HOME > ニュース > 過去のニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2009年7月10日

「神奈川県食の安全・安心の確保推進条例」が県議会で可決成立しました!
食の安全・安心確保のために引き続き運動を強めましょう

かながわ食の安全・安心条例制定をすすめる連絡会
神奈川県消費者団体連絡会/神奈川県生活協同組合連合会
(住所)横浜市港北区新横浜2-6-23 (電話)045-473-1031

 

7月10日の神奈川県議会本会議において、「神奈川県食の安全・安心の確保推進条例」が全会派一致で可決成立しました。

先進的な内容を高く評価します。

今回の条例は、全国初となる「輸入食品等事業所の登録」や「食の安全・安心審議会の設置」など施策形成過程への県民参画とリスクコミュニケーションの促進へ大きく踏み出し、「食の安全・安心の確保をめざして、県・事業者・県民がそれぞれの役割を果たし、協働してすすめる」枠組みができたものと高く評価いたします。

消費者・県民の運動、県及び県議会の努力の成果です

私たちは、昨年「食の安全・安心条例制定を求める署名」に取組み、個人209,996筆・1,815団体の賛同を得て、6月県議会で陳情了承され、県議会での代表質問に対し、県知事の「条例制定にむけて検討委員会を設置する」との答弁を引き出し、条例制定にむけて大きく踏み出しました。昨年9月からスタートした条例検討委員会での建設的な提案や2度にわたるパブリックコメントに多くの消費者・県民が意見を提出し、私たちが要望する条例とすることができました。

このことは、県民運動としてすすめてきた私たちの運動の画期的な成果です。

あわせて、条例制定に向けての県知事及び県議会各会派のご理解・ご努力に心より感謝申し上げます。

条例を実効あるものにするために

神奈川県に食の安全・安心条例の制定を求めてきた私たちは、今後、条例学習を行い理解を深めること、意見表明や必要な行動をおこすこと、行政・事業者との協働の取組みを推進し、食の安全・安心の確保にむけて、全力をあげて取組んでいく決意です。

同時に、神奈川県に対し、以下の要望をいたします。

  1. 早期に、「食の安全・安心審議会」を発足させ、「食の安全・安心指針及び具体的施策」策定に着手してください。また、「審議会」委員の構成にあたっては、消費者代表委員と県民公募委員を含めて1/3以上としてください。
  2. 「神奈川県食の安全・安心の確保推進条例」が制定されたこと及びその内容について、「県民説明会」を開催し、県民へのお知らせを徹底してください。
  3. 条例の施行にあたっては、「自主回収報告制度」及び「輸入食品等事業所の登録」について、食品関連事業者説明会を開催し、条例の趣旨と内容を周知・徹底してください。

以上

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ