HOME > 専門部会・委員会 > 組合員活動委員会 報告

文字サイズ 大きくする 普通

2018年度第1回 組合員活動委員会開催 報告

□ 開催日

2018年7月20日(金)10時00分〜12時05分

□ 会場

神奈川県生協連 会議室

□ 出席者

〇山谷智子(副委員長--パルシステム神奈川ゆめコープ)、〇浜田国栄(副委員長--医療生協かながわ)、〇桜井薫(副委員長--生活クラブ生協)、佐藤ひろみ(ユーコープ)、三澤幸子(うらがCO-OP)、井上雅文(パルシステム神奈川ゆめコープ)、永嶋紀子(ナチュラルコープ・ヨコハマ)、大竹豊(全日本海員生協)、香川享子(富士フイルム生協)、小田川弘子(神奈川北央医療生協)、鷲北栄治(川崎医療生協)、煖エ洋子(神奈川みなみ医療生協)、尾添良師・鳴海美和子(日本労働者協同組合連合会センター事業団神奈川事業本部)、加藤慎吾(やまゆり生協)、並木智子(日本生協連中央地連)

小林正明、相田祐二、石田昌美、丸山善弘(神奈川県生協連)

□ 欠席者

◎鳥越恵子(ユーコープ)、上田麻理子(パルシステム神奈川ゆめコープ)、後藤恵美子(福祉クラブ生協)、渡邊大輔(日本生協連中央地連)

□ 司会

山谷智子副委員長(パルシステム神奈川ゆめコープ)

 

石田昌美統括マネージャーより欠席者の報告がされました。山谷智子副委員長より、初めて参加の三澤幸子委員が紹介され挨拶がありました。

山谷智子副委員長の司会により議事を進行しました。山谷智子副委員長より、西日本豪雨災害、連日の猛暑の影響による熱中症による死亡者の発生等、気候変動による被害が続いていることに触れられ、改めてCO2を出さない取り組みの重要性が高まっていること、フレイルの問題もあり、ともに生きる視点の重要さについて挨拶がありました。

 

1.確認

(1) 第11回組合員活動委員会開催報告

文書報告としました。

2.協議事項

(1) 神奈川まるごと健康づくり

石田昌美統括マネージャーより2018年度健康チャレンジシート(案)の説明がされました。小田川弘子委員、山谷智子副委員長、鷲北栄治委員、井上雅文委員、三澤幸子委員、桜井薫副委員長より、配布と提出先生協が異なる際の説明対応、購買生協での最低限の対応、チャレンジシートの配布開始時期、提出方法の案内先を限定と問い合わせ対応、詳細はネットで調べられるようQRコードで案内したらどうか等、質問と意見が出されました。意見を踏まえた補強は県生協連に一任することを確認しました。

 

3.県連からの報告

(1) 平和を願う取り組み

(2) 2018年度神奈川県生協大会

(3) 2018年医療福祉生協神奈川エリア大学習会

(4) 大規模災害に備える

(5) 協同組合

(6) その他情報

一括して小林正明専務理事より報告がされました。

 

4.日本生協連報告

日本生協連中央地連事務局の並木智子さんより、いわて・みやぎ・ふくしま便り、子どもの未来アンバサダー登録開始のお知らせ、くらし・地域復興応援募金について報告がされました。

 

5.学習:「私たちの『選ぶ』が社会を変える」

山谷智子副委員長より、動画とパワーポイント資料によりパルシステム神奈川ゆめコープの取り組みの紹介を受けました。

いま求められるのは、社会や世界の課題に“自分ごと”として向き合おうとする姿勢と課題解決のための主体的な選択。一人ひとりが理解して買うことで、社会は必ず変わる。小さな力も集まれば社会を変える大きな力となる。

このことを、2014年から始めた「『ほんもの実感!』くらしづくりアクション」の具体的な内容を通じて説明がされました。

 

6.交流:「私が特に『選ぶ時』に気にしていること」

山谷智子副委員長の学習をうけ、浜田国栄副委員長、三澤幸子委員、永嶋紀子委員、香川享子委員、大竹豊委員、鷲北栄治委員、井上雅文委員、加藤慎吾委員、鳴海美和子委員、煖エ洋子委員、小田川弘子委員、佐藤ひろみ委員、桜井薫副委員長より感想が出され、共感・共有しました。

丸山善弘事務局員より、山谷智子副委員長が報告されたことは全ての生協がそれぞれ取り組んできたこと、整理して外に十分に発信できていないことが問題。生協には組合員に選定したものを提供することと併せて、事業を通じて社会を変えてきた。取引先の問屋やメーカーそして産地・生産者に影響を与え、生協の考え方を日本のスタンダードにしてきた。その上で、それぞれの生協には商品で重きを置くところが歴史的な経緯の中で異なり、それがそれぞれの生協の個性となっている。この事に自信を持とう。私が組合員の委員長クラスの人に、「生協がいいのは判るけど高くて買えない」と強く言われ始めたのは、1990年代の半ば頃から。生協はアッパーやアッパーミドルの方に利用して貰えばいいのではない。全ての市民が利用できることを常に考えていかなくてはいけない。県内に様々な生協があり、組合員にとって組み合わせて利用できることはすばらしいことではないかと提案がされました。みんなちがってみんないい。改めて山谷智子副委員長ありがとうございました。

 

7.生協運営協議会活動報告

文書報告としました。

 

8.情報提供

(1) 会員生協の活動の様子

(2) その他

文書報告としました。

石田昌美統括マネージャーより暑気払いの提案がされ、日程についてはメールで調整することを確認しました。

 

次回:

第2回組合員活動委員会 

2018年9月21日(金)10時〜11時30分

学習:「健康づくり」

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ