HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2011年3月21日 17時

東日本大震災対策ニュース <7号>

一人は万人のために、万人は一人のために

3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)9.0の巨大地震、引き続いて発生した大津波と未曾有の大災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

3月21日、発災から11目を迎えました。21日9時現在、警察庁のまとめによる地震被害は、死者:8,649人、行方不明:1万2,877人、負傷者:2,701人、建物被害:12万7,065戸ですが、沿岸部を中心に壊滅的な状況に陥っている宮城、岩手、青森での集計が不可能に近く、報告が殆どないようです。

厳しい寒さのなかで、21日9時現在、甚大な被害を受けた東北地方の太平洋沿岸部を中心に、現在約34万9,400人が避難所での窮乏生活を余儀なくされています。(宮城県約14万2,400人、福島県約13万1,700人、岩手県約4万7,400人など計15都県)

神奈川県内の震災による死者は4人、負傷者は127人、建物被害は8戸です。

神奈川の各生協は、困難な状況のなかでも全力で通常事業継続に務めるとともに、全国の生協と連携を取りながら現地支援派遣・物資輸送・支援募金の呼びかけなど被災地支援をすすめています。

災害の前では1人では何も出来ないが、人との繋がりが何よりも支えになり力になる!

◎ 一青窈さんからの応援メッセージ

いち早く被災地への支援を開始した川崎医療生協(理事長:原弘明)に、高遠菜穂子さんが3月19日の理事会の日に激励のために、缶詰をリュックに詰めて義援金とともにお見えになりました。

またアーティストの一青窈さんから応援メッセージが寄せられましたので、川崎医療生協の「大震災対策ニュースNo.15」からご紹介します。

【東北関東大震災】一青窈さんからの応援メッセージ

被災地のために奮闘されている川崎協同病院・全日本民医連のみなさまへ

映画監督の鎌仲さんのご紹介で 高遠さんと知り合うことになりました。

一青窈と申します。

ブログやツイッターでみなさまの奮闘ぶりを日々、拝見させてもらっています。

私は両親共に病院で亡くしました。 父の時は幼すぎて覚えていないのですが母が入院中には婦長さんがカッカッカッと気っ風良く笑う素敵な方でお見舞いに行くたびに笑顔と元気をもらいました。 きっとあのときの母が受けていたやさしさ、とか気持ちとか技術とか同じものを今、支援してくださってるみなさまが被災地のかたがたに与えて下さってるのだと思います。

本当にほんとうに心からありがとうございます。

 

いつか私も歌の炊き出しに行きたいと思っております。

そして、みなさまの元気になるような歌と気持ちを届けたいと思っています。

それまではこのような形でしか応援ができないのですが少しでも力になるのであれば嬉しいです。

どうか頑張りすぎないほどにがんばって!!!ください。

 

一青窈より

 

一青窈さんから被災者の方々へのメッセージは以下公式サイトに載っています。

http://www.hitotoyo.ne.jp/ 新ウインドウが開きます

 

◎ 大学生協では

☆ 横浜国立大学生協

横浜国大生協(理事長:中村栄子)では、各レジに募金箱を設置し、募金活動を行っています。現在、窓口で卒業生に生協の出資金の返還を行っていますが、被災者の方への義援金を呼びかけると、みなさん快く受け止めていただいています。中には、5,000円、3,000円と募金してくださる方もいます。

☆ 全国大学生協連

  • 現地対策本部支援のために、3月16日、連合会から2名が現地入りしました。
  • 被災地の大学に避難している被災者に食料を送る取組みを大学生協のネットワークで行っています。

大学生協連の震災復興支援の取組みは、http://www.univcoop.or.jp/ 新ウインドウが開きます を参照してください。

 

◎ 被災者支援カンパに取組みます パルシステム神奈川ゆめコープ

パルシステム連合会、グループ生協と共同して被災地支援カンパに取組みます。

東北地方太平洋沖地震 被災者支援カンパについて

受付期間

3月28日(月)〜5月6日(金)(⇒4月1回から5月2回)

カンパ方法

カンパの方法には「現金によるカンパ」と「ポイントによるカンパ」の2つがありますのでお選びください。

それぞれ注文用紙に下記の6桁番号と口数をご記入ください。

現金によるカンパ】

6桁番号:186511 (1口  300 円)

6桁番号:186899 (1口 1,000 円)

※カンパいただいた金額は商品代金と一緒に請求させていただきます。

ポイントによるカンパ】

6桁番号:169099 (1口  300 円)

6桁番号:169102 (1口 1,000円)

※カンパいただいたポイントはお手持ちのポイントから差し引かせていただきます。

◆ インターネット注文でのカンパ申込みも出来ます。

※インターネットでのカンパはオンラインパルの登録が必要です。

■ カンパの贈呈先

募金先は被災された各県が開設する口座にお送りします。

各県の配分につきましては、被害状況に応じて配分させていただきます。

配分につきましてはご一任くださいますようお願いいたします。

 

◎生活クラブ生協

被災地福島県にある生活クラブふくしま生協の状況です。現地情報を「生活クラブ連合会緊急対策本部からのお知らせ(第4報)」から転載します。

生活クラブふくしまの状況

組合員・ボランティアスタッフと救援物資

生活クラブふくしまでは、相馬・新地町で(組合員数61世帯)甚大な被害となっています。今朝、生活クラブふくしま・土山専務から以下の情報がとどきました。

         

15日(火)生活クラブ連合会からの救援物資と太陽食販のトラックから分けてもらった軽油を給油し、津波被害の大きかった相馬市・新地町へ行ってきました。人間の無力さと儚さ、原発政策を推し進めた愚かさを噛み締め、ラジオで震災による被災と原発の危機的な状況のアナウンスを聞きながら。

被災地・・役場の裏の小川

先ずは、組合員の安否確認と消費材の配達方法について、特に、連絡をしても消費材を取りにこれない組合員の分は近所に配っても良いし家族・親類と食べて下さい、その分は集金しませんとの話をしました(住居が残った組合員宅は、親戚が避難している状況)。

福島市から相馬までの115号線は問題ありません。ただ、6号線を走っていると生死の分かれ目にように海沿いの町並みは全てなく山側は被災していますが、人家が残っています。

安否確認としては、現在のところ12〜3人の組合員が音信不通の状態です。

 

組合員が住んでいた町並みです

連合会から送られた救援物資は、組合員・地域の人は大変喜んでくれました。荷降ろしや運搬、品目ごとの仕分けを組合員・ボランティアスタッフが手分けをして手伝ってくれました、が。町役場から見えていた組合員の住んでいた町並みが、全て崩壊していました。

ただ、呆然すると共に、救援物資を運ぶ手伝いをしてくれた高校生ぐらいのボランティアスタッフへの放射能汚染が心配です。

出来ることは限られていますが、協同組合人として組合員・地域の人たちを支えたいと考えています。

 

人の「死」が悼みではなく数字として表され、絶望が事象と心を覆っても生活クラブ生活協同組合としての支援は 灯火のように希望として見えてきます。

生活クラブ連合会に、三姉妹提携している韓国、台湾の生協などから、励ましの手紙が届きました。韓国生協全国連合会、台湾主婦連盟生協、韓国ハンサルリム連合、韓国バルン生協、韓国女性民友会生協連合会の皆さまです。

被災地を励まそう!掲示板です。

http://www.as-love.com/usr/img-d/sr3_bbss.cgi?cat=271sinsai 新ウインドウが開きます

 

◎東都生協

東都生協は、東北地方太平洋沖地震災害による緊急支援行動として、人員の派遣と緊急救援物資を送る支援活動をはじめています。

3月17日に出発した災害対策本部職員2名は、計画停電によるスタンドの休止や、悪天候など、様々な悪条件が重なりましたが、24時間余りを要して無事現地入りし、みやぎ生協と共に活動を始めています。また、18日夜には、飲料水やパン等の支援物資の積んだ第2次支援隊が出発しています。

緊急募金の呼びかけを、@被災者支援、A東都生協取引産地・メーカー支援の2点を目的に取り組んでいます。

東都生協の取組みは、http://www.tohto-coop.or.jp/ 新ウインドウが開きます を参照してください。

 

◎神奈川県内での被災者の受け入れ

私たちが出来ることを考え、みんなで支援に取り組んでいきましょう。

神奈川の災害ボランティアの活動の様子については神奈川災害ボランティアネットワーク 新ウインドウが開きます を参照してください。

神奈川県内でも被災者の受け入れが始まっています。3月20日の報道では、県内18市町村が計25施設を用意しており、19日13時現在で県内6ヵ所の公共施設内において143人を受け入れています。

  • 神奈川県(神奈川県立武道館:横浜市港北区)
  • 横浜市(たきがしら会館:横浜市磯子区・横浜市少年自然の家:群馬県利根郡昭和村)
  • 川崎市(川崎市とどろきアリーナ:川崎市中原区)
  • 相模原市(相模原市体育館:中央区富士見)
  • 鎌倉市(6施設)
  • 小田原市(小田原アリーナ:小田原市中曽根)
  • 厚木市(東町スポーツセンターの武道場や会議室:厚木市東町)
  • 綾瀬市(綾瀬市高齢者福祉会館:綾瀬市深谷)
  • 開成町(開成町福祉会館:開成町延沢)
  • 寒川町(1施設)

東日本大震災及び福島原発事故により東北地方から神奈川県内に避難されてくる方々が増えてきています。

横浜市港北区岸根の武道館では横浜災害ボランティアネットワークの有志、川崎市中原区等々力アリーナには川崎災害ボラランティアネットワークの方々が支援活動を開始しています。

県内各地に設置される県外からの避難者の避難所を各地域災害ボランティアネットワークで支援するために、これらのボランティアの受け入れとコーディネートをする必要があります。

これらの方々の受付や支援を行うために神奈川県、神奈川県社会福祉協議会、神奈川災害ボランティアネットワークの3者が協力して県内のボランティアを募集する予定です。そしてこれらのボランティアへの研修とコーディネートを神奈川災害ボランティアネットワークが担当します。

「神奈川県内一時避難所ボランティア説明会」の詳細は、かながわ県民活動センターのhttp://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0051/index.html 新ウインドウが開きます を参照してください。

 

被災者受入れホームステイボランティアの募集について 新ウインドウが開きます・再掲(神奈川県)

神奈川県では、東北地方太平洋沖地震で被災し、現在、不自由な避難生活をされている小中高生に安定した学校生活を送っていただくため、ホームステイを受け入れていただけるご家庭を募集しています。

☆ 募集の条件

(1) 責任を持ってお子さんを受け入れ、安定した学校生活と家庭生活を提供できること

(2) 1学期以上、できれば1年間程度の期間、受入れが可能なこと

(3) 必要な生活スペースの提供が可能なこと

(4) 寝具、生活用品、食事の提供が可能なこと

(5) ホームステイ受入れにかかる費用をご負担いただけること 

詳しくはhttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f100652/ 新ウインドウが開きます を参照してください。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ