HOME > 専門部会・委員会 > 福祉事業連絡会 報告 文字サイズ 大きくする 普通

2018年度 第5回福祉事業連絡会 報告

□ 開催日

2019年1月16日(水) 15時05分〜17時30分

□ 開催場所

神奈川県生協連事務所

□ 出席者

鈴木忠(座長/ユーコープ)、本井春夫(パルシステム神奈川ゆめコープ)、矢吹美樹(神奈川高齢者生協)、大津英樹(富士フイルム生協)、関聡子(神奈川みなみ医療生協)

相田祐二(事務局) 

□ 欠席者

片山丸(生活クラブ生協)、大木亘(福祉クラブ生協)、山口暢(川崎医療生協)、齋藤彰久(医療生協かながわ)、斉藤理恵(神奈川北央医療生協)、中村こずえ(日本労働者協同組合)、河内治子(参加型システム研究所)

 

事務局より出欠状況の報告がされた。

鈴木忠座長(ユーコープ)の司会により議事を進行した。

内容

1.[確認事項]

(1)2018年度 第4回福祉事業連絡会報告書

福祉事業連絡会視察研修に参加できなかった関聡子委員に研修の特徴が報告された。

 

2.[協議事項]

(1) 2018年度福祉セミナー当日運営について

事務局より当日運営の提案があり、以下の確認をした。

  • お手伝い体制について、高齢者生協からのお手伝い人数は確認の上で決定とする。
    福祉事業連絡会委員以外は、名前が確定次第事務局相田へ連絡。

ユーコープ3人、パルシステム3人、生活クラブ2人、富士フイルム2人、川崎医療生協1人、高齢者生協(3人)、参加型システム1人、神奈川みなみ医療1人

  • お手伝い集合時間は12時30分 
    会場準備と受付準備、分散会会場設営を行うこととし、お手伝い者が決まり、当日の参加人数が決まったら役割分担表を事務局が完成させる。受付は、ユーコープとパルシステムと生活クラブは自生協の受付を行い、一般含むその他参加者は山口暢委員、大津英樹委員が担当する。
  • 講演会会場の役割分担は、司会:関聡子委員、講師対応:鈴木忠座長、労福協会長対応:小林正明専務、PC操作:本井春夫委員、質疑マイク:ユーコープで1名、写真撮影:内藤純一様(パルシステム)
  • 講演会の質疑応答は5分に短縮して15時45分終了とし、分散会会場への移動時間を確保する。質問が出ない場合に備えユーコープとパルでは予め質問準備する。
  • 分散会司会進行役は、参加者が多い場合追加で要請する。下記は本日確認した。
    @鈴木 A本井 B大津 C山口 D矢吹 E河内 F内藤 G関 
  • 分散会会場は5Fと2Fに分かれるが、EVが1台なので2F会場は階段使用に協力いただく(司会アナウンスに追記)。事務局は、事前にトイレのある階と会議室の机の基本図があるかについて確認しておく。
  • 分散会会場の飲食は、350mlペットボトルと個包装の菓子(乾きもの・クッキー・あめ)、紙ナプキンを事務局が用意し、会場設営者がグループのテーブルに用意する。
  • 分散会報告用のメモは項目を絞る。個人アンケートには「その他ご意見欄」を追加。

(2)2018年度福祉事業連絡会活動のふりかえりと次年度にむけて

 2018年度の活動内容のふりかえりを行った。

次年度福祉事業連絡会の開催日は、他の機関会議と重なった場合は変更することを前提に開催日を確認した。

 

3.[日本生協連報告]

  • 2018年度第2回「エリア別福祉事業責任者交流会議」開催のご案内(1次)
  • 2019年度介護報酬改定に関する審議報告
  • この間の介護業界動向と会員生協の福祉事業実績報告
    鈴木忠座長より説明がされたのち、「2019年度介護報酬改定に関する審議報告」について意見交換がされた。

4.[会員生協連報告]

大津英樹委員、矢吹美樹委員、本井春夫委員、鈴木忠座長より、各事業状況について報告がされ、共有した。

 

5.[県生協連報告]

  • 神奈川県生協連 2019年賀詞交歓会開催報告
  • 神奈川県生協連 2018年度活動経過報告と2019年度課題(1次案)
  • 核兵器廃絶にむけた2020年までの取り組みについて
  • 神奈川まるごと健康づくり進捗報告
  • その他情報
    文書報告とした。

 

次回開催日  2018年度第6回福祉事業連絡会日程

  2019年3月20日(水)15時〜17時

  会場:神奈川県生協連事務所

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ