HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2010年11月30日

〜神奈川県生活協同組合連合会 創立60周年記念事業〜
 加山俊夫 相模原市長 講演会 報告

とき 2010年11月4日(木)
講演会:10時00分〜11時05分 懇談会:11時15分〜12時00分
ところ  杜のホールはしもと 
講演会:8F多目的室 懇談会:8Fセミナールーム2
   

今後の相模原市づくりに向けた市長の考えを伺い、今後の生協の活動に生かす機会として企画した「明日の相模原市を語る」講演会は、15生協から93名の参加がありました。

講演会では、政令指定都市相模原のビジョンを福祉・環境・ものづくり・財政・教育・広域交通網の整理という視点でご講演いただきました。

講演会終了後の市長との懇談会は、6生協21名(オブザーバー含む)の参加により行われました。冒頭パワーポイントで相模原市運営協の紹介で始まり、続いてパルシステム神奈川ゆめコープの岸久美子さん、コープかながわの大西信子さん、さがみ生活クラブ生協の山本裕子さん、神奈川北央医療生協の馬場定男さんの発言を受けて市長との懇談を行いました。懇談は盛り上がり、市長のご好意で15分予定時間を延長していただきました。

 

1.加山相模原市長講演会(93名参加)

加山相模原市長相模原市生協運営協議会の関水直子さん(コープかながわ理事)の司会で進められた講演会は、木下長義県生協連会長の主催者挨拶を受けて講演が始まりました。

相模原市長からは、県連60周年のお祝いのお言葉をいただき、また、相模原市運営協議会の活動に対しても、市民まつり、消費生活展、消費生活審議会への参加に対してお礼が述べられました。

相模原市は昭和29年11月に人口が8万人から内陸工業都市として急成長し、現在72万人に迫るまで伸びてきている。

 

相模原市の今後の取り組みについて

  1. 広域連携について
  2. 3つの区と町づくりセンターについて
  3. 福祉(児童相談所など)について
  4. 教育(先生の採用など)について
  5. 「潤水都市相模原」のキャッチコピーについて
  6. 物づくりの成長戦略について
  7. 財政について
  8. 環境(森林・水資源など)について
  9. 子育て(子供サロンなど)、少子高齢者問題について

 等、幅広い分野で想いを語っていただきました。

 

2.加山相模原市長との懇談会(21名参加

さがみ生活クラブ生協の山本裕子さんから相模原市生協運営協議会加盟の生協の説明で懇談は始まりました。

その後、岸久美子さん(パルシステム神奈川ゆめコープ)から生物多様性の観点から森林の保全について発言がされました。

市長さんからは、相模原市運営協加盟の麻布大学の生態系研究の学生さんとの取組の例を交えてお話いただきました。

大西信子さん(コープかながわ)からはゴミの出前講座とゴミのキャンペーンの実施をしている事例のお話がされました。

山本裕子さん(さがみ生活クラブ生協)からは子供センターについての好意的な感想と意見がございました。

市長さんからは、子供のための居場所、環境の見直しを今年中にまとめさせたい。地域の方が多方面から参加して、地域の人たちで支援していただきたい。相模原市として独自ででも進めていきたい。とのお話をいただきました。馬場定男さん(神奈川北央医療生協)からは医療生協の事業や活動についての報告がされました。

最後に岸久美子相模原市生協運営協議会代表よりお礼の言葉が述べられました。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ