HOME > ニュース > 過去のニュース一覧

文字サイズ 大きくする 普通

2011年9月5日 12時

東日本大震災対策ニュース <73号>

一人は万人のために、万人は一人のために

巨大地震そして大津波と未曾有の大災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

発災から半年近くが経過しています。9月4日現在、警察庁のまとめによる地震(4月7日、11日、12日の地震被害を含む)被害者は、死者12道都県1万5,763人(宮城県9,440人、岩手県4,654人、福島県1,603人)、行方不明6県4,282人(宮城県2,285人、岩手県1,748人、福島県245人)、負傷者20道都県5,924人。

建物関係被害は、建物全壊115,803戸、建物半壊159,342戸、建物全半焼284戸、床上浸水11,610戸、床下浸水13,673戸、一部破損553,501戸、非住家被害46,478戸。道路損壊3,559ヵ所、橋梁被害77ヵ所、山崖崩れ197ヵ所、堤防決壊45ヵ所、鉄軌道29ヵ所。

我が家を離れて避難・転居をされている方は、内閣府発表(8月11日現在)で全ての都道府県に8万3,099人です。

農林水産業への直接被害は、農林水産省発表(8月1日現在)で、総額2兆2,673億円(水産関係1兆2,298億円、農業関係8,412億円、林野関係1,963億円)。

内閣府防災担当が6月24日に発表している東日本大震災における被害額の推計は、総額約16兆9千億円(建物等約10兆4千億円、ライフライン施設約1兆3千億円、社会基盤施設約2兆2千億円、農林水産関係約1兆9千億円、その他約1兆1千億円)です。阪神・淡路大震災の被害額推計は、約9兆6千億円でした。

神奈川の各生協は、全国の生協と連携を取りながら、長期に渡る被災地支援をすすめています。

 

災害の前では1人では何も出来ないが、人との繋がりが何よりも支えになり力になる!

一人ひとりが 出来る事をみんなで 力を合わせて 大きな力に 悲しみを乗り越えて 一歩ずつ がんばろう!

 

◎ かながわ金太郎ハウス

「かながわ金太郎ハウス」体験レポート

岩手行きボランティアバスの活動拠点となっているのは、神奈川県民による被災地ボランティア活動の拠点として、神奈川県が岩手県遠野市に「かながわ東日本大震災ボランティアステーション遠野センター」、愛称「かながわ金太郎ハウス」(岩手県遠野市大工町10-10遠野浄化センター内 JR釜石線遠野駅から徒歩10分)を設営しています。7月24日に開所式が行われ、活動開始。

施設: [本館棟]ユニットハウス2階建(延べ床面積208平方メートル)(男女別広間3室・寝具一式付・定員数40名/食事スペース/トイレ・シャワー・洗面所/事務室)[多目的棟]ユニットハウス平屋(延べ床面積104平方メートル)(打合せスペース/倉庫等)

開設期間:平成23年7月24日(日)〜平成25年3月31日(日)予定

その施設を体験した様子が紹介されています。

http://ksvn.jp/news/before_borabus12023.html 新しいウインドウが開きます をご参照ください。

 

 

◎ 神奈川災害ボランティアネットワーク

かながわ東日本大震災ボランティアステーション第1回学習会
「災害ボランティアの心構え」

3月11日の東日本大震災から半年が経とうとしています。神奈川災害ボランティアネットワークでは5月より被災地支援のボランティアバス派遣を積極的に推進し、多くの神奈川県民を被災地のボランティア活動に参加する機会を作り出してきました。そして、被災半年後以降のボランティア活動のあり方を考えるために連続した学習会を開催することになりました。 

第1回は、「災害ボランティアの心構え」の著者である村井雅清氏をお招きし、災害ボランティアについてお話を伺います。

◆災害ボランティアの心構え

3月11日に発生した東日本大震災は被害が広範囲にわたっており、復興・復旧に向けてボランティアにかかる期待も大きい。被災地ではさまざまなニーズがあり、それに応えられるのは、多様性を持ったボランティアしかいないのだ。ボランティアはどのように被災者と向き合っていけばよいのか・・・世界各地で災害からの復興に携わってきたベテラン・ボランティアが、ボランティア活動の本質を説き明かす。

村井雅清氏(神戸市兵庫区のNPO被災地NGO恊働センター代表)

阪神大震災までは、長田区で靴の製造を行い、生涯、靴作りに専念しようと思っていが、震災で工場が壊滅し震災で被災を受けた人を手助けするうちに本来、ボランティアとは無縁の人間がいつしか、被災をまのあたりに受けて「何が出来るかということを自らを問うた」といい、その後仕事をやめて現在のNGOを主宰。これまでも世界で起きた地震の被災地にはすべて赴き支援活動を展開し、アフガンにも農業自立支援プロジェクトを立ち上げて、息の長い活動を展開している。無論、国内の自然災害についての支援も行っており、幅の広いネットワークと斬新かつ、時、場所、人に即応する救援の活動を日々行っている。東日本大震災においても被災地支援の活動を積極的に推進している。

第1回学習会「災害ボランティアの心構え」概要

日時:9月13日(火)18:00〜20:00

参加費:無料

会場:神奈川県民サポートセンター402号室

定員:80名(先着順)

お申込み:お申し込みは、http://ksvn.jp/news13100.html 新しいウインドウが開きます の登録フォームから。

フォームが開けない方は、タイトルを「9月13日学習会参加希望」とし、名前、メールアドレス、登録ID(わかれば)を記載してinfo@ksvn.jpへお申し込みください。

お問い合わせ:このイベントに関するお問い合わせも、上記アドレスにお願いします。

 

 

◎ かながわ災害ボランティアネットワーク

<募集>冬物の上着を大募集!『ぽかぽかプロジェクト』

お家のタンスに眠っている上着はありませんか? 津波や原発災害ですべてを無くし、避難所や仮設住宅で生活をされている方に、これからの冬の季節に向けて、心も体も温めていただけるようにと、上着を集めて送るプロジェクトがスタート!ぜひあなたもタンスや衣装ケースをチェックしてみて!集まった衣類は、福島市内各地、仮設住宅等に送付予定。(送付先は増える可能性有り)

【募集するもの】

大人男女用、子供男女用の上着、アウター各種(冬季に屋外、屋内で衣類の一番上に羽織るもの)

コート、厚手のジャケット、ダウンジャケット、ジャンパー、ブルゾン、フリース、半纏(はんてん)、冬物小物(手袋、ニット帽、マフラー に限る)

【ご遠慮いただきたいもの】

臭いや汚れの強いもの、ボタン等が取れたもの、縮んだもの、洗濯ができていないもの、色あせのひどいもの、破れや虫食いがあるもの

※ご自身が着て嬉しいもの、という観点でご判断ください。

【ご注意いただきたいこと】

クリーニング(アイロンがけしてあればお洗濯でも可)済みのものをお送り下さい。汚れがひどい等、先方にお送りできないものは、申し訳ありませんが廃棄処分となります。

お送り頂いたものは返却いたしません。

恐れ入りますが送料は送り元ご負担でお願い致します。

【送付先】

〒221-0835 
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民活動サポートセンター 11階

かながわ東日本大震災ボランティアステーション『ぽかぽかプロジェクト』

TEL :045-312-4141/4142(事務局10時〜16時)

【送付方法】

仕分け作業簡略化のために、お手数ですが http://ksvn.jp/news/volunteer_comeon12822.html 新しいウインドウが開きます からサイズ表(PDFファイル)をダウンロードし(タテヨコいずれの形式でもOK)、ご記入のうえ、同梱願います。※一着につき一枚、同梱をお願いします。

★サイズ表同梱見本

※お子さん用のものは、詳しいサイズがわかれば「その他(  )」のところにサイズ(身長表記)をご記入願います。

※ダウンロード、プリントアウトができない方は、ご自身で同様の項目を明記した用紙を同梱してください。

【募集締切】

2011年9月25日(日) 

※集まり具合によって早期に締め切らせて頂く場合もあります。

【お問い合わせ先】

ぽかぽかプロジェクト 担当:オサダ メールはこちら

電話 080-3619-1446

 

 

食べて応援しよう 食べて応援しよう

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ