸、非住家被害47,313戸。道路損壊3,559ヵ所、橋梁被害77ヵ所、山崖崩れ197ヵ所、堤防決壊45ヵ所、鉄軌道29ヵ所。

火災は、12都県で287件発生。余震の回数は(9月16日現在)最大深度6強が2回、6弱が2回、5強が8回、5弱が29回、4が161回。

我が家を離れて避難をされている方は、内閣府発表(9月8日現在)で47都道府県に74,900人。その内訳は、避難所(公民館・学校等)3,439人、旅館・ホテル6,411人、親族・知人宅17,681人、住宅等(公営・仮設・民間・病院含む)47,369人。神奈川県内には1,492人です。

農林水産業への直接被害は、農林水産省発表(8月1日現在)で、総額2兆2,673億円(水産関係1兆2,298億円、農業関係8,412億円、林野関係1,963億円)。

内閣府防災担当が6月24日に発表している東日本大震災における被害額の推計は、総額約16兆9千億円(建物等約10兆4千億円、ライフライン施設約1兆3千億円、社会基盤施設約2兆2千億円、農林水産関係約1兆9千億円、その他約1兆1千億円)です。阪神・淡路大震災の被害額推計は、約9兆6千億円でした。

ボランティア活動の状況としては、9月13日現在の災害ボランティアセンターは、岩手県24ヶ所、宮城県12ヶ所、福島県34ヶ所、これまで災害ボランティアセンターの紹介によりボランティア活動をされた方は(9月11日現在)約738,500人、内訳は岩手県約243,100人、宮城県約384,500人、福島県約110,000人です。

神奈川の各生協は、全国の生協と連携を取りながら、長期に渡る被災地支援をすすめています。

 

災害の前では1人では何も出来ないが、人との繋がりが何よりも支えになり力になる!

一人ひとりが 出来る事をみんなで 力を合わせて 大きな力に 悲しみを乗り越えて 一歩ずつ がんばろう!

 

◎ 逗子市教育委員会

大学提携専攻講座 被災地のいま「奇跡のボランティア組織」に学ぶ復興

pdfで見る(442KB)

被災地のいま、奇跡のボランティア組織

 

 

◎ 日本医療福祉生協連

東日本大震災の第2次義援金(6千万円)を10自治体に贈呈

日本医療福祉生協連は、全国の81医療福祉生協と組合員から寄せられた義援金約1億2千万円(9月1日現在)のうち、第一次配分(5千5百万円:4月に贈呈済)に引き続き、第2次配分として、青森県・茨城県に各1千万円、岩手県・宮城県・福島県に各5百万円、青森県八戸市・岩手県盛岡市・大船渡市・宮城県東松島市に各5百万円、同山元町に2百万円+扇風機(400台)の合計約6千万円(扇風機代含む)を、8月〜9月に、医療福祉生協連の煖エ会長理事、藤谷専務理事、各常任理事とそれぞれ地元の医療福祉生協とでお伺いしお渡ししました。(茨城県は9/29の予定)

また、これまでに、上記の義援金以外に、医療福祉生協連と各地の医療福祉生協が「見舞金(支援金)」として、被災地の医療福祉生協の支援のために拠出した合計6千5百万円をお渡ししておりますので併せて報告します。

<これまでの義援金・見舞金(支援金)の配分先と金額>

(1) 義援金:第2次配分先は、被害が大きい会員生協の所在する自治体及び会員生協が支援に入っている自治体です。

青森県:1,000万円、茨城県1,000万円、八戸市:500万円、盛岡市:500万円、山元町:200万円+扇風機400台、大船渡市:500万円、東松島市:500万円
第1次の追加分:福島県:500万円、宮城県:500万円、岩手県:500万円
合計:6,000万円

(2) 第1次見舞金配分先(2011年度第2回理事会の決定にもとづき、8月31日に送金済)

松島医療生協:1,500万円、みやぎ県南医療生協:100万円、福島医療生協:1,600万円、福島中央市民医療生協:500万円、郡山医療生協:1,600万円、浜通り医療:1,200万円
合計:6,500万円

(3) 義援金:第1次配分先(4月下旬にお渡し済)

岩手県:1,000万円、宮城県:1,000万円、福島県:1,000万円、宮城県松島町:500万円、同柴田町:500万円、福島県福島市:500万円、福島県郡山市:500万円、同いわき市:500万円
合計:5,500万円

(4) 第1次支援金配分先(3月下旬にお渡し済)

松島医療生協・みやぎ県南医療生協・福島医療生協・福島中央市民医療生協・郡山医療生協・浜通り医療生協に各100万円
合計:600万円

■以上(1)〜(4)の合計金額:1億8千600万円

●引き続き東日本大震災の義援金にご協力ください

津波被害地域、放射線被ばく地域ともにまだまだ長期的な支援が必要なことから、引き続き義援金募金を呼びかけます。どうか皆様の温かいご協力を今後もよろしくお願い致します。

詳しくは、http://www.hew.coop/2011/03/4127.html 新しいウインドウが開きます をご参照ください。

 

 

食べて応援しよう 食べて応援しよう

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ