HOME > ニュース > ニュース一覧 文字サイズ 大きくする 普通

2007年9月14日

新潟県中越沖地震被災者支援活動に参加しています!

7月16日(金)発生の中越沖地震は死者11人、重軽傷者1,813人、家屋被害10,934棟と甚大な被害となりました。こうした中、県生協連の会員生協では発災直後から復旧支援活動や募金活動に取り組んでいます。

この間柏崎市と刈羽村から新潟県生協連に対して要請があった、物資集積所から避難所への物資配送の支援活動には日本生協連として7月19日から開始し延べ59台、118名が参加して8月1日終了しました。また柏崎市で計904戸、刈羽村で200戸、出雲崎町で15戸の仮設住宅が完成し、8月16日から20日まで引越しが行われ、被災者のうち要支援者(高齢者・要介護者)の仮設住宅への引越しの支援活動が行なわれました。

こうした活動に、ユーコープ事業連合、パルシステム生活協同組合連合会、生活クラブ生協事業連合からも参加しました。

仮設住宅への引っ越し支援を行うパルシステム神奈川ゆめコープ及びユーコープ事業連合の職員

 

被災者宅で瓦礫の片付けや粗大ゴミをまとめる作業、避難所で高齢者のお話し相手や子どもの遊び相手、心及び体のケアをしてあげることも大切な活動でした。

また、県生協連が加入している神奈川災害ボランティアネットワークでは「新潟中越沖地震被災者支援ボランティアバス」を企画し、参加団体に呼びかけ、8月10日(金)夜〜12日(日)の2日間、ボランティアの派遣を行いました。

20名の参加で、11日(土)と12日(日)の2日間、刈羽村災害ボランティアセンターを通じ、避難所や被災家屋においてさまざまなボランティア活動をおこなってきました。

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ