HOME > 専門部会・委員会 > 福祉事業連絡会 報告 文字サイズ 大きくする 普通

2017年度 第3回福祉事業連絡会 報告

□ 開催日

2017年12月7日(木) 15時00分〜17時10分

□ 開催場所

神奈川県生協連事務所

□ 出席者

鈴木忠(座長/ユーコープ)、内藤純一(パルシステム神奈川ゆめコープ)、大津英樹(富士フイルム生協)、山口暢(川崎医療生協)

オブザーバー:河内治子(参加型システム研究所)、齋藤直人(日本生協連)、小林正明・藤田誠(神奈川県生協連)、事務局/相田祐二 

□ 欠席者

片山丸(生活クラブ生協)、大木亘(福祉クラブ生協)、稲葉壮二(神奈川高齢者生協)、齋藤彰久(医療生協かながわ)、関聡子(神奈川みなみ医療生協)、斉藤理恵(神奈川北央医療生協)、中村こずえ(日本労働者協同組合)

 

[はじめに]

12月2日開催「生協10の基本ケア」セミナーに参加したメンバーより感想を出し合った。

内容

確認事項

2017年度 第2回福祉事業連絡会報告書は文書報告とした。

 

協議事項

(1)2017年度福祉セミナーについて

@鈴木座長より講師に要望する内容について提案がされ、メンバーから講義内容の希望を受けた。確認した要望内容に基づき講師との打ち合わせを行う。

A演題「(仮称)介護報酬改定について」は、「(仮称)介護報酬改定とその対応について」と修正し、正式な演題については講師と打合せの上確定させることとした。

B講師山際部長(日本生協連福祉事業推進部)のチラシ記載の肩書きについて、現在は社会保障審議会介護給付費分科会委員ではないため、「前委員」と表記を訂正する。

Cセミナーの参加対象は、管理者・ケアマネージャー・サービス責任者等とし、それ以外の参加希望者も受け付ける。チラシと参加申込書は事務局からデータで送る。

D当日役割分担:司会→関氏(みなみ医療生協)に依頼し、当日出席できない場合は別途検討する。労福協会長対応→小林、講師対応→鈴木、その他の役割については事務局一任で決めることを確認した。

Eセミナーの看板はパワーポイント画面を活用する。

F会場のスクリーン、プロジェクター設備について事務局より確認する。

 

報告事項

(1)日本生協連報告

齋藤氏より、社保審一介護給付費分科会(第155回)資料の説明がされ、質疑・応答があった。

(2) 会員生協報告

・川崎医療生協

10月度福祉事業報告と経営課題について報告がされた。また総合事業の対応について意見交換をはかった。

・パルシステム神奈川ゆめコープ

10月度までの福祉事業報告と介護職員初任者研修開催報告がされた。また総合事業に対する今後の対応について検討状況が報告された。

・富士フイルム生協

10、11月の福祉事業報告がされた。住宅改修からレンタル利用へとシフトしており、事業収入に影響していることが報告された。

・ユーコープ

11月度福祉事業報告と、通所介護基本報酬改定の予想報告がされた。

・そのほかの欠席生協についてはすべて文書報告とした。

(3)県生協連報告

@「第9回介護のつどい」案内

チラシが確定したところで再度案内する。

A「接遇ガイドライン作成のためのアンケート調査」のお願い

アンケート用紙は事務局からデータで送る。

B 神奈川まるごと健康づくり「健康づくりリーダー養成講座(案)」の実施について

 

次回開催日  第4回福祉事業連絡会日程

2018年2月6日(火)15時〜17時

会場:神奈川県生協連事務所

 

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ