HOME > 専門部会・委員会 > 福祉事業連絡会 報告 文字サイズ 大きくする 普通

2017年度 第2回福祉事業連絡会 報告

□ 開催日

2017年9月22日(金) 15時〜17時10分

□ 開催場所

新横浜 神奈川県生協連事務所

□ 出席者

鈴木忠(ユーコープ)、内藤純一(パルシステム神奈川ゆめコープ)、片山丸(生活クラブ生協)、稲葉壮二(神奈川高齢者生協)、大津英樹(富士フイルム生協)、山口暢(川崎医療生協)、

オブザーバー:河内治子(参加型システム研究所)、齋藤直人、梅津寛子(日本生協連)、小林正明、藤田誠(神奈川県生協連)、事務局/水安真一(神奈川県生協連)

□ 欠席者

大木亘(福祉クラブ生協)、齋藤彰久(医療生協かながわ)、関聡子(神奈川みなみ医療生協)、斉藤理恵(北央医療生協)

内容

1.前回連絡会報告

2017年度第1回福祉事業連絡会報告は、読み取りとした。

 

2.お知らせ

(1)参加型システム研究所林田さんより、2017年11月27日に開催される「研究フォーラム2017」市民の参加による共生社会を「非営利・協同」のネットワークでつくるについて、参加の案内がされた。

(2)(仮称)フードバンクかながわの設立準備について、設立準備会の概要を中心に藤田さんより報告がされた。

また、訪問介護に係る論点に関する意見と介護報酬の見直しに係る意見書について、参考資料を提供してもらいコメントもしてもらった。

 

3.確認事項

福祉事業連絡会の座長について、事務局よりユーコープ鈴木忠さんにお願いする事を報告し、確認してもらいその後の進行をお願いした。

 

4.報告事項

日本生協連報告より下記の報告がされた。

(1)報酬改定について、日本生協連の対応や今後のスケジュール、基調講演などについて

(2)全国主要生協の福祉事業実績

(3)諸会の開催案内

@「生協10の基本ケア講座」の案内

A地域ケアモデル研究会ワークショップの案内

B生活支援コーディネーター研究協議会

C生活支援フォーラム

Dケアマネジメント研究会

E介護事業所責任者会研修会

 

5.協議事項

(1)2017年度福祉事業連絡会の研修について

前回の福祉事業連絡会では、宿泊も含めた視察研修を行う方向で検討を行うとしていたが、視察研修ではなく「生協10の基本ケア」セミナーの開催する旨を報告し、検討を行った。今年度は宿泊視察を実施せず、神奈川県生協連主催でセミナーを開催する事とした。参加メンバーについては各生協で判断をする。開催日は12月2日午後開催で調整を行う。

(2)2017年度福祉セミナーのテーマと開催日程について

2016年度福祉セミナーの開催報告書を参考資料とし、今年度のセミナーについて検討した。テーマについては報酬改定について開催。開催日程については、2月3日・4日を第1候補とし、2月10日・11日を第2候補とする。事務局が候補日を基に150名規模の会場を保する。併せて講師との日程調整も行う。講師は山際さんに依頼。開催時間は土曜日だと午後、日曜日であれば午前中。時間は22.5時間〜3時間必要。また、実践事例報告も行う。詳細については、次回の連絡会で深掘りする。

 

6.報告事項

(1)パルシステム神奈川ゆめコープ

福祉事業7月度の経営結果と主な取り組みと初任者研修募集について、報告がされた。

(2)生活クラブ生協

福祉事業7月度の経営結果と主な取り組み、事故・ヒヤリハット状況について、文書報告がされた。

(3)富士フイルム生協

福祉事業8月度の経営結果と主な取り組みについて、報告がされた。

(4) 神奈川高齢者生協

福祉事業8月度の経営結果と主な取り組みについて、報告がされた。

(5)川崎医療生協

福祉事業8月度の経営結果と主な取り組みについて、報告がされた。

(6)ユーコープ報告

福祉事業8月度の経営結果と主な取り組みについて、報告がされた。

(7)神奈川県生協連からの報告について、文書報告とした。

 

7.次回2017年第3回福祉事業連絡会予定について

 

次回連絡会は11月開催予定。事務局よりメール配信し、調整さんで日程調整を行い確定させる。 

 

以 上

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ