HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2010年3月1日

「我が家の電気使用量チェック! 2009」の取り組み
ありがとうございました

暮らしのなかで誰でもが参加できる環境活動として、日本生協連の呼びかけにこたえて、県生協連では「我が家の電気使用量チェック! 2009」の活動に取り組みました。

夏と冬の2回、合わせて252世帯の組合員から報告書が寄せられ、電気使用料の約1割の削減に成功しました。

※「我が家の電気使用量チェック! 2009」とは?

4つの会員生協の252世帯の組合員から報告書を提出いただきました

  • うらがCO-OP
  • コープかながわ(「電気ダイエット」の名称で夏と冬の2回実施)
  • ナチュラルコープ・ヨコハマ
  • 北央医療生協

※下記の会員生協では別の取り組みで電気使用料の削減をしています。

パルシステム神奈川ゆめコープ 外部リンク 

生活クラブ神奈川 外部リンク

1ヶ月の取り組み結果 → 電気使用量の約1割の削減に成功!!

 

252世帯の合計

1世帯平均

1ヶ月の電気使用量

75,332 kwh

298.9 kwh

削減した電気使用量

7,909 kwh

31.4 kwh

1ヶ月の電気料金

1,657,304円

6,576円

節約できた電気料金

173,998円

690円

CO2排出削減量

2625.8Kg

10.4Kg

(電気料金は、1kwhあたり22円で計算)

(CO2削減量は、東京電力のCO2排出係数 0.332をもとに算出)

◇ 取り組んだ世帯の平均で、電気使用量の約1割(10.4%)の削減に成功しました。

  • 電気料金にすると、1ヶ月で690円の節約、1年にすると8,280円の節約になります。

◇ ただし、世帯によって、大きなばらつきがありました。

  • 電気使用量の削減に成功した世帯は194世帯(77%)で、5割以上削減した家庭も32世帯(13%)ありました。
    しかし、残念ながら電気量が増えてしまった世帯も約2割あり、取り組みの難しさを示しています。

参加者からの報告・感想

◇ 頑張りました! こんな努力しました!

  • 昨年3月まで2台使用していた冷蔵庫を大型冷蔵庫に交換した結果電気量が削減できました。テレビの主電源を消す、待機電力をカット、等にも取り組んだ結果、電気料金が3千円減ってビックリしています。
  • 結果を出すことの難しさを感じた反面、こうすれば節電できるのかと見直すことができたことが収穫。
  • リフォームの際、断熱材の外壁に、窓ガラスはすべてエコガラスに、主な電灯はインバータータイプにしました。
  • ヒントを参考に毎日コツコツと頑張りました。家計が苦しいこともあって、みなの協力で取り組むことができました。これからも続けていこうと思います。
  • 契約を40Aから30Aにして基本料金を下げた。

◇ 残念!削減できず・・・

  • 家族に協力してもらうのが難しかった。
  • 家族の協力がないとなかなか実現できない。子どもには口をすっぱくして言い、しぶしぶやらせることが多いが、夫はまったく聞かず。男性はどうしたらエコに関心を持つのでしょう!?
  • もともと電気をムダに使わないようにしていましたが、子どもが成長し、夜遅くまで起きていたり、自分の部屋で過ごす時間が増え、前年より増えてしまいました。

◇ 感想

  • 自分では極力電力のむだ使いをしないようにと心がけているつもりだったが、今回の取り組みをやってみて、まだまだだと実感しました。
  • ちょっとした努力が数字に現れたので、また頑張ろう!と思います。「ちりも積もれば山となる」を実感しました。

※「我が家の電気使用量チェック! 2009」とは?

1ヶ月間電気使用量の削減にチャレンジし、電力会社から届く「電気ご使用量のお知らせ」に記載されている昨年と今年の使用量を比較するものです。

毎日の記録の必要がなく気楽に取り組むことができること、電気使用量を減らすこと=電気使用量の節約になるため、取り組みのメリットが実感できること、省エネについて考えるきっかけが提供できること、などが特徴です。

チャレンジシート pdf(108KB)

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ