HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2011年3月31日 13時

東日本大震災対策ニュース <17号>

一人は万人のために、万人は一人のために

巨大地震そして大津波と未曾有の大災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

3月30日21時現在、警察庁のまとめによる地震被害は、死者:1万1,362人、行方不明:1万6,290人、負傷者:2,872人、建物全壊16,825戸、建物半壊8,287戸、建物流出2,165戸、建物全半焼97戸、床上浸水2,738戸、床下浸水1,351戸、一部破損116,375戸、非住家被害3,701戸です。

また、道路損壊2,126ヵ所、橋梁被害56ヵ所、山崖崩れ136ヵ所、堤防決壊4ヵ所、鉄軌道26ヵ所となっています。

寒さのなかで避難所での窮乏生活を余儀なくされている方々は、17都県で約17万3,600人。うち宮城が564ヵ所約7万4,200人、福島が327ヵ所約2万9,700人、岩手が372ヵ所約4万3,200人、新潟県が68ヵ所約7,100人、群馬県54ヵ所約3,200人、埼玉県45ヵ所約3,100人、山形県53ヵ所2,600人です。神奈川県には47ヵ所の避難所に、福島県からの526人の避難が報告されています。

神奈川県内の震災による死者は4人、負傷者は127人、建物被害は8戸です。

 神奈川の各生協は、困難な状況のなかでも全力で通常事業継続に務めるとともに、全国の生協と連携を取りながら、現地支援派遣・物資輸送・支援募金の呼びかけなど、長期に渡る被災地支援をすすめています。

災害の前では1人では何も出来ないが、人との繋がりが何よりも支えになり力になる!

慶應義塾生協食堂部、メニュー募金

慶應義塾生協食堂部では、3月16日〜19日の4日間に渡り、販売金額の半額を東北地方太平洋沖地震への義援金とさせていただきました。取り組みは日吉・三田・矢上・藤沢キャンパスで実施され、募金総額は 328,265円 になりました!! ご協力ありがとうございます。

みなさまからの募金は、全国大学生活協同組合連合会を通じ、現地の被災者救援のために役立てていきます。

引き続き、慶應義塾生協では各キャンパスの店舗・食堂に募金箱を設置し、東北地域太平洋沖地震への募金のご協力をお願いしております。

◎ コープかながわ 募金活動の様子(緑区エリア)

3月28日

東日本大震災で、お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

また被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

被災地の様子をテレビで見るたび、心が痛み、わたしたちに何かできることは・・・との思いから、店頭で募金活動をさせていただくことにしました。

募金は日本生活協同組合連合会を通じて被災された方への救援活動や生活再生に向けた支援に役立てられます。

計画停電など生活の不自由を感じ、今までの当り前の生活は当たり前でなかったのだ・・・と感じています。節電などにも心がけ、少しでも被災者の方に笑顔になっていただけるように、活動していきたいと思っています。

みなさまのご協力よろしくお願いいたします。

3月29日

昨日から始めた募金活動2日目。

今日も被災者の方に笑顔になってもらうため、店内にて活動させてもらっています。

節電のため、うす暗く、寒い店内。被災地の寒さを思えば・・・と。今日はちょっと厚着で活動です。ある組合員さんは「郵便局まで行かなくても募金できるなんてありがたいわ。」とおっしゃってくださいました。

みなさまの温かい気持ちを被災地に届けましょう♪

3月30日

3日目です。

毎日やらせていただくことで、今日はできないけど、明日、買い物に来たら、募金しよう♪なんて思ってくださっているかたも多いのでしょうか・・・

たくさんの硬貨が入った袋ごと募金して下さる方もいました。

先日卒業式を終えた中学生7.8人が募金をしてくれたり・・・

外は17℃と暖かいですが、相変わらず寒い店内。

でも気持は温かいです♪

 

◎ パルシステム神奈川ゆめコープ

『できる事はなんでもする』 若森パルシステム連合会理事長

☆ 支援カンパが2日で1千万円を越えました!

3月28日から回収を始めている東日本大震災に対する組合員カンパは回収初日の現金カンパのみの集計で2844件の563万2,500円、2日目の29日は2764件の551万7,400円が寄せられ、二日目で早くも1,100万円を越えました(注:ポイントカンパ含まず)。

ポイントカンパを含めると、2日間だけで、2,000万円前後と予想されます。組合員から多くの支援の心がよせられています。…まだまだ取組みは継続します!

東日本大震災 被災者支援カンパ 
3月28日(月)〜5月6日(金)(⇒4月1回から5月2回)

写真右:内藤さん、中央:市川さん

☆ パルシステム被災地支援推進チームが編成されました

先遣隊に情報をもとに、長期・継続的な支援が必要との判断から、パル東京・パル千葉・Doコープ・パル山梨とともに「パルシステム被災地支援推進チーム」を立ち上げました。今後4月〜6月を第1次とし、毎週火曜日〜金曜日まで4日間の支援を5生協で交代で取組みます。さっそく3月31日から、友好生協である「あいコープみやぎ」へ第1期の支援部隊(東京・千葉・山梨)を派遣し活動をスタートします。

神奈川は、埼玉と第2期(4月5日〜4月8日)より開始します。パルシステム福島への支援についても、できるだけ早く同様の支援を始める体制を整えています。

☆ 災害支援物資(回収期間:4月4日〜4月8日)提供に組合員からの問い合わせ相次ぐ

「生活必需品4品目を組合員から募り、被災地にお届けする」取組みのお知らせが、月曜日からはじまりました。回収は来週です。お知らせ配布の月曜日朝から、組合員からの問い合わせが相次いでいます。

☆ ささかみで福島の組合員被災者を受入れ

「生協の家」で避難者の受け入れを行ないます

NPO法人「食農ネットささかみ」(*)が主体となって、パルシステムの産直産地の“ささかみ”(新潟県)にある「生協の家」を活用して、パルシステム福島の組合員を優先に、福島原発事故を 受けての避難者の受け入れと支援活動を行ないます。

※パルシステム連合会及び会員生協、ささかみ農協、阿賀野市で構成する「食料と農業に関する推進協議会」の下部組織的位置付けで「産地へ行こうツアー」などの運営にも関わるNPO法人

【受入体制】(3月23日現在)

@ NPO食農ネットささかみ 理事長宅/受入可能人数:1家族(4〜5名)

A 生協の家(宿泊施設)/受入可能人数:20 名前後(家族数で調整)

【受入れの概要】

  • 農作業体験を希望者に勧める。ストレス発散と癒しを提供
  • 1ヶ月を目安に受入
  • 無償(農作業で還元するという考え方)
  • 食材についてもJAと協力して何らかの補助をする予定

 

◎神奈川県漁業協同組合連合会 漁業者に支援を!

神奈川県漁業協同組合連合会(横浜市金沢区富岡東2-1-22)は、1949年2月の水産業協同組合法の施行に伴い、前身である県水産業会を解散して同年10月に設立されました。

以後、神奈川県における水産系統組織の中枢団体として、会員に対する直接の奉仕を理念とし、現在31会員、所属員5,845人を擁しています。会員を対象に、指導事業と経済事業たる購買事業並びに販売事業を実施しています。

今回の大地震とそれに伴う大津波による被災地沿岸域の被害は、広範囲(北海道・青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉・三重・和歌山・兵庫・徳島・高知・沖縄など)かつ甚大なものであり、漁船、陸上施設・漁村の被害のみならず、海に押し流された施設の除去等、漁場の復旧には相当の時間を要するものと考えられます。

JFグループでは被災地に向けてまず3月15日に、救援物資を運ぶトラック「とどけ!全国の漁師の想い!」号(10トン)を「悲しみに打ちひしがれている被災者を励ましたいという、全国の全ての漁師の想いも一緒に届けたい」「全国の漁業者、JFグループは、今回の未曾有の苦難を乗り越えるため、励まし合い一体となって、水産食料の安定供給に取り組んでいく」(服部郁弘復興対策本部長・JF全漁連会長)として送り出し、24日までに4号を走らせるとともに、調査捕鯨を中止して南極海から戻った水産庁の調査捕鯨船「日新丸」にも支援物資を積み込みました。

JFグループでは、5月16日まで「がんばれ漁業募金」を開始。28日の有楽町駅前の街頭募金には、さかなクンも参加しました。

神奈川県漁連では、3月22日に「東北地方太平洋沖地震JFグループ神奈川支援本部」を設置。水産庁支援物資搬送へ支援物資として、神奈川県産焼き海苔2箱を供出。また被災地である岩手県の漁業者からの依頼を受けて、中古漁船3隻を斡旋しました。

 

◎ 共立社(山形県)によせられた組合員の声

山形県にある生活協同組合共立社(理事長:松本政裕)のホームページに寄せられた組合員の声です。

今朝は灯油の配達についてお電話いただき、うれしかったです。こちらから電話しようと思っていましたら、そちらからかかってきたので、とても感謝です。

こういう状況ですので、『お互い様』『助け合うこと』を心に留めて、希望を失くさず、メンバーとして、そして東北人として、せいいっぱいのこと、やり抜こうと思っています。

我が家でも、停電があり、灯油も底が見え始め、豆炭でこたつをあたためて過ごしています。停電が復旧した現在でも、変わらず節電です。

私たちよりももっともっと大変な方々がいらっしゃって、少しでも私たちがサポートできるように頑張りましょう!!本当にありがとうございました。

 

共立社のホームページのトップには、このような呼びかけがあります。

東日本大震災で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

一人ひとりが 出来る事を

みんなで 力を合わせて

大きな力に

悲しみを乗り越えて 一歩ずつ

がんばろう!東北

 分かち合い たすけあい は希望と未来をもたらします。

 

生活協同組合 共立社

☆ 移動店舗”せいきょう便” 臨時営業

震災の影響によって燃料不足、品不足で買い物に不便をきたしている状態が続いています。共立社では少しでも、買い物困難者のお役立ちになるよう、臨時で移動店舗”せいきょう便”の2号車(1号車は上山・南陽コース)を運行しています。先週は、長井・南陽・米沢・村山の各生協事務所前で開店し、大変喜ばれています。

3月28日〜4月1日の運行予定です。生協は地域になくてはならない存在です。
移動販売2号車(せいきょう便)臨時営業予定

順番

1

金山町 金山保育園付近 11:45-13:15

西川町大井沢湯ったり館駐車場
11:00-12:30

コープよねざわステーション
11:30-13:00

飯豊町手の子、西部地区公民館
11:30-13:00 

大石田町福祉会館駐車場
11:15-12:45

2

こらっせ新庄前(旧新庄こぴあ)
15:00-16:30

大江町中央公民館駐車場
14:30-16:00

川西町西大塚八幡神社前
14:30-16:00

コープ西置賜ステーション
14:30-15:30

村山市民会館駐車場
14:45-16:15

3

新庄 金沢ステーション(金沢郵便局隣)
16:45-18:15

朝日町西町公民館駐車場16:30-18:00

高畠町多目的広場(幸新館前
16:30-18:00

高畠町糠の目駐在所付近
16:30-18:00

東根市JAさくらんぼひがしね大富支所駐車場
16:45-18:15

 

 

◎ 震災関係社告情報

震災関係の社告情報が国民生活センターのホームページにまとめて掲載されています。

詳しくは、http://www.kokusen.go.jp/recall/bunrui/jisin_2011.html 新しいウインドウが開きます をご参照ください。

 

◎ 便乗した義援金等の詐欺に要注意

警察庁のホームページにあるお知らせです。

東北地方太平洋沖地震に便乗した義援金等の詐欺に要注意!

東北地方太平洋沖地震に便乗して、実在する団体の名をかたり、被災者支援の募金等と称して特定の口座に振り込ませようとするなどの詐欺容疑事案の相談が寄せられています。

募金を求める電話等があった場合には、直ちに振り込んだりすることなく、相手方をよく確認し、詐欺の被害に遭わないように注意するとともに、不審な電話等があった場合には警察へ通報、相談してください。

 

相手方を要確認 公的な機関・団体は電話や訪問はしない。振込先はテレビ・新聞・ラジオ等で確認

事例

 市役所職員を装って家庭を訪問し、募金を求めたもの

 市役所職員を名乗って電話をかけ、「義援金を送る活動をしている。支払方法は振り込みです」等と言って振り込ませようとしたもの

 実在する団体の名称をかたって「災害支援基金への寄付をお願いします。」等という文面のファックスを送信し、当該団体が設けた募金振り込み口座とは異なる個人名の口座に振り込ませようとしたもの

 公的機関と紛らわしい名称をかたって電話をかけ、「避難地確保のため寄付してください。」等と言って振り込ませようとしたもの

 マンション管理会社を装って家庭を訪問し、「地震に耐えられるようにブレーカーの工事が必要です。」等と言って現金の支払いを求めたもの

 震災に絡んで電気・ガス設備の点検・修理名目で現金を求めたもの

 被災地にいる身内を装った電話で現金を求めたもの

注意のポイント

 公的機関・団体が、一般家庭等に対して、個別に電話・ファックス・訪問等によって義援金等の振り込みを求めることは通常ありえないので、相手方が告げた機関団体に対し、電話帳等で調べた電話番号に電話することによって確認してください。

 実在する団体等を名乗って個別の働き掛けがあった場合には、当該団体がテレビ・ラジオ・新聞等で公表している口座番号・名義と同一であるか確認するなど、本当にその団体による募金なのか、また信用できる団体なのかを十分に確認してください。

 すぐに振り込んだりせず、少しでも不審に思ったら警察(♯9110又は最寄りの警察署等)に通報、相談してください。

 

義援金詐欺に関する政府広報オンラインCM 新しいウインドウが開きます

http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/main.html 新しいウインドウが開きます を参照してください。

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ