HOME > 専門部会・委員会 > 医療部会(専務会議)報告 文字サイズ 大きくする 普通

2018年度 第9回神奈川県生協連医療部会(専務会議)報告

□ 開催日

2019年4月26日(火)16時〜18時20分

□ 開催場所

神奈川民医連 会議室

□ 出席者

◎水谷清一(座長--神奈川北医療生協専務理事)、高橋勇美(医療生協かながわ専務理事)、木下隆成(川崎医療生協専務理事)、秋田直樹(神奈川みなみ医療生協専務理事)、児玉英憲(福祉クラブ生協専務理事)、古舘直子(日本医療福祉生協連会員支援部課長)、高瀬信之(日本医療福祉生協連執行役員)

小林正明、石田昌美、丸山善弘(神奈川県生協連)

議亊

水谷清一座長の司会で進行した。

 

1.日本医療福祉生協連生協報告

高瀬信之・日本医療福祉生協連執行役員より、「2019年3月理事会報告の『COOPオンデマンドTV事業中止』に関する補足説明」の説明がされ質疑が行われた。

 

2.県生協連報告

(1) 神奈川まるごと健康づくり

(2) 核兵器廃絶・平和を願う取り組み

(3) 神奈川県生協連第68回総会議案

(4) 2020年県政要望

(5) 県生協連組合員活動委員会委員並びに県消団連幹事(常任幹事)についいて

(6)  神奈川県協同組合連絡協議会会幹事組織代表者会議

(7) 奨学金パンフ

(1)は石田昌美統括マネージャーより、(2)〜(7)は小林正明専務理事より報告がされた。

(1)について、健康チャレンジ2019シート費用は、印刷費用をそれぞれの配布枚数に応じて負担することを確認した。また達成賞の選定と内容については、組織責任者のところと協議決定することとした。また水谷清一座長より、地域の組合員のところが広げてくれており組織部長にもっとはっぱをかけていく必要があると指摘がされた。

(2)について、2020年NPT政権党会議に向けた代表派遣に関するアンケートについて報告を受けた。代表派遣の組織内協議や組合員への提起などは少し遅れ気味なので、早めていく必要がある。

10月上旬には、ヒバクシャ国際署名の2019年まとめ集会で派遣者を紹介する予定である。

(4)について、特に福祉・医療に関する項目については、更に具体的な記述にしていかないと、肩透かしの回答になるので、具体的な記述が必要であり、医療福祉生協の協力が必要でることが要請された。

(5)について、組合員活動委員の確認を川崎医療生協が行い、県消団連幹事の依頼を秋田直樹専務が鈴木吉廣理事に行うことを確認した。

(6)について、秋田直樹専務理事が出席することとした。(7)について、「アンケートから見る教育費負担と奨学金問題」パンフ必要数は川崎医療生協:80部、医療生協かながわ:50〜70部、神奈川北央医療生協:30〜50部、神奈川みなみ医療生協:30〜50部、福祉クラブ生協:40部とした。

県政要望については、県労福協の県政要望に関する県の回答への見解について意見交換した。また県生協連の役員改選についての医療生協からの推薦内容を確認した。

 

3.日本医療福祉生協連報告

石田昌美統括マネージャーより、ブックレットNo.110「オーラル・フレイル予防で健康長寿」について執筆者の中澤桂一郎・利根保健生協利根歯科診療所所長に協力した旨の報告がされた。ぜひとも読んで頂きたい。また、虹のネットワーク7月号、9月号、12月号でSDGsについて、執筆依頼があり掲載されることも報告された。

 

4.各生協より報告

神奈川みなみ医療生協:秋田直樹専務理事、医療生協かながわ:高橋勇美専務理事、神奈川北央医療生協:水谷清一専務理事、川崎医療生協:木下隆成専務理事、福祉クラブ生協:児玉英憲専務理事より重点の報告があり共有した。丸山善弘事務局より、この4月22日に福祉クラブ生協が30周年を迎えたこと、6月2日に第24回ふくしまつりが開催されることが報告された。

 

医療部会日程

医療部会(専務会議)   7月26日(金)15時〜17時        県生協連 

医療部会(組織責任者会議)5月10日(金)12時30分〜14時30分   県生協連

大学習会第6回実行委員会 5月10日(金)14時45分〜16時45分  県生協連

大学習会     5月30日(木)13時30分〜16時30分 男女共同参画センター横浜

第2回医療生協監事交流会 4月12日(金)午後          神奈川民医連  

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ