HOME > 専門部会・委員会 > 協同組合提携福祉健康委員会 文字サイズ 大きくする 普通

2018年度「提携福祉健康委員会 全体説明会」開催報告

神奈川県では、神奈川県協同組合連絡協議会のもとに生協と農協が一緒に「提携福祉健康委員会」として、健康・福祉の分野について4つの地域でまとまって協同組合としてできることを考え活動をしています。

この活動の歴史は古く、神奈川県に農協中央会と神奈川県生協連とで神奈川県協同組合提携推進協議会が発足したのは、1986年7月16日。1988年には協同組合が提携して取り組むべき課題を整理した「すみよい神奈川づくり」の基本構想を発表し、さまざまな事業と運動をおこなってきました。基本課題を、@地域農林水産業・経済の振興、A健康で心豊かなくらしの創造、B平和でみどり豊かな環境の形成とし、「健康で心豊かなくらしの創造」の実施項目としての「福祉活動委員会の設置」「健康委員会の設置」「地区提携協議会の設置」をすすめるものとして誕生し、今日までその活動を行ってきました。

私たちのくらしを取り巻く状況も大きく変化し、地域社会での課題「助け合い・支え合い」「福祉」「医療」「健康づくり」「居場所づくり」は、地域に生きる協同組合の課題とも重なり合って、私たち自身の課題となり期待もされています。

年度変わりの時期に、全体説明会として前年度のまとめと当年度の方向を確認・共有する場として全体説明会を開催しています。

 

□ 開催日

2018年7月27日(金)13時30分〜15時30分

□ 開催場所

JAグループ神奈川ビル 2階 講堂

□ 参加者

28名

  • 横浜川崎地区:8名(JA横浜、JAセレサ川崎パルシステム神奈川ゆめコープ、医療生協かながわ、ユーコープ)
  • 県央地区:5名(JA相模原市、JA津久井郡、JAあつぎ、JA県央愛川、ユーコープ)
  • 湘南地区:2名(パルシステム神奈川ゆめコープ、ユーコープ)
  • 西湘地区:5名(JAかながわ西湘、JAいせはら、富士フイルム生協、ユーコープ)
  • 県推進委員会:8名

内容

開会挨拶:県推進委員会委員長 角本貴子(ユーコープ理事)

協同組合提携と福祉健康委員会について:

小泉徳生(JA神奈川県中央会農政地域対策部次長)

2017年度活動報告および会計報告:相田祐二(神奈川県生協連事務局長)

2017年度会計監査報告:小泉徳生(JA神奈川県中央会農政地域対策部次長)

2018年度活動提案:県推進委員長 角本貴子(ユーコープ理事)

2018年度活動予算、地区活動費の運用について:

相田祐二(神奈川県生協連事務局長)

2018年度県推進委員紹介

地区別活動報告:横浜川崎地区、県央地区、湘南地区、西湘地区

グループ交流:(地区混合)

閉会挨拶:県推進委員 石井千恵美(JA神奈川県中央会農政地域対策部)

 

2018年度県推進委員会の構成

角本 貴子

県推進委員会委員長

ユーコープ理事

上田 麻理子

パルシステム神奈川ゆめコープ理事

片山 丸

生活クラブ生協たすけあいネットワーク事業部部長

石井 智恵美

JA神奈川県中央会農政地域対策部

高橋 敦

JA神奈川県厚生連保健福祉センター部長

今井 望

JA神奈川県厚生連保健福祉センター総務管理課長

小泉 徳生

県推進委員会会計監査

JA神奈川県中央会農政地域対策部次長

相田 祐二

県推進委員会事務局

神奈川県生協連事務局長

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ