HOME > 専門部会・委員会 > 組合員活動委員会 報告

文字サイズ 大きくする 普通

2017年度第3回 組合員活動委員会開催 報告

□ 開催日

2017年10月19日(木) 10時〜11時50分

□ 会場

神奈川県生協連 会議室

□ 出席者

◎鳥越恵子(委員長--ユーコープ)、〇山谷智子(副委員長--パルシステム神奈川ゆめコープ)、〇浜田国栄(副委員長--医療生協かながわ)、〇桜井薫(副委員長--生活クラブ生協)、佐藤ひろみ(ユーコープ)、菊池恵子(うらがCO-OP)、上田麻理子(パルシステム神奈川ゆめコープ)、井上雅文(パルシステム神奈川ゆめコープ)、永嶋紀子(ナチュラルコープ・ヨコハマ)、大竹豊(全日本海員生協)、若山裕紀(富士フイルム生協)、小田川弘子(神奈川北央医療生協)、加藤慎吾(やまゆり生協)、渡邊大輔(日本生協連中央地連)

小林正明、相田祐二、石田昌美、丸山善弘(神奈川県生協連)

□ 欠席者

有賀惠子(福祉クラブ生協)、鷲北栄治(川崎医療生協)、橋洋子(神奈川みなみ医療生協)、尾添良師(日本労働者協同組合連合会センター事業団神奈川事業本部)

□ 司会

浜田国栄(医療生協かながわ)

 

石田昌美統括マネージャーより欠席者及び資料の報告がありました。

浜田国栄副委員長の司会により議事を進行しました。浜田国栄副委員長より、10月10日付で着任した相田祐二神奈川県生協連事務局長が紹介され挨拶を受けました。

浜田国栄副委員長より、歴史の中で今日を考えてみようと過去の事件に触れ、「事件慣れしないこと」「忘れないこと」が必要ではないか、また黙っていてはいけないことがある、無関心であってはならない、だから選挙に行こうと挨拶がされました。

 

1.確認

(1)第2回組合員活動委員会開催報告

文書報告としました。

 

2.学習:「平和」

小林正明専務理事を講師に、「茹でカエル」の寓話から始まり、「日本は平和だと思うか」と投げかけ「平和」とは何かを、世界の様子、北東アジアの動向、日本政府の対応と最近の「核攻撃から生き残る方法」「弾道ミサイル落下時の行動」キャンペーンと具体的に話され、「平和について考えよう、茹でカエル」になる前にと提起がされました。

 

3.交流:「学習を受けて交流」

浜田国栄副委員長より、「今の日本は平和だと思うか、それとも平和ではないと思うか」との切り口から発言が促され、永嶋紀子委員、佐藤ひろみ委員、上田麻理子委員、山谷智子副委員長、鳥越恵子委員長、渡邊大輔さん、大竹豊委員、若山裕紀委員、菊池恵子委員、井上雅文委員、小田川弘子委員、桜井薫副委員長から発言がされました。

浜田国栄副委員長より武力でも圧力でもない「世界の平和は会話から」との発言があり、改めて投票の重要性が確認されました。

 

4.協議事項

(1) 「神奈川まるごと健康づくり」

石田昌美統括マネージャーより、日本コープ共済連に申請していた{CO-OP共済健康づくり支援企画}への応募について、報告とお礼と健康づくり支援企画の概要説明がありました。「健康チャレンジ」「健康づくり リーダー養成」「リーダー養成」の3本柱で申請し、満額回答をいただきましたが申請は3か年計画の申請です。内容の承認はされましたが、2年目・3年目については更に詳細の申請が必要であり、引き続き会員生協関係者とすり合わせをすすめていくことが報告されました。また、現在の協力生協の状況について報告がありました。スマートフォンでも簡単に健康チャレンジに参加できるウェブ版については、神協連ニュース掲載のQRコードを参照しながら説明があり、その場で加藤信吾委員が登録を行いました。ホームページへの掲載生協は、生活クラブ生協神奈川、富士フイルム生協、やまゆり生協、福祉クラブ生協、医療生協かながわ、パルシステム神奈川ゆめコープは準備中であることの報告がありました。

山谷智子副委員長よりリーダー養成講座の計画について質問があり、具体的な内容報告は11月以降を予定しているとの回答がありました。

(2) 神奈川県生協連上期活動報告と下期の主な課題

小林正明専務理事より概要説明があり、次回の組合員活動委員会(11/16)でも深めていくことを確認しました。

(3) 神奈川の生協作成について

石田昌美統括マネージャーより「神奈川の生協(12月発行予定)」の新年度版作成にあたり、11月5日までに各生協からの写真提供依頼がされました。11月5日頃までにお願いします。別途組織責任者へ依頼することも確認されました。また丸山善弘事務局より各生協で対外的に「神奈川の生協」と日本生協連の「生協の社会的取り組み報告書2017」を活用して欲しいとの補足説明がありました。

  

5.県連からの報告

(1) 2017年神奈川県生協大会報告

(2) 平和を願う取り組み

(3) 2018年神奈川県消費者のつどい

(4) その他情報

(1)は生協大会報告用動画を視聴後、石田昌美統括マネージャーより参加者アンケートの説明がされました。(2)では丸山善弘事務局より、平和を願うことは特別な事ではない、生協が大切にしてきた取り組みと価値観を広げることであると提起がありました。(3)(4)は文書報告としました。

 

6.日本生協連報告

渡邊大輔さんよりヒバクシャ国際署名の報告と、日本生協連主催「地域社会づくり交流会」(11/16渋谷コーププラザ開催)の案内がされました。

 

7.生協運営協議会活動報告

文書報告としました。

 

8.情報提供

(1) 会員生協の活動の様子

(2) その他

神奈川県消団連、他

文書報告としました。

 

 

次回:2017年11月16日(木)10時〜12時

学習:「社会保障とは何か、何のためにこういう制度があるのか」

司会:山谷智子(パルシステム神奈川ゆめコープ)

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ